孤独について

おはようございます。からあげです。

私は山にいると人恋しくなるのに、町にいると人が鬱陶しくなる。
カップルや家族連れを見ると、無性に苦しくなることがある。
一見、幸せそうに見える人々も、内面にはいろいろと悩みを抱えていると思う。
両親の介護子供の教育住宅ローンの返済自分の老後のことなど。
しかし、そういった多くの強迫観念は、社会が密かに巧妙に与え続けているものではないだろうか。
使いっ走りのテレビや新聞、雑誌、ネットなどのマスメディアに指示を出して必要以上に不安を煽り立て、その不安を働くモチベーションとして与え続けているのではないだろうか。

2014-1-22

山で暮らしていると、どうしようもなく寂しくなる時があるけれど、自分には孤独が合っていると思う。
静かな環境の方が自分の心に素直になれる。
孤独になると嫌でも自分と向き合わなければならない。
私は普段、毎日10時間近く睡眠をとっているが、おしっこがしたくなったり、外で物音がすると夜中でも目が覚めてしまう。
そして寝付くまで、寝袋の中でいろいろと考えることになる。
自分でとことん考える。
これが大事だし、自分を成長させる良いチャンスになっている。

今では、孤独こそ私の最高の友となっている。
(↑どこかの本から引っ張ってきた。)
一人でいるといろいろな考えが泉のように湧き出てくる、この不思議な感覚。
決して自分が賢くなったのではなく、外界とある程度遮断された空間がそうさせているのだろうか。
これも私が山に居たいことの理由の一つ。
孤独になると人に優しくなれる。
人を見掛けると話しかけたくなる。
購入した山林は、全く人気がないところではないけれど、夜になれば隣接する林道の交通が途絶えて静かになる。
年末年始にしばらく山篭りしていたけれど、堪らなく人と話したくなった。
ラジオを聴いていると多少の寂しさは紛らわせることが出来るが、根本的な解決とはならない。
無性に人と話したくなる。
お年寄りの気持ちが良く分かった。

昨晩ぼーっと考えていたんだけど、近い将来小規模の発電がより盛んになり、電力会社は給配電設備のインフラを生かして、電気の買値と売値の利ざやでお金を稼ぐ、銀行のようなものになるだろうと思う。
電力会社は原子力依存度を抑えて現在の発電設備の規模を縮小し、他の小規模発電所から電気を購入する。
一般人でもその土地に合う発電方法で電気を作り、電気を売って小遣い銭程度を稼ぐことが可能となるだろう。
ソーラー発電は、日当たりの良い広大な場所が必要で、夜間は発電出来ないというデメリットが存在するが、さらに高効率なパネルが開発されれば、電力需要の多くを賄うことが出来るようになる。
私の土地はアカマツや杉・檜、広葉樹に囲まれていて西側に高い山があるので、日当たりはあまり良くないが、林道沿いに流れる側溝の水は、湧き水に端を発しているので年間を通して水量が安定している。
それに緩傾斜となっているので、水力発電に向いている場所かもしれない。
頻繁に詰まる落ち葉やゴミなどをどうやって処理するか、地権者との話しをどう付けるかが発電をするうえで鍵となると思う。
一定量の電気を安定して発電できるようになれば、売った電気代だけで生活出来るようになるかもしれない。
そうすればお金から完全に自由になり、自分の好きなことをしたいだけ出来るようになる。
そんな楽しい未来がすぐ向こうに待っている。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『孤独について』へのコメント

  1. 名前:名無しの壺さん 投稿日:2014/01/22(水) 13:22:43 ID:589fc6ab0

    それなら太陽光発電でも可能ではないだろうか。
    元手が必要だが(銀行から借りられればいいが)、パネルを
    買い、設置と管理は自分でやる。
    パネルは日本は他国より高いが7年くらいでもとがとれる。
    20年一定価格の買取があったはずだ。それなら13年丸
    儲けとなる。調べてみると10kw以上の場合のようだが、
    それくらいでないと商売とはならないかもしれない。

  2. 名前:お匿 投稿日:2014/01/22(水) 17:03:20 ID:589fc6ab0

    私も、孤独を感じます。
    帰宅して誰も居なくても、「ただいまー」って大きな声で家に入ります。
    防犯対策にもなると思います。
    誰も居ないと思ったら、あの家は他に誰かいる・・
    テントには誰かがいる・・
    コーヒーカップに語りかけます。
    「今から、コーヒー飲むね。」と。
    物に語りかけると愛着が増します。
    歌を大きい声で歌います。
    そして、淋しくてならない時は、地元のラジオに電話して、少し生活の中でわからないことをお聞きし、元気が出そうな曲をリクエストしました。
    なんでもいいのです。
    「私は、からあげが大好きで、先日にんにく醤油で作りました。家族に大好評でした。〇〇県に最近、引っ越してきたばかりです。みなさんは、どんなからあげを作っていますか。教えてください。リクエスト曲〇〇お願いします。 ラジオネーム からあげ  」
    こんな感じで言うと、取り上げてもらえたら、沢山リスナーからぞくぞくメール、fax、電話での意見がもらえます。
    オペレーターの女の人とは、この内容の場合は、話すことが少ないかもしれませんが、温かいやさしい声で接してくださると思います。
    自分はこんな感じ。
    皆さんは、孤独を感じる時、どのように癒していますか。
    よろしければ教えてください。

  3. 名前:ぢゅん (煙突そうじ人) 投稿日:2014/01/23(木) 00:13:32 ID:589fc6ab0

    からあげさんこんばは!
    帰ってきましたねぇ!からあげさんの妄想近未来は良いですね!
    寂しい時はやっぱり出会った人びとと交わす挨拶ですね、ちょっとした会話のきっかけになりますよね。堀江謙一さんが長い航海に出られた時はひとり「思いきり泣いたり、歌ったり、もう一人のネガティブ自分と会話」したと読みましたが、最近のからあげさんにはコメント欄に何人かの話し相手も居ることだしいい感じなんじゃないですか?
    アクセスも最近増えたのでは?と思います。
    自家発電、自然から頂けると良いですが、先ずはジムニーから予備バッテリー充電ですかね?
    ロケットストーブから蒸気を取り出したり研究してる方や糞にょうからガスを取り出したり、、色々やってみると面白そうですね。

  4. 名前:からあげ 投稿日:2014/01/23(木) 11:25:28 ID:4450ef0d4

    >名無しの壺さん
    今、ソーラー発電のビジネスが盛んですね。
    田舎に行くと持て余した遊休地にパネルを設置している地主さんがいます。
    計算上では10年以内に投資額を回収出来るそうですが。少し疑問です。
    大規模にしてしまうと元手が掛かり、後には引けなくなってしまうので、小規模発電から始めたいですね。
    >お匿さん
    ラジオにリクエストも良いですね。
    年末に一度やってみましたがスルーされましたが。
    日頃のブログでのやり取りでも寂しさを紛らわすことが出来ています。
    助かっています。
    >ぢゅんさん
    バーチャルではなく、リアルで人と話がしたいと思いますね。
    アクセス数増加も楽しみになってきました。
    発電のことを考えると本当に楽しくなります。
    悲観的な未来より、楽しく、希望溢れる未来を想像したいと思います。

  5. 名前:お匿 投稿日:2014/01/23(木) 14:29:29 ID:589fc6ab0

    ラジオ投稿されていたのですね・・・
    ボツでしたか・・・
    からあげさんは、どんな曲をリクエストされたのですか?
    私は、曲だけだったら、このようにリクエストしました。
    リクエスト曲「沢田研二 勝手にしやがれ」
    沢田研二さんの勝手にしやがれのイントロを聴くと元気が出ます。
    ちょっとテンション上げたいので、掛けて下さい。
    よろしくお願い致します。
    3回程、イントロ部分を掛けて止まり(ここでアナウンサー達は大爆笑)そのあとフルで掛けて下さいました。
    又、気が向いたらリクエストしてみて下さいね。

  6. 名前:消費しないピノキオ 投稿日:2014/01/23(木) 22:03:43 ID:589fc6ab0

    からあげさんのような生活をしていないと
    感じることのない孤独感
    孤独は人を育てていくように思います

  7. 名前:からあげ 投稿日:2014/01/24(金) 11:50:55 ID:e4996625a

    >お匿さん
    それは秘密です。
    気が向いたらまたやってみます。
    >消費しないピノキオさん
    孤独は惨めだという世間の常識に振り回されて、無理して明るく振る舞っていた時期もありました。
    たぶん、相当無理をしていたように思います。
    今はより自然な自分を出せるようになっています。

  8. 名前:裏方 投稿日:2016/12/14(水) 18:07:00 ID:f8f74066f

    私も、現役時代、人間関係はしっかりやってきた方ですが、友達はほぼいません。
    孤独が好きなタイプなので、愛想は非常に良い人間ですが、継続して付き合うのは嫌いなんですね。面倒くさいし、一人でこつこつ何かをするのが大好きなので・・
    そんなこんなで、60年間過ごしてきて、引退後、もちろん、普段付き合うような友達はゼロに等しいですが、なんにも不便は感じないし、死ぬまで、孤独が好きでしょう。

    ただ、孤独感、寂しいという気持ちに、強烈に襲われたことが、一度だけあります。
    それは、精神的な病気(鬱)に陥った時です。
    ところが、鬱が治ると、以前より、より孤独が好きで寂しいという気持ちが皆無になりました。

    この経験で、要するに、孤独に弱い世間の殆どの人は、ある精神状態に陥っているということだと思うのです。

    □自立心がなく、誰か、何かに依存していないとだめ。
    □一人で生きていく自信がない。誰かと一緒でないと不安。
    □幸福は、外から与えられるものだという勘違いをしている。
    □一人で生活を楽しむ力がない。
    □常にストレスがあるので、快楽を与えてくれるもの、癒やしがなければ精神が持たない。
    □孤独になって、自分らしく生きようという意欲がない。

    これらで、精神的にだめになっている性だとわかりました。
    農耕家畜型の社会ですから、子供の頃から「群れる」ことがいちばん大切だと教育されているので、根本的に世間全般が、孤独に弱い人ばかりなのですね。

    当然、孤独は「悪いもの」という「常識」が生まれてしまったのだと思います。