CADを勉強中

おはようございます。からあげです。

今日は朝から雨が降ってて山の方に来る人が少なくて静かだった。
若干テント内が湿気るけど朝トレを休めるからゆっくりと本を読める。
うん、雨の日も悪く無いね!
先日から土地に腐葉土を敷き詰めていて成果が出たので報告する。

20131005-081354-0

黒っぽいところが腐葉土を敷き詰めたところ。

20131005-081410-0

手前の黒っぽいところが、雨に濡れたところ。
奥は雨の跳ね返りはなく、乾燥している。

20131005-081426-0

ここが問題だ。
テントの四隅はどうしても濡れやすい。
対策が必要か。

画像を見てもらえば分かるように、テント周りの跳ね返りの水が激減している。
腐葉土がとても良いクッションとなっている。
おまけに表面の土がむき出しだった場所も敷き詰めたら、土が流れ出なくなった。
周りの林道には山ほど腐葉土があるから無くなる心配はない。
ただ、テントの四隅が雨に濡れやすい。
現在はちゃんと防水性が機能しているから問題ないが、もう少ししたら浸水の心配が出てくるかもしれない。
100均でブルーシートを買ってきて適当な大きさに切って上から貼り付ければ、浸水の心配はなくなるだろう。
しかし、私の美的センスがどうしてもブルーシートを受け付けない。
違和感があり過ぎるというか。なんでだろうか。

水道の蛇口を付けようとホームセンターをまわって調べて見たが、家庭用の蛇口を直に付けられる接続管がない。
地面から出ている塩ビ管は太めで内径が25mmのものだ。
家庭用の13mm管に合わせるために、いろいろ付けないといけない。
仮設で蛇口を付けるだけなので、無駄に工事をしたくない。
今後どうするか考え中だ。
登山から帰ってきたらやろうと思う。

今日は朝から登山用具を出して点検やら荷物の選択をしている。
こう、何というか、ワクワクしてくる。
泊まりでの登山は、年明け早々に登った恵那山だけだから本当に楽しみだ。
今もテントで寝ているのに、登山に行ってもテントで寝るって、好きなんだなと思う。
自然を肌で感じることが出来るところかな。
絶対安全な山小屋で過ごすと、気持ち良いそよ風だとか、小鳥のさえずりだとか、朝の冷え込みを感じることが出来なくなる。
それは勿体無いことだ。

ところで、本題に入るが最近CADの勉強してる。
理由は、山小屋の設計図をCADで作成するため。
あちこちHPを覗いているんだが、初心者向けの作図を中心に説明をするHPが見当たらない。
ボタンの操作などは詳しく書いてあるんだが、実際に図面を書くとなると、何をすればいいのか分からない。
だから少しずつボタン操作のページを読んでいる。
今までCADとは無縁の仕事をしてたから、本当に全くの初めて。
方眼紙などに手書きで作図しようか、エクセルで作図しようか迷ったんだが、ここは敢えて初めてを選ぶことにした。
あんまり根を詰めて勉強すると疲れるので、ネットして遊びながらやってる。

山小屋の縦と横の寸法は決まった。

3.6×2.7m
9.72平米

コンパネの1枚の大きさが180センチ×90センチだからこの大きさにした。
出来るだけ端材を出さないように、切断しなくて良いようにと決めた。
屋根は片流れにしようと思うので、そんなに大変な作業はないと思う。
ただ、基礎だけはそれなりに丈夫なものにしようと思う。
ボイド管を使った独立基礎にする予定だ。
ボイド管を使い捨てるのは勿体ないので、再利用出来るように工夫するつもり。
山小屋の建設予定地は、アカマツの伐採跡は避けようと思うようになった。
抜根するのに疲れ果ててしまいそうだし、時間が勿体無い。
山小屋を建てて落ち着いてやることが無くなったら、トレーニング、精神修行代わりに少しずつ作業すればいい。
年内までに住めるように形を整えようとすると、出来るだけ無駄な作業は省きたい。
それに土地に車を入れるための進入路を初めに取り掛かる必要がある。
今はのんびり出来るうちにゆっくりして休んでおくことにする。
工事に入ればハードな毎日が待っているから。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『CADを勉強中』へのコメント

  1. 名前:ゆた 投稿日:2013/10/05(土) 12:05:56 ID:589fc6ab0 返信

    床のコンパネを、タープにかくれるように小さくして、コンパネにタープ
    を接地するのではなく、地面に接地ではダメなのかな?
    素人ですみません。

  2. 名前:匿名 投稿日:2013/10/05(土) 13:56:25 ID:589fc6ab0 返信

    テントのボトムはポリプロピレンですよね。
    だったらそこまで神経質にならなくても平気じゃないかと思いますが。
    状況はかなり緩いですけど、ブルーシートを5年ぐらい使っていますが水が染み込んでいるの見たことがありません。

  3. 名前:匿名 投稿日:2013/10/06(日) 09:25:10 ID:6b4e79317 返信

    AUTHOU: からあげ
    >ゆたさん
    コンパネは他の材料として使う予定なのでカットする
    つもりはありません。
    そうですね。タープを少し離してみます。
    そうすれば雨に濡れずに済みそうですね。
    >名無しさん
    ポリプロピレンと言うんですか。
    ボトムはブルーシート地です。テントの中に衣類を置いてる
    ので、念のためフライシートを少し離して様子をみます。

  4. 名前:図面屋 投稿日:2013/10/07(月) 11:01:35 ID:589fc6ab0 返信

    初めまして図面屋です
    初心者にとってCADはとっつきにくいかも知れませんが
    パソコンの中に製図台とペンが入っている程度の物って
    考えた方がイイですよ
    多分、まず検討するのはフリーソフトのJww-CADじゃないですか?
    用紙と縮尺を決めたら
    適当に縦横に各1本づつ基準となる線を書いて
    (ド真中でもイイけどオイラは基本左下に基準を作ってます)
    そこから段々と複写や複線といった機能を使って
    図を作っていって下さい
    大抵のCADは下に次に何をしたらイイか指示が出ているはずです

  5. 名前:尚古堂 投稿日:2013/10/07(月) 12:49:15 ID:646886ac0 返信

    テントの隅の水漏れはほとんどの場合
    ポール取り付け部をテント本体に縫い付けた縫い目が
    毛細管現象で水を吸い込むために起こります。
    縫い目にシーラーを塗りこんだりシームテープを貼り付けても
    風やテントのテンションなどの影響で力が掛かるためにどうしても
    持ちがよくありません。
    抜本的な対策なら以前お話した全面ブルーシート掛け
    ですが、それができないとなったら可能な限り隅の近くに
    物を置かないと言ういわば対症療法ぐらいしかないと思います。
    ところで、敷地内の塩ビ管の色は黒ですか灰色ですか?
    (灰色にも濃い色と薄い色があります)
    公設水道で25ミリ径の配管は通常、
    家庭用の末端配管には使わないので
    気になったのです。

  6. 名前:匿名 投稿日:2013/10/07(月) 13:29:39 ID:c48779ab9 返信

    AUTHOU: からあげ
    >図面屋さん
    フリーのソフトでお勧めのCADソフトと知り
    JWCADを導入しました。
    初めてで戸惑うことばかりですが、徐々に
    やっていこうと思います。
    指示が出るのは有難いですね。
    超初心者は何をしたらいいかサッパリ分からない
    ので、助かります。
    >尚古堂さん
    四隅だけ目立たないシートを被せるかもしれません。
    テント内のダンボールの湿気具合が気になりました。
    そうなんです。敷地内の配管は25ミリです。
    黒色パイプの先に薄い灰色の塩ビ管が接続
    されています。
    13ミリに落とすのに迷いました。