無料生活

おはようございます。からあげです。

今私は図書館にいます。
駐車場無料で停め放題!
社会人の学習スペースがあってPCの電源を取れる!
トイレも広くてシャワー付きで清潔!
さっき大をして肉体軽量化!
空調完備で快適!節電で温度が低めでより快適!
本も綺麗で結構な量がある!
図書館司書のお姉さんとおばさんはみんな可愛くて綺麗!

などなどこんな快適な設備を無料で使用させて頂けることに感謝する。
特にホームレスの私にとって社会人用の学習スペースは有難い。
電気は走行中にインバーターを介して充電することもできるけど面倒だし、停車中はバッテリーの消耗に気を遣う。
だから、大っぴらに電気を使用できるのは嬉しい。
机一つ一つがパーテーションで区切られているので、プライバシーは確保されているし、照明は明るくて目が疲れない。

このスペースで郵便物の整理をしたり、書類を書いたり、お茶を飲んだり、ちゃんと勉強したり、本を読んだり、ネットで遊んだりしている。
私の居場所の近くでこの図書館が一番充実している。
住民票は実家になっているのでこの町には税金は落ちないけど、近隣市町村の住民であれば図書の貸出もしてくれる。
本当に感謝するしかない。

以前、2ヶ月ほど無職生活をしていた時にも大変お世話になった。
この図書館で考え事しながらいろいろ勉強して、現在の会社に勤めることが出来た。
図書館は私のリビングであり、本棚であり、トイレであり、、、

地域のインフラを無料で使用していることについては賛否両論があるだろう
けど、今現在はちゃんと会社勤めをしていて人並みには税金を払っているので、誰からも文句を言われる筋合いはない。
ただ、しばらく無職生活をするとなると、「ごめんね。ちょっと使わせて!」と謙虚な気持ちで使わざるを得ないだろう。
でも、卑屈にならずにマナーを守って使用していれば問題ない。

話は変わるが車中泊の話。
昨日から再び車中泊をしている。
前回の時よりも季節は進み、もうすっかり春となって昼間は暑いくらいなのでシュラフを冬用から春夏用に変えた。
それでも日が沈んでしばらくは汗ばむほどであった。
車内を車中泊モードに切り替えて、玄米ご飯を焚きながら本を読んでいると車や散歩の人などが通って行く。
昼間が長くなり暖かくなったため、多くの人が活動的になっているようだ。
本来なら人気がない山奥に行きたいところだが、前日の深夜労働の影響で疲れが抜けないのでいつもの場所で明るいうちから車を停めて休んでいたのだ。

人が居ようとも構わずゴロゴロしてた。一々気にしていられない。
人里近い場所での車中泊での鉄則は、暗くなってから停めて明るくなる前に出発だ。
地域住民に不安や不快感を極力与えないようにするのがいい。
人里離れた山奥の空き地なら真昼間から車を停めて脇にテントを張って酒を飲んでゴロゴロしたりできる。
場所や時期を弁えて臨機応変に行うのがいい。

最近、仕事を辞めた後の事をいろいろ考える。
山小屋を建て終わって落ち着いたら長期の旅に出る。
景色の素晴らしいテントサイトにベースキャンプを作る。
ここを拠点に軽量化した装備で近所の山を登る。
下山したら装備のメンテを行い、モバイルソーラーで発電しつつパソコンでブログやHPを更新する。
体の疲れを癒すため、ひなたぼっこをしつつ読書をする。。。
こんなことが夢ではなく、現実として出来てしまうのだ。
なんでもかんでも定年になったら、あれしようとか考えなくていいのだ。
やりたいことは今すぐに出来る。

本当に生きているのが楽しいな~と思えることだろう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『無料生活』へのコメント

  1. 名前:kyon 投稿日:2013/03/21(木) 23:41:47 ID:589fc6ab0 返信

    自分の家から徒歩5分圏内に図書館と体育館があります。
    結構良い施設なのですよ。
    でも勤め人には余り知られてないし、利用も出来ない。
    近所の主婦やリタイアしたお爺ちゃん、お婆ちゃんなどが体育館を使ってますね。
    図書館は全世代、色々な人が利用してます。
    自分は知らなかったのですが、リクエストを出すと、書籍やCDなど、取り寄せてくれるらしいですよ。
    びっくりのサービスです。ドンドン利用しちゃいましょ!!

  2. 名前:からあげ 投稿日:2013/03/22(金) 12:03:37 ID:589fc6ab0 返信

    >kyonさん
    こんにちは。
    それは便利ですね。
    やっぱり道具や施設は使い倒してなんぼのもんですからね。
    図書館は本当にいいですね!
    私はもう住みたいくらいです。

  3. 名前:裏方 投稿日:2016/11/18(金) 12:01:57 ID:4a062961d 返信

     一時期、中古の軽キャン買って、日本一周したいと思っていましたが、人のしがらみ、住居コストと軽キャン維持費の両方の負担等で悩んでいました。
     何度か、レンタルで軽キャン使って1週間旅を試してみましたが、心と体が車中泊に馴染むまでには時間がかかり、年齢的な問題もあって、体調を壊してしまいました。(笑)
     若い頃からランニングしていない中年男が、急にランニングを始めて心臓麻痺で死ぬように、何事もゆっくり心身を変えていく時間がなければ、年寄りには無理なのでしょう。
     からあげ隊長のように、まだ体が充分動き、環境の変化に適応できる力のある若いうちにBライフを習得しておくことは、重要なのでしょうね。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/11/20(日) 12:21:38 ID:a22730cd2 返信

      車上生活にも拠点が必要でしょうね。
      全ての荷物を車に積んでいると燃費が悪くなりますし、邪魔になります。
      どこか小さな納屋のようなものを手に入れてポストを設置、そこを拠点に活動した方がより経済的だと思います。