車上生活と車中泊

こんにちは。からあげです。

今日は、車上生活と車中泊の違いについて。
似ているようだけど実は違う。

以下ウィキペディアより引用

車上生活者とは様々な事情で住宅に暮らすことができず自動車を住まいとしている者。
多くの者は貧困が原因で車上生活を余儀なくされている。
駐停車する場所によっては自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法)違反などに問われる。

車上生活にいたる経緯
車上生活者は、いわゆるホームレスの一種といえるが、もともと賃貸住宅などで生活していたが、借金や失職などを契機として家賃がはらえなくなり、住宅から退去させられた結果、車上生活に至るようなパターンが多いと思われる。

住居がないのに車にすむ理由
かつて屋根の下で暮らしていた時に車を所有していた者が、住むところを失った時に一時的に雨風をしのぐ手段としててっとり早く車上生活に移行するものと思われる。
その理由として以下のような要因が挙げられる

賃貸住宅は家賃の未納により退去させられるが、車についてはローンがなければ、少なくとも次の車検日および諸経費(自動車税・自賠責の保険料など)の納付日まで通常の使用が可能である(諸経費を納付できない場合、売却する以外にない)。
主に停めて使用するためガソリン代がかからず、路上駐車であれば駐車料金も必要ないため、簡易宿泊施設等よりも生活費が安く済む。
仮に故障や燃料切れなどにより自走不可能になっていたとしても、雨露をしのぐ場所となり路上生活よりも環境が良い。

仮眠と車中泊
職業ドライバーが行程の中途でとる車内での仮眠をさす場合もあるが、一般ドライバーが何らかの理由でこの宿泊形態を選択した場合をさして、特にこのように呼ぶことが多い。
ただしオートキャンプとは別に定義される。
一般には、自動車専用道路のサービスエリアや道の駅の駐車場などでよく見受けられる。
行程上の都合のほか、トイレが整備されていることや治安が保たれているように見える場
合が多いことなどが主な理由とみられる。
なお日本国内のサービスエリアや道の駅は比較的安全な場所ではあることが多いが、それでも窓を大きく開けたまま寝たり、ドアをロックせずに寝るのは危険である。

車中泊と車上生活
車中泊は、固定の生活拠点のある人が旅行・出張などにおいて車中で泊まるものである。
車上生活は主に経済的な理由などで生活拠点がない状態で、車が事実上の自宅になっているケースである。
アメリカにはトレーラーハウスで生活を続ける人たちがいるが、日本ではそういう人の存在はあまり問題になったことがない。
阪神・淡路大震災や新潟県中越地震の際に避難民の中に長期間車中泊をする人が多数見受けられた。
これはどちらかというと車上生活のバリエーションととらえるべきであろう。
このケースでは避難所の耐震性への不安やプライバシーの問題などから車内での宿泊が選択された例で特殊なケースといえる。
ただ長期間車内宿泊を続ける人たちの中に、エコノミークラス症候群が多発し、それに起因するとみられる死亡者まで発生して社会問題とされた。

車中泊の理由

行程上の都合
例えば翌日に登山口から夜明け前に出発したいなどのケース

経済的理由
宿泊代の節約のため

自由さの優先
できるだけ自由な行程で旅行したいために、あえてホテルを取らずに車中泊を選択する場合

それ自体が目的
趣味的意義を見いだしている人たち

災害のため
上述新潟県中越地震の時のような場合

引用ここまで

20130809-132329-0

私の場合は、家賃が勿体無いので荷物はトランクルームに置いて最低限の荷物を積んで車で生活している。
ただ、郵便物の受け取りは実家にしており、これまで数日間宿泊しているので、厳密には車上生活とは言えないかもしれない。
住所も実家にして、居候扱いで親兄弟とは別世帯にしている。
趣味の登山のために車中泊となることもあるが、生活と一体化してるので微妙なところ。
全くの家無しではなく、適当に言って泊まらせてくれと言えば、実家に数日間は宿泊可能なので、完全なホームレス状態でもない。
だから現在の私は、ちょっと浮いた存在になってる。
比較的楽な形態の車上生活者と言えそうだ。

完全に孤立無援の状態で長期に渡り車上生活を営むのはシンドいことだと思う。
住民登録ができない場合、自分の持っている多くの権利(年金、国保、生活保護、選挙権など)を捨てることになる。
だから、住所だけは何が何でも持たないといけない。
自動車を停める場所は、田舎に行けば静かなトイレ付きの駐車場があるから困らない。
交通事故には気をつけて、車検さえ通しておけば住居兼交通手段が確保出来る。
軽自動車で田舎なら車庫証明はいらない。
住所があって身元がしっかりしているなら、アルバイトをすることも可能だろう。
お金に余裕のある車上生活なら、相当自由が利くので自分の思い通りの生活をすることが出来る。
私の場合は、土地を購入するまでであって、これからもずーっとするわけではないので気が楽だ。

自分の根拠地を定め、自分の意志による短期的な車中泊生活が最強と思われる。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク