一旦撤退します。

こんにちは。

今日は朝から良い天気です。
朝のトレーニングがてらに車中泊場所の近くの笠松山(かさまつやま)というところに登ってきました。
飯田市街地から比較的近所にある地図には載っていない山です。
小鳥の鳴き声が気持ちよく、手入れの行き届いた里山も観察してきました。

2013-04-28-062203

車中泊場所

笠松山登山口の駐車場

2013-04-28-073340

笠松山(かさまつやま)山頂
木々に囲まれていて展望はなし。

2013-04-28-074420

笠松峠から朝靄に霞む飯田市街地を望む。

今は開放感のある農地の真っ只中でラーメンを食べたところ。
隣には牛の肥がてんこ盛り状態となっています。

2013-04-28-104737

天竜川東の南信州フルーツライン付近の農場内にて

ところで、一旦撤退する。
ちょっと用事があって戻らなければならない。
また、夜に読む本も尽きてしまったので20時前には寝る始末。
戻ってお気に入りの図書館で計画を練り直して出直すこととする。
ついでに深夜特急の続きも借りてくる。
素人なりにも山に入って観察していると、なんとなく手入れの行き届いた山であったり、がけ崩れのしそうな危険な山であったり、そういうのが分かってきたような気がする。

また、赤松林やゴルフ場、田畑の農薬散布の汚染問題が浮かび上がってきた。
それに市街地に近く日当たりと見晴らしの良い土地は必ずって言って良いほど集落がある。
まだまだ勉強不足だ。
専門図書をもっと読む必要がある。

それにもっともっと歩いて観察、情報収集をする必要もある。
時間はたっぷりあるから、なんとかなるだろう。
何せ時間持ちだから。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『一旦撤退します。』へのコメント

  1. 名前:裏方 投稿日:2016/11/19(土) 15:44:05 ID:4944b2865 返信

    競争社会で現役で働いている頃は、生活と仕事は別物。
    かつ、割合は1:9だから、おのずと、長く現役を続ける間に生活感の方が希薄になってしまう。
    からあげ隊長さんのように、生活上で何を、どうしたら・・・などと考えることもなく、ただ、仕事の疲れを癒やしたり、ストレス発散するだけで、生活そのものを楽しむ時間も知識もなかった。
    まさに、「どうやって暮らそうか?」と考える生き方こそが、まともな人間のすることだなあと思う。
    お金だけをあてに、お金で生活の全てをまかない始めると、お金がなくなって、仕事がなくなると、生活さえなくなる。