うるさい日本の私

こんにちは。からあげです。

今日は早々と切り上げて休息することにした。

ところで、今日は以前読んで大変面白かった本を紹介したい。

うるさい日本の私 

中島義道著 
新潮社1999.11発行

戦う哲学者、中島義道の本だ。
海の家、通勤電車やバス内での放送をうるさいと責任者に詰め寄る。
一見、キ●●イの振る舞いに思われるかもしれないが、本人は至って真剣だ。
いつの間にやら町中は騒音まみれとなってしまった。
田舎でも定時の放送や町内会のお知らせなど、スピーカーで騒音を撒き散らす。
なぜ、時報が必要なのだろうか。
夕暮れ時の午後5時、スピーカーから夕焼け小焼けのメロディーが流れると幻滅する。
全然、田舎らしくないし、幻想的でもない。
太陽と共に生きる生活なら必要ないと思う。
騒音公害は、田舎までにも及ぶ現状。
うつくしい日本はとうの昔に消え去ってしまったようだ。
無音だと寂しいのだろうか。
なぜ、虫の音、鳥のさえずりを聞こうとしないのか。
人工的な音がそんなに有難いのか。
テレビに洗脳された人間には無音は耐えられないのだろうか。

続編も出ているのでついでに載せておく。

うるさい日本の私、それから 

中島義道著 
洋泉社1998.11発行

他にもいろいろと本を書いている。
人間嫌いでも普通に生きてていいんだ、と思わせてくれる。
日本の常識が通用しない楽しい頑固者の哲学者だ。
今後とも読んでいきたい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『うるさい日本の私』へのコメント

  1. 名前:JJ 投稿日:2013/08/19(月) 22:49:40 ID:589fc6ab0 返信

    からあげ様、はじめまして。いつもブログ更新楽しみにしている一読者です。
    >>夕暮れ時の午後5時、スピーカー
    から夕焼け小焼けのメロディーが流れると幻滅する。
    例の放送は、緊急時の防災放送用スピーカーのテストなんで、消防分署の近所にお住みの方たちにはうるさいかもしれませんが、我慢ですね。

  2. 名前:匿名 投稿日:2013/08/20(火) 08:57:54 ID:589fc6ab0 返信

    AUTHOU: からあげ
    >JJさん
    そうですか。
    緊急放送のテストを兼ねているなら多少は仕方ありませんね。
    それは気づかなかったです。