ジムニーで車中泊~お休みモードを紹介します。

こんにちは。からあげです。

今日はそよ風が吹く気持ちの晴れの天気です。

以前、車中泊の様子を詳しく書いて欲しいという要望が有ったので2回に分けてUPします。
車はジムニーJB23W、XG8型、年式グレードにより多少違うかもしれない。

スポンサーリンク

ジムニー(JB23W)車中泊モード

20130718-142534-0

車内が湿っぽかったので荷物を出して掃除してみた。

20130718-142609-0

通常の状態

20130718-142700-0

リアシートの座面を外したところ。
使うことは無いのでトランクルームに置いている。
座面は、フロント側を上に持ち上げれば軽く外れるようになっている。
その様子は機会があればUPします。

20130718-142709-0

助手席のヘッドレストを外して、助手席を目一杯フロント側に移動する。
足元のボックスとインバーターは邪魔にならない。

20130718-143307-0

リアシートをノブを引っ張りながら前に倒す。
助手席をリアシートの高さに合わせリクライニングする。

20130718-143412-0

リアの荷室部分が凹んでいるので、道具箱を置いている。
リアシートの高さに合わせてベニア板を載せるように工作すれば良いと思う。

20130718-143655-0

シートの段差を衣類で埋める。
腰の部分が当たる、助手席背もたれとリアシートの段差を解消するのがポイント!

20130718-143729-0

助手席の座面と背もたれの間に大きな凹みがあるのでこれも埋めておく。
つま先の方が下がり過ぎないようにすると寝心地が良い。

20130718-143944-0

エアマットを敷いたところ。
これで大体の段差はなくなり概ねフラットとなった。
枕はフリースを綺麗に四つ折りしている。
今の時期だと少し暑い場合がある。

20130718-143954-0

助手席の凹みの部分も概ね平らになった。

このフラットにするやり方は通常の使い方ではなく、リヤシートの蝶番部分に負荷が掛かっているので、何らかの不具合が出るかもしれない。
私の車は今のところ問題ない。
この方法による車中泊は、自己責任で行って欲しい。

20130718-134056-0

行きつけの公園のツバメの巣。
随分と大きくなった雛。狭い巣に5匹もいる。
おしくら饅頭が好きらしい。
巣立ちは近いと思われる。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ジムニーで車中泊~お休みモードを紹介します。』へのコメント

  1. 名前:たこわさ 投稿日:2013/07/21(日) 22:37:15 ID:589fc6ab0 返信

    どうもたこわさです。
    この前の記事のハンドルの左下にある物入れをどう使うか?
    これを考えだしたら天才だと思います。
    廃車になるまでに私も考えを絞り出したいと思います。
    現状はお守りを入れているだけです。
    助手席もとっぱらったら良いんじゃないですか。誰も載せないでしょうし。
    でも、私は外してますが、困った人がいた時に乗せられないのでちょっと考え物ですが。
    シートベルトカッターの位置だけは何とかして欲しいです。

  2. 名前:匿名 投稿日:2013/07/22(月) 17:40:15 ID:589fc6ab0 返信

    AUTHOU: からあげ
    土地を購入して小屋を建てる時には積載量UPのため
    リアシートを外すかもしれません。
    人を載せることは滅多にないので助手席、リアシート
    を外しても構わないのですが、車中泊時のベッドの
    ベースとなっているので暫くは見送りです。
    シートベルトカッターは近いうちに変更します。