自炊をやってみた!

こんばんは。からあげです。

去年から始めたことなんだけど、本や雑誌を電子化している。
もちろん山奥隠遁生活をするために荷物を極力持たないようにするためだ。
ネットで情報収集して検討した結果、富士通のスキャンスナップS1500を購入した。

スペックはというと、A4原稿を最大50枚までセット可能、両面読み取りで毎分20枚、A3サイズまで読み取り可、アドビのアクロバットスタンダードⅩ添付となっている。
使用してみたところ、フラットヘッドのスキャナーでやっていた時に比べ、超高速で読み取り出来るし、2枚重なって読み取るとエラーを感知して停止してくれるし、本体もそれなりにコンパクトな作りとなっている。
家庭用ではあるが、個人で使用するには申し分ない作りになってる。
大満足の一品となりつつある。
多機能プリンターのスキャナー機能を使用してチマチマ1枚ずつスキャンすると膨大な時間を消費してしまう。
しかし、ドキュメントスキャナーを使えば高速で読み取ることが可能だ。
これは購入に値すると思う。

以前、引越しの度に、資料的な本や雑誌を処分して、後になって非常に後悔したこと多数あるが、スキャナーを使用してスキャンしPDFとして保存しておけば、パソコンで見られるし、将来スマホなどを持った時には、何冊かのデーターを入れて持ち運ぶことも出来てしまう。
それに保存しておくための本棚に貴重な生存スペースを割く必要がない。
もちろん、電子化してしまうと、読む度にPCの電源を入れねばならないし、目が疲れるなどといったデメリットも存在するが、隠遁生活、放浪生活を計画している人間にとっては有効な処理の仕方だと思う。

本当にお気に入りの本だけ、もう一冊購入して大事に持っていれば良いと思う。
実際、自分も50冊以上の本や雑誌をスキャンしてみた。
確かに本の裁断に罪悪感に悩んだり、手間がかかったりするが、それを上回るメリットがある。
ぜひやってみて欲しい。

ちなみに裁断するには裁断機を利用するのが最善の策かもしれないが、かなり高額なので、からあげはカッター用の下敷きと30センチの定規とカッターナイフで裁断を行った。
慣れれば1冊3分くらいで解体出来てしまう。
仕上がりも実用に耐えられるレベルである。
あと注意点だが、何十冊もまとめてしないほうが良いと思う。
やってみると意外と疲れる作業だと分かる。
本を解体する罪悪感がそうさせるのかわからないが、こまめに少しずつ気楽にやろうw

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク