土地を購入するまで~後編

こんにちは。からあげです。

今日は新しい登山靴のテストを兼ねてトレーニングしてきた。
まだ足に馴染んでいないのと靴底が固く重い靴なので、全くペースが上がらない。
おまけに靴ズレになってしまった。
靴が重いだけでこんなにも違うものなのかと思った。
この靴を使いこなすためにはまだまだ体力が足りないのか。
だがそれだからこそ、履き甲斐がある。
安易な方向に流れてお金で軽量化をするのはまだ早すぎる。
7そんなのは70歳くらいになってからでも遅くない。
それまでは耐久性重視でやっていく。

スポンサーリンク

土地を購入するまで~後編

ところで随分と間が空いてしまったが、前回の続きから。

定期的に不動産情報をチェックしていたところ、以前から少し気になってた物件がない。
売れてしまったのかと半ばガックリしながら探していると、値段が下がった為、表示位置が違っていただけだった。
詳しく情報を読むと条件は以前と同じで価格が3割ほど安くなっているではないか。
早速、インターネットで登記簿の謄本をダウンロードしてチェックしてみる。
不動産屋の物件と違いはない。

これはもう一度物件を実際に見るしかないと思った。

求める土地の最低条件

・  付近に民家がない。
・  携帯の圏内である。
・  比較的街が近い。

などなど条件を満たし、更に私設水道が無料で使用できるというとびきりのオマケも付いてくるのだ。
早速、不動産屋に連絡を取り、物件案内の予約をする。
ここまではまだその日の内の出来事で、一晩よく考えようと思った。

それまで、公売物件を調査していたが、その物件は入札に参加する決め手に欠けていたのだ。

例の公売物件

・  南東向き斜面1,500坪の山林
・  幅4mの市道と南東側が15mほど接道している
・  集落の外れ、最寄りの民家まで350mほど離れている

以上の物件で、最低入札価格が111万円で売りに出されていた。
坪単価は750円となり都市近郊型の山林にしてはお得な物件ではあるが、山林は全く手入れされておらず資産価値のない雑木が生えているのみであった。

土地の境界は、3年前に地籍調査を実施したばかりなので、1本を除く境界杭を確認することが出来、購入後、隣地の所有者と揉めるような土地ではなかった。
しかし、登山したくなるような山からは随分と離れた地域であったし、例の不動産物件が大幅値下げにより俄然魅力を増してきたので、入札は見送ろうかと考えるようになった。
一夜明けても気持ちは変わらなかったので、入札をやめることにした。

一旦実家に引き上げて落ち着いて考え疲れを癒やした後、例の大幅値下げされた物件へと向かった。
再び見たその物件は、以前より遥かに良く見えた。
それまでに他の物件をたくさん見て回ったことの影響が大いにあったのかもしれない。
300坪弱の土地で広さは十分あり、私設水道が無料で使用できること、前面の道路から1mほど高くなっている土地で水捌けも良く、雑木が生えているので、ここにしよう!現状で自分にベストな土地はここしかない、と思った。

ただ、土地を購入するにしても、なるべく安く買いたい。
これは買主なら誰でも思うことだと思う。
そこで丹念に土地と周辺を調査した。
いろいろ調べていても、そんなに悪い箇所は見当たらない。
道路を挟んだ向かい側にはセルフビルド中のログハウスがあるが、結構距離が離れている。
近くの側溝のグレーチングの音が気になるが直せばいい。
近くの砂利採取場から聞こえてくる重機の音も気になるが、夜間は作業しない。
精々気になるのはこの程度だったので、購入を決意した。

当日、不動産屋に行って物件を案内してもらうことになったが、前回見せて貰った土地だけを再度見ると、買う気満々に思われて、値引き交渉が厳しくなると思われたので、多少気になる2件をカモフラージュとして加えることにした。
本命の物件に案内された時、偶然に売主さんがポンプ小屋で作業をしていたので、いろいろ話をすることが出来た。
土地に生えているアカマツが気になったので、8本全ての伐採してもらえるかどうか尋ねたところ、すんなりとOKしてくれた。
さり気なく土地のことについてあれこれ聞いても、何かを隠している感じはせずに好感を持てる人物だったので安心した。

全ての物件を見終わって不動産屋の事務所に引き上げ、世間話をしている時にいきなり私はあの物件を買いたいと切り出した。
どうやって言ったらいいか分からなかったので、そのままストレートに買いたいと言った。
ついでにいくらか値下げ出来ないか聞いてみた。
すると不動産屋は端数ならまけてくれるかもしれないが、大幅値下げした直後なので10万20万の値下げは厳しいと言われた。
ここで3分ほど考えて端数の値引きで買いたいと返事をすると、直ぐに不動産屋は売主さんと連絡を付けて、すぐにOKの返事を貰い素早く話が済んでしまった。
これは9月の初旬のことだ。
ただ、サービスの伐採については手配する業者の都合が悪く、11月半ばにならないと伐採は出来ないということになった。
物件の引き渡しは伐採後に行うことになったが、2月近くも間があるので、じっくりと計画を練ったり、何処かに遊びに行けることになり、逆に良かったなと思っている。

20131002-110719-0

土地の下から上の方を見る。

20131002-110804-0

土地の上から下の方を見る。

20131002-110657-0

立派なポンプ小屋

20131002-110837-0

伐採待ちのアカマツ達
この付近が小屋建築予定地

土地
土地の概略図

購入した土地の概要を説明すると、300坪弱の広さで価格は190万円
不動産屋の仲介手数料約10万円不動産取得税を合わせて大体200万円だ。
これまでの人生で一番高いものを購入した。

土地を売りだす前に測量を済ませてあるので、隣地の所有者と境界線で揉めることはない。
土地は市が管理する幅員4mの舗装された林道に接している。
道路と接している部分が土手になっていて1mほど高くなっている。
北側から南に向かって緩やかに傾斜している。
テントを設営した場所は土地の一番南側のポンプ小屋の隣だ。
土地の形は3角形で使い勝手は良くない。
土地の一番美味しい部分にアカマツが生えていて邪魔になってる。
道路を挟んだ向かいの広い土地に建設途中のセルフビルドログハウスがあるものの、他に民家はない。
ただ、ログハウスの南側の土地も売りに出しているので、近い将来、この付近に3軒の山小屋が建つことになる。

集落からは1キロほど山側に登ったところなので、近所づきあいはなさそう。
集落と自分の土地の間には別荘や定住の小屋が散在しているので、調度良い緩衝地帯となっている。
無料で使える私設水道があるが、将来はご近所さんと共同で維持管理する必要がある。
前面道路に電気と電話線が通っているし、300m離れた場所にはドコモのアンテナがあり、生活面のインフラは整っている場所だ。
山を降りて国道に出ればスーパーもあるし、ホームセンターだってそう遠くない距離にあり、便利過ぎるくらいの場所だ。
多少人気があって落ち着かない時もあるが、夜になれば誰もいなくなって静かになる。
びっくりするくらい良い所を見つけたものだと思う。

関連記事

土地を購入するまで~前編(2013.9.24)
土地を購入するまで~中編(2013.9.26)

おわり
 

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『土地を購入するまで~後編』へのコメント

  1. 名前:大根 投稿日:2013/10/02(水) 14:39:56 ID:589fc6ab0 返信

    写真ではわかりにくいですが、この赤松はきちんと切ってしかるべき所に売却すれば伐採の手間代以上に利益ができる可能性もありますね。
    しかもきちんと切り株の切り口をレーザー測量してラインを決めてそれぞれの高さを揃えてチェンソーで切ってもらえば切り株がそのまま建物の独立基礎として使えそうな気もします。

  2. 名前: 投稿日:2013/10/03(木) 00:27:33 ID:589fc6ab0 返信

    結構お高い買いんですねぇ。
    でも自身が納得されてるんですし良い買い物だったんでしょうね。
    水が使えるのが良いですね

  3. 名前:mushoku2006 投稿日:2013/10/03(木) 08:21:06 ID:589fc6ab0 返信

    高いのか?安いのか?
    相場観が全く無い世界なので、
    全然分かりませんけど、
    こういうものの購入は縁の世界ですから、
    多少の金額の多寡は気にしなくても良いと思います。
    よくよく考えてみれば、
    車1台分の値段で、
    そこそこ便利な200坪の土地が買えちゃうんですね。
    そう思えば安いなあ・・・・・・と。
    ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

  4. 名前:匿名 投稿日:2013/10/03(木) 10:27:53 ID:ff2aab92b 返信

    AUTHOU: からあげ
    >大根さん
    引渡し前に発生する土地からの利益は売主さんの
    ものであると契約書に記載してあるので、アカマツ
    を貰う訳にはいきません。
    ただ、お願いすればちょっとした木切れは貰えると
    思います。
    独立基礎として使えるかどうかですが、チャチャッと
    手早く済ます筈ですから、多分無理そうです。
    >改さん
    それほど安くはありませんが、ど高くもありません。
    私営水道の権利が無料というのが他の物件にはない、
    好条件でした。
    >musyoku2006さん
    坪1万円以下の物件は数が少なく選べる状況では
    ないですから、その中で一番良いものを買いました。
    あとは固定資産税を如何に抑えるかという課題ですね。