野生スイッチ

おはようございます。からあげです。

今日は3連休初日なので下から車がたくさん登ってくる。
グレーチングの音は多少マシになってるが、やはりカンカン音がする。
しかし交通量が多くて落ち着いて作業できないので、連休明けにやる予定だ。
家に帰ってきてから2日間トレーニングを休んでいて無性に体を動かしたくなったので、早起きして最近買った登山靴を履いて歩いてきた。
せっかく靴ずれが治ったところなのに、再びズル剥け状態にしないために、一番上のフックに靴紐を掛けずに緩めに結んでおいた。
お陰で多少ヒリヒリしたものの、皮が剥けずに済んだ。
しばらくは中3日か4日空けて登山靴を履いて慣らしをするつもりだ。
来シーズンからはいきなりスタメンで頑張って貰うつもりなのでじっくり慣らしをする。

ところで以前から感じていたこと。
長時間労働から開放されて休暇になる度に登山に出掛けていたんだが、山に入って暫くすると、五感が敏感になって体力が湧いてくる気がした。
これを自分で野生スイッチが入ると呼んでいた。
ただ、日帰りやスケジュールがタイトな1泊2日の登山ではなかなかスイッチは入らない。
仕事のことを考えると気が滅入っていたからだと思う。
2泊3日以上の登山になれば初日からカチンとスイッチが入る。
昔ながらの押し釦のタイプで、作動音が大きいので分かりやすい。
長時間労働というストレスに晒されていればより分かりやすい。
スイッチが入ると草花の匂いやマイナスイオン、小鳥のさえずりをよりクリアに感じることが出来る。
ストレスから開放されて自分本来の姿に戻った気がした。
歩いても疲れ知らずでハイペースで登ることが出来る。
食欲も激増し暗くなれば直ぐに眠たくなってくる。
朝起きて体が活動し出せば、自然でビッグなお通じがやって来る。
そんな体験をすることが出来る。

しかし最終日山を下りていると自然と元に戻っている。
五感は鈍くなり体が重たくなる。
車に戻ってハンドルを握るともう町での状態とほとんど変わらない。
町では仕事や人間関係、劣悪な生活環境によりストレス塗れの状態だ。
たぶんそんな状態から身を守るため、敢えて五感を鈍らせ感覚を麻痺させているのではないだろうか。
快晴の日でも空がどんよりと霞んで見える。
心のフィルターが汚れているから本来の青さを感じる事が出来ないのだろう。
こういう感じ方をするようになって余計に町での暮らしが嫌になり、山で暮らしたいと思うようになった。

今のテント生活では、常時野生スイッチは入りっぱなしだ。
スイッチがオンだと感じることはない。
常時オンが当たり前になっている。
そういう感覚を味わうためには少しトレーニングで体にストレスを与えてやればいい。
直ぐに体で感じることが出来る。

ただ、実家に帰るとスイッチはOFFになる。
道が混み始め通行車両が増えると自然と鈍感になっている。
町での生活のストレスに対応するためだ。
実家で寝泊まりしていると全く季節感がない。
高気密高断熱の今どきの家だから便利で快適なんだけど、全く楽しくない。
外の様子が分からないから雨が降っているのかも分からないし、朝晩の冷え込み具合も分からない。
夜間は照明が明るいのでなかなか眠くならなず、更かしになってしまう。
24時間換気だけど、何故か屋内の空気は悪い。
IH調理器で玄米ご飯を炊いてもあまり美味しくない。
快適なはずの高機能住宅にいると体調が悪くなる。
やはりもう山の人間になったのだなあと感じる。
自分には自然いっぱいの山の暮らしが合っている。
町は偶に遊びに行くくらいで調度良いと感じるようになった。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『野生スイッチ』へのコメント

  1. 名前:yama 投稿日:2013/11/12(火) 23:46:41 ID:589fc6ab0 返信

    野生スイッチわかる気がします。
    自分も登山中に、いつのまにかスイッチが入ります。
    やっぱり同じで、いくら歩いても疲れにくくなる?ような感じです。
    自分の中では、仙人モードってよんでました(笑)
    けど、最近思ったのが仕事中でも仙人モードが発動する様になりました。
    どうやら命の危険というか、極度のストレスでスイッチが入るみたいです。
    野生スイッチとは少し違うのかな

  2. 名前:匿名 投稿日:2013/11/13(水) 15:40:59 ID:08991abba 返信

    AUTHOU: からあげ
    >yamaさん
    そう言えば私も仕事中にスイッチが入ることが有りました。
    長時間労働してたり、深夜労働しているとにふと頭が冴え
    思考が鋭くなる。
    そうですね。多分、体が危機的状況を感じ取って能力を
    出し切ろうとしているんでしょうね。
    体が勘違いした状態であればいいですけど、本当の危機
    なら危ないですね。
    しかし、現在ではそういった職場がほとんでしょうし。
    もっと体を労れる環境が欲しいですね。