車中泊と河川敷とちいさなスコップ

おはようございます。からあげです。

最近、車中泊がパターン化してきて新鮮味に欠けてきた。
お気に入りの図書館近辺で新たな車中泊ポイントを見つけようとしているものの、都市化の影響でどこの山にも人の影がある。
もっと奥地に入り込めばいくらでも場所はあるが、時間とお金が掛かってしまう。
都市近郊の地域では川の近くしか今のところ無さそうだ。

そんな場所探ししているよりも本業?である山林探しをしないといけない。
いかに自分の理想のイメージを膨らませ、見た瞬間に確信できるように。
そうした場所を見逃さないように心身を研ぎ澄ませておかなければならない。

2013-4-5

車中泊の話に戻るが、現在私はメインを河川敷として車中泊している。
今の河川敷はサイクリングロードやトイレなどの施設が整備されていないので、そんなに人出はない。
しかし、ランニングや散歩の人、ゴルフ練習の人、ラジコンで遊ぶ人などが時々やってくる。
だから、目立たないように日が暮れる間際に車を停めて寛ぐことにしている。

昨日は久しぶりにプールに出かけて張り切りすぎて、疲れたので早いうちから車を停めご飯の用意を始めていた。
本を読みながら土鍋の具合を見ていると不意に大を催してきた。
もう少し暗くなるまで待とうかと思いはしたが、我慢ならない状況になりつつあったので、トイレットペーパーと100均のスコップを持って草薮に向かい穴を掘ってケツを出す。
ちょっと警戒を怠っていたため人に気づかず、土手からこちらの方を向いているオジサンを発見する。
もう少し草が伸びていれば完全に目隠しとなるが、今はまだ時期が早い。
一旦ズボンを履きなおして場所移動して用をたす。
人気がある場所だとトイレが困る。

しかしトイレがあると人が集まってきやすいので、油断はできない。
この微妙なさじ加減が難しく、車中泊道の奥が深いところなのだ。
以前、私は野糞はしなかった。(出来なかった。)
恥ずかしいし落ち着かないから。
それ故に車中泊のバリエーションが少なく行動が制限されていた。
何時かは忘れたが、野糞出来るようになってから、爆発的に行動範囲が広がった。
水と食料と燃料さえあればどこでも泊まることが出来る。
公園やキャンプ場に頼らないで、自分の好きな場所に寝泊まり出来る。
始めて野糞をし終えた時、やっと見習いアウトドマンを卒業出来た気がした。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『車中泊と河川敷とちいさなスコップ』へのコメント

  1. 名前:kyon 投稿日:2013/04/05(金) 16:21:19 ID:589fc6ab0 返信

    からあげさん!!毎度です。
    タイトルを読んでどんな内容かなぁ~?と思い
    読み進めると・・・・ぷっぷっ(笑)
    な~るほど!!
    自分、一瞬、「部屋とYシャツと私」思い出しちゃったんで・・・。
    野糞。最近、してまへんなぁ~。
    昔、外国人が余り行かないような中国雲南省を旅した時、小さな池の真ん中に橋を渡ると小屋があり、それが「底がオープンエア」な、ぼっとん便所だった事がありました。池にはお魚さんが泳ぎ、大きくなったらそこの住民が食べる。リサイクルです(笑)

  2. 名前:からあげ 投稿日:2013/04/06(土) 18:00:40 ID:589fc6ab0 返信

    >kyonさん
    こんばんは。
    ちょっと村上春樹風のタイトルにしてみましたw
    ウンコ主食の魚を食べる。いいですね。
    手間を掛けずに循環型の生活環境を作る。
    日常の雑多なことを自然に任せて省力化。
    私もそんな生活を目指します。

  3. 名前:めいじ 投稿日:2015/07/22(水) 15:05:41 ID:589fc6ab0 返信

    凄い面白い
    最近発見して、読んでます。
    Bライフよりも数倍リアルで楽しいです。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/03/09(水) 13:16:25 ID:03a75463f 返信

      どうもありがとうございます。
      リアル感重視でやっています。

  4. 名前:裏方 投稿日:2016/11/18(金) 12:33:20 ID:4a062961d 返信

    何を楽しもうかと工夫されているのが微笑ましいです。
    私は、競争・消費社会から抜け出てみたら、もう、人生の残り時間が少なくなっている事に気がついてしまって・・・。今までの人生何やってたんだろう・・・て。
    だから、まずは、「おうち出家」で、快楽主義で麻痺した知覚感度をリセット中です。
    今のところ、修行(瞑想やヨガ)だけでも、毎日、面白くて、飽きは来てません。
    それに飽きる頃には、あの世かな(笑)