からあげ的エコ運転

おはようございます。からあげです。

今日、本当に久しぶりにATMで現金を下ろした。
暗証番号が瞬時に出て来なかった。
久しぶりに見る現マナの束。
ちょっとドキドキした。

ところで、普段車の運転をすることが多くてガソリン消費が多い。
それで出来るだけ燃料を食わないように気をつけている。

2013-05-15-171826

与田切川の砂防ダムにて

スポンサーリンク

からあげ的エコ運転

・出来るだけブレーキを踏まない
・加速減速はゆっくりスムーズに
・等速運転する
・登り坂の前では十分に加速しておく
・車間距離をしっかりとる
・軽量化する
・タイヤの空気圧を少し高めにする
・エアコンは使わない

などなど、エコ運転をすれば安全運転にも繋がる。

エンジンブレーキでゆっくり減速して停止するのは、ブレーキランプが点灯しないから後続の車にしてみれば鬱陶しいかもしれない。
自分の車もそうだが、周りの車にも出来るだけブレーキを踏ませない様に早めにウインカーを出し、信号でなるべく止まらないようにスピードを加減して運転してる。
渋滞に捕まってノロノロ運転の場合も車間距離を開けて出来るだけブレーキを踏まずに等速で走る。
車線変更は必要最低限の回数で済むように周囲の車の動向に注意する。

あと、安全の一環としてデイライト走行してる。
本来ならヘッドライトを点灯したほうが良いが、敢えてフォグランプを点灯させている。
対向車にパッシングで合図を送れないからだ。
薄暮時になるとフォグランプは眩しくなるからヘッドライトに切り替えている。
雨天時の視認性はバッチリ。
数年前から雨天時のデイライトが増えてきて嬉しいい。

また、事故を起こして保険を使用するはめになれば等級が下がり、保険料の支払い
がUPしてしまう。
それに、自分の車を修理するために多くの時間とお金が消費されてしまう。
消耗品類の交換時期は、走行距離や期間だけでなく、損耗具合を確かめて自分の
判断で交換を早めたり、遅めたりしようと思ってる。
業者の言葉は参考程度までに聞き、決めるのは自分でやりたい。
当然、自分で出来る範囲の簡単な整備や点検はすることになる。
業者任せっきりにすると、そのうち業者の言いなりになるしかなく、たかが走行距離
3000キロ程度でオイル交換をするはめになる。

他に、ブレーキを踏むとブレーキパッドとタイヤが余分に減ってしまう。
いかに交換の頻度が少なくなるように車に負担を掛けない運転をしたい。
エアコンは使わないと、ガス漏れを起こすことがあるらしいので、月に1回10分
間ぐらいは使ってる。
こうやってウダウダと書いてみると、本当に車の運転は疲れるものだと実感する。
昨日のようにまた何が言いたいか分からなくなってきた。

とにかくだ、

私に無駄にブレーキを踏ませるんじゃない!

少なくともこのような自分勝手な事だけは言いたい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『からあげ的エコ運転』へのコメント

  1. 名前:裏方 投稿日:2016/11/20(日) 17:14:10 ID:30bbd3aaf 返信

    現在、FITの旧型に乗ってますが、燃費メーターがついているので、ゲーム感覚で低燃費運転してます。
    渋滞などでは「ちっ!」とか思いますよね。
    あまりに燃費悪くなったら、仕切り直しで、「今から、計測しなおし!」とかリセットしちゃいます。
    古い車ですが、それでも、ガソリンを入れるまでの間で、18km/Lという記録はあります。