個人事業とプライベートの支出の区別

こんにちは。からあげです。

今朝も随分と冷え込んだけど、昨日よりはマシだったので、快適に食事の準備をすることが出来た。
調理の際の火器をカセットコンロからロケットストーブへ変えたころ、薪で調理するのは違和感を感じたが、今では当たり前になってしまった。
日常の風景で自然な感じ。
逆にカセットコンロでの煮炊きの方が面倒に感じる。
というのも、ボンベが直ぐに空になってしまうし、放ったらかしにしておくと吹きこぼれて火が消えてしまうこともあるし、なにより火力が弱くて自分も温まることが出来ないからだ。
薪の用意は、面倒に感じることもあるけれど、ゲーム感覚でやると意外に飽きない。
木の間を縫って走って、忍者ごっことか言って一人で遊んでる。
買い物なんかは直ぐに飽きてしまうけど、山に分け入って薪を探していると日々新たな発見があって楽しい。
死ぬまで飽きる気がしない。

以前からずっと隣の伐採跡地から薪になる丸太を運んでいたんだけど、大方運んでしまい、先の方の枝を残すのみとなったので、今は上手側300mほどのところにある離れた場所の伐採跡地から丸太を運んでいる。
行き帰りに5分程度掛かるけど、トレーニングを兼ねて行きは走っていくので、体が温まっていい。
炊飯に50分程度掛かるので、薪を多めに突っ込んでおけば、たまに燃え具合を見るだけでいいので、その間に丸太を運べる。
どうせトラックで運ばれて焼却処分されてしまう丸太なので、薪にしないと非常に勿体無い。
運搬業者の人は年明けくらいに回収しに来ると言っていたが、未だに来る様子はないので、せっせと自分の土地に運んでいる。
もう既に調理分の薪なら1年分以上はゆうにあるけど、こんな少ない労力で良質な薪を集められる機会はそうないと思うので、この機会に運べるだけ運んでしまおうと思う。

2014-2-7

ところで、探検家として個人事業を始めたんだけど、個人事業と個人的な支出の仕分けをどうしようか迷ってる。
何年かやっているうちに、こういうことは自然と身に付くのだろうけど、まだ何もかもが初めてで何から手を付けていいのか分からない状況だ。

そこで少しずつでも雑多な事務作業を片付けていこうと思うので、ブログに書きつつ頭を整理してみる。

スポンサーリンク

個人事業と個人的な支出で考えられるもの

自宅兼事務所の維持費

もちろんこれから山小屋を建てるので、その建築費用も含まれる。
他は固定資産税と水道光熱費。
水道代は、湧き水利用の私設水道なので、汲み上げ用ポンプの電気代しかかからない。
しばらくの間は山小屋に電気を引かない予定。
将来的にはソーラーパネルで照明やパソコンの消費電力を賄おうと思っている。

自動車、バイク関連

任意保険、ガソリン代、車検整備代も含める。
ガソリン代節約のため、近いうちにバイク(原付き2種)を購入予定。
車、バイクの整備は出来るだけ自分で行い経費を節約する。

通信費 

ドコモの携帯とイオン専用のモバイル通信の2つのみ。
今のところ、事業用とプライベート用を分けない予定。
イオン専用のモバイルの通信速度が150kbpsと遅めなので、必要を感じたら通信速度が速いプランに変更するかもしれない。

登山道具

探検活動には欠かせない道具。
ただ、趣味と仕事の区別が付かないので今後どうするかが検討課題。
日常でも寝袋やコッヘルなどを使用しているので、ややこしい。

建築用土木工事用、自動車整備用の道具類

今後山小屋を建てるとなると、ノコギリや梯子などの道具を購入する必要がある。
また、自動車、バイク整備に必要な工具も揃える必要がある。

  
医療費

探検中に事故に遭った場合の医療費は全額経費とすることが出来るだろう。
怪我はしないに越したことはないけど、どうなるか分からない。

パソンコン関連

現在のメインパソコンのOSは、ウインドウズ7なので当分使用できるが、サポート終了となった場合に買い換える必要がある。
探検隊のHPやブログのまとめサイトなどを立ち上げるので、そのサーバー代も必要となる。

関連書籍

探検に必要な地形図だとか登山のガイドブックを購入する必要がある。
他にも登山関連書籍などもいる。

  
以上ざっとこんなもんだけど、仕事とプライベートの区別が付きにくいので、どうしようか悩むところ。
もう日々の生活が仕事のような感じになっている。
登山やら車中泊も仕事といえば仕事となってしまうし。
しかし私はあまり仕事しているという気はしない。

今、こうやってブログを更新しているのだって仕事になるんだけど、私は特に仕事をやっていると思っていない。
遊び感覚でパソコンを弄っている感じ。
以前の会社勤めのころは、船内居住でもそれなりに仕事とプライベートは区別出来たけど、こうして探検家としての道を歩み始めた今、区別することが非常に困難となっている。
世界各地を探検したり、放浪の旅に出たいがために、今こうして仕事をしてる。

仕事が人生の目的となっているから、区別なんて出来ない。
どうしたものか考えてしまう。
しかし、我ながら贅沢な悩みだなあと思う。
以前の自分には考えられなかった事態だ。
まるで仕事をしている感覚がない。
だから寝る間を惜しんで仕事が出来る。
仕事=遊びだから、思う存分やることが出来る。むふふ。

まあ、初めの数年間は税務署にあれこれ指摘を受けるんだろうなあという気がするけど、その度に対処していけば、特に問題ないと思う。
この個人事業とプライベートの区別をどうするか。
今後も考えていく必要がある。
非常に重要な事柄だ。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『個人事業とプライベートの支出の区別』へのコメント

  1. 名前:かなも 投稿日:2014/02/07(金) 17:37:40 ID:589fc6ab0 返信

    あのー、探検家って職業になるんですかね。
    この場合何をもって利益とするのか私には分からないのすが、
    もし探検しながらガイドブックを書くとか、あるいは体験談をHPに
    載せるなら探検家ではなくてライターの方がいいと思います。
    (現状のブロガーとかアフィリエーターでも問題ないはず)
    例えば旅行ライターなら取材費でまるまる経費になると思いますし、
    あるいはフォトグラファーならカメラからPCも含めて、
    取材費とキャンプ用品も経費になるのではないでしょうか。
    いずれも職業としてやっている人が沢山いるので、
    その辺から攻めた方がいいと考えます。

  2. 名前:隠居 投稿日:2014/02/08(土) 06:49:41 ID:589fc6ab0 返信

    おはようございます。
    屋根の雪が落ちるドサッという音で目が醒めてしまいました。
    経費の線引きについて考えておいでのようですが、個人事業主として8年間確定申告した経験から申しますと、"業務に使用した比率で案分"するのが原則です。
    当時は賃貸マンションで作業していたので、業務に使用するスペース6割として家賃の6割、通信費は8割、電気代は7割といった感じで案分して経費計上します。
    業務に使用する機材(パソコン、測定器、工具、棚)、文具、交通費、燃料費、車や設備の減価償却は100%
    手土産や見舞金は交際費として10万円未満は許容範囲。
    これらを裏付ける為、業務日誌は付けたほうがいいでしょう。
    例:○月×日 スポンサー訪問
     交通費 電車賃630円、手土産 菓子1050円
     (領収書やレシートがあれば貼り付けます)
    そんな事よりも、事業計画書を作成して収益プランを練るのが先決だと思います。計画は長期、中期、短期に分類すると整理しやすいです。
    例えば、
    長期プラン:
      アマゾン探検、ヒマラヤ登山、モンゴル遊牧民と暮らす等、世界旅行などでっかい夢
    中期プラン:
      キャンプサイト経営、牧場経営、養鶏、サバイバル教室等数年先を見据えた計画
    短期プラン:
      植物採取と販売などすぐに利益の見込める計画
    資金ショートしないよう短期で稼ぎ中期、長期の目標を目指します。
    冒険家ではなく探検家でしたね、
    体力の無くなった私にはもう出来ない事なので
    今後のご活躍を楽しみにしております。

  3. 名前:C 投稿日:2014/02/08(土) 09:03:59 ID:589fc6ab0 返信

    この狭い日本、どこを探検するというのですか?
    世界に出れば余分に金も掛かりますし、地球規模でさえグーグルアース
    等でどこに何あるか網羅されたロマンの無い時代です。 川口浩的な
    探検は可能なのでしょうか?  地方の商店街再発見の旅(探検)とか
    ですか?  山奥にほら穴があったらもぐってみるのですか?  
    徳川埋蔵金でも探しに行くのですか?  揶揄してるのではなく興味
    あります。 遊びで行くなら何探検してもいいでしょうが、それを仕事に
    するというんですからかなりハードル高いですね。  応援してます。 

  4. 名前:からあげ 投稿日:2014/02/08(土) 11:00:04 ID:a93b7c7b7 返信

    >かなもさん
    職業は探検家としたいのです。
    子供の頃からの憧れでした。
    メインは探検活動で、おまけみたいな感じで広告収入を得ていく感じです。
    職業ライターって自分ではどうしても馴染めない気がします。
    >隠居さん
    そうでしたね。
    まだ事業計画を作成していません。
    順序が逆ですね。
    山小屋を建ててから事業を始めるつもりだったので、考えていません
    でした。
    取り敢えず、資金稼ぎは出稼ぎを考えています。
    短期で稼ぎながら並行して事業を進めていきます。
    どうもありがとうございます。
    >Cさん
    この時代に地球上に未知なるものは、非常に少ないかもしれませんね。
    しかしその中でも人が気づきもしなかった珍しいものや場所などがあるはずです。
    そういったものを発見していこうと思っています。
    自分の興味分野から一歩先に進んで絶滅危惧種の野生動物を探すとか、ある地方の伝説となっているものの
    正体を調べるとか、なにかあると思います。今後の放浪の旅の中で探検の対象が見つかると思います。

  5. 名前:usamit02 投稿日:2014/02/09(日) 13:26:46 ID:589fc6ab0 返信

     毎日寒い上に大雪、こんなときは思考も守りに入ってしまいますね。興奮でごまかしても疲労は着実に蓄積していきます。お体を大事にしてください。
     さて、税制にとらわれるのは大切なことを見失うことになりませんか。そもそも利益を上げなければ納税はなく、経費で物を買っても納税がなければメリットはありません。出稼収入と損益通算するにも年収200万の時代に基礎控除以上に稼げるバイトなどありません。青色申告は記帳も大変で、心構えは素晴らしいですが現実メリットはありません。ホームセンターは高いので仕入を工夫しなければ30坪の建築物はたとえ物置レベルであっても50万円の材料費では不可能です。電動工具を使わなければ何年もかかるでしょう。
     私も同世代ですが、人間歳には勝てず残された時間はわずかです。体力と貯金があるうちに脳みそが沸騰するほど収益モデルを考え実行しなければ、ジリ貧は目に見えています。自ら考え行動する姿勢は尊敬しいつも楽しく読ませてもらっていますが、独立を目指している同志として少々キツク言わせてもらいました。

  6. 名前:からあげ 投稿日:2014/02/10(月) 13:33:29 ID:95cd04730 返信

    AUTHOU: からあげ
    >usamit02さん
    この程度の事で参ってしまうような自分であれば、探検家として生きてゆくことなんて無理だと思います。
    自分だけが頼りです。
    なんとか事業を軌道に載せて次のステップに行こうと計画しています。
    いろいろな困難も楽しんでクリアしていこうと思います。