参考図書

こんにちは。からあげです。

今日も新しい登山靴を履いてトレーニングしてきたんだけど、前回の靴ズレがまだ治っておらず、さらに悪化してしまったので今度の登山は古い登山靴で行くことにした。
このままでは慣らし履きが終わる前に足がボロボロになりそうだ。
秋は日が短くて行動時間をいっぱい取れないので、軽量化でやることにした。
実家でテントの手入れしてきて準備はいいんだが、ツエルトを持っていくことにした。
新穂高温泉を拠点に雲ノ平方面に行こうと計画中だ。

ところで、山林探しの旅に出掛ける前に読んでおいて参考になった本を紹介したい。
まずは丸山健二の4冊だ。

田舎暮しに殺されない法 
出版社 朝日新聞出版 2011年5月6日発行

凄く辛口のエッセイだ。
田舎暮らしに憧れる人への忠告として書かれたものだ。
読んでいて腹が立つかもしれないが、最後まで読んで欲しい。
なぜ腹が立つのか。
その理由をじっくりと考えて欲しい。
私はこの本で丸山健二を知り一気にファンになった。

生きるなんて      
出版社 朝日新聞出版 2005年10月13日発行

あなたの若さを殺す敵  
出版社 朝日新聞出版 2010年 4月 7日発行

人生なんてくそくらえ  
出版社 朝日新聞出版 2012年 2月17日発行

上記三冊も全て辛口エッセイだ。
あまりの過激さに痺れてくる。
自分に対して不甲斐ない思いを感じている人は是非とも読んで、滅多打ちにされて欲しい。
きっと新たな道が見えてくるはずだ。

努力はいらない!「夢」実現脳の作り方  
著者 苫米地英人 出版社 マキノ出版 2008年9月16日発行

タイガー・ウッズの強さの秘密が明らかとなる。
この本を何度も読んで社会からの洗脳を解くことが出来た。
本のとおりに実践すれば必ず夢は実現する。
その他の本も為になる。
にわか苫米地ファンとなってしまった。
是非一度読んで欲しい。

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと 
著者 四角大輔 出版社 サンクチュアリ出版 2012年7月12日発行

おっさんが読んでも本当に為になる。
文字の量が少ないが、中身がギューっと詰まっている。
掲載されている写真をイメージして何度も何度も読み返した。
有りがちな若者向けの説教系自己啓発本とまるで違う。
心に響く一冊だ。

Bライフー10万円で家を建てて生活する 
著者 高村友也 出版社 秀和システム 2011年8月発行

スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方
著者  同上  出版社 同文館出版 2012年8月29日発行

2冊ともBライフでお馴染みの寝太郎さんの著作だ。
1冊目のBライフを読めばBライフを送るための手がかりを得ることが出来る。
ただし、実践するのは読者のあなただ。
自分なりのBライフの手法を見付けて欲しい。

2冊目は、世界各地で起こりつつあるスモールハウスムーブメントについて書かれたもの。
それだけではなく、消費社会に対する著者の思いが熱く書かれている。
個人的には2冊目の方が好きだ。
なんども読んで自分の言葉で理解して欲しい。

 
以上8冊の本を紹介してみた。
これらの本は、私が会社を辞める前や山林探し中にも何度も読み返し、奥底から沸き起こる雑念を封じ込めた。
2度3度読んでもまだまだ足りないと思うので、時間を見付けては読み返して欲しい。
会社勤めであっても、通勤電車の中とか、テレビを見たり、ゲームをするのを止めれば時間は捻出出来るはずだ。
別に私が紹介した本で無くても良い、自分の心に響く本を何度も読み返して欲しい。
ふとした拍子に本の中の一文が出てくるくらい、10回でも20回でも読み返して欲しい。
そうしているうちに夢に向かって進んでいる自分に気がつくはずだ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『参考図書』へのコメント

  1. 名前:勘太郎 投稿日:2013/10/04(金) 19:07:32 ID:589fc6ab0 返信

     田舎暮らしに殺されない法 丸山健二 勇気が出る本です。
    やわな田舎暮らしに憧れるな!一人っきりで生き抜け!!って言ってます。
     からあげさん、ねたろうさん、じぞらさんに捧げる本です。都会で愚痴に言ってる腐ってる、おらみたいな『半端野郎はままごと遊びしてろ!』って言ってます。
        みなさんすてきです。   もちろんK爺さまもステキです。敬具

  2. 名前:匿名 投稿日:2013/10/05(土) 09:39:33 ID:30ef4a093 返信

    AUTHOU: からあげ
    >勘太郎さん
    本当に丸山健二の本は勇気が出ますね。
    間違っても学校の優良図書とはならないでしょうね。
    本当の世界を知られては困る人がいるから。