冬期のテント暮らしの様子

おはようございます。からあげです。

今日は朝から雨でトレーニングはお休み。
4時前にトイレで目が覚めて外の様子を覗うと、しとしとと雨が降っていた。
トイレから戻って布団に入ると、いろいろとまたアイデアが浮かんできたので、ノートにメモをとっておいたんだけど、どうせブログに書くことになるんだからと、起き出して作業を始めることにした。

去年の春から山林探しの旅に出掛けてあれこれ経験したことをブログに書き綴っていたけど、今振り返ると、ある時は愚痴を書いてみたり、またある時は憂鬱な日々の事を書いてみたり、役場に行って資料を書き写したことを書いてみたりと、そうした日々を懐かしく感じる。

ブログを読み返せば、当時の考えや経験したことを鮮明に思い出すことが出来る。
調べれば済むようなことを書いてもあまり価値はないけど、自分が経験したことを基にして書いた記事は参考になる。(自画自賛)

経験したことをノートに書いてもノートの量が多くなるとその他の情報に埋もれてしまい、時が経てば分からなくなってしまう。
しかし、ブログに書き残しておけば、検索すれば簡単に出て来るので、情報をある程度管理出来るようになる。
だから今後も経験したことをブログに積極的に書き残していこうと思う。
それで今回は冬期のテント暮らしの様子について書こうと思う。

スポンサーリンク

冬期のテント暮らしについて

一冬、山林で暮らしてみて分かったこと。
それは防寒対策だけしっかりして温かくして眠ればテント生活でも大丈夫だということ。

一番寒い時では気温が-10度くらいになったけど、いきなり冷え込むのではなく、徐々に寒くなるので、体が寒さに慣れることが出来る。

普段着用している衣類

普段着ている服は、下着から順に説明すると、

ユニクロヒートテックTシャツ(半袖)、ユニクロ速乾性ボクサーブリーフ、作業用厚手靴下、登山用ズボン、登山用長袖シャツ、防寒用オーバーズボン、フリース上着、作業用防寒ジャンパー、ネックウォーマー、厚手の帽子

となる。

作業をするときは、Tシャツとパンツの上にツナギを着て、寒ければその上に作業用ジャンパーを羽織る。
靴は長靴を履く。

じっとしていれば寒くなってくるけど、適度に体を動かしていればそんなに寒くはない。
防寒着上下を着ている時は、主に食事の準備から後片付けまでの時間。
日が当たる日中であれば凍えることはないが、日が沈むと急に冷えてくるので、それまでに食事を済ませ寝袋に潜り込むことになる。
寝袋に入ってしまえば非常に温かい。

テントの長期設置方法

テントは簡単に整地した地面に木製のパレットを置いてその上にコンパネを敷き、そして湿気上がりを防止するために厚手のブルーシートを敷いた上に設営している。
地面に直に設営してしまうと、湿気が上がってきてしまい快適性を欠くと思う。
積雪時はパレットで嵩上げした空間が断熱層となってくれるので、地面からの冷気をシャットアウトしてくれる。

20130919-133816-0

整地して木製パレットを置き、ウレタンコンパネを敷き詰めたところ。

20130922-095251-0

各部を調節して綺麗にテントを張り終えたところ。

テントの結露対策

冬期、テント内で過ごす時でもカセットコンロなどを点けて暖房することはない。
結露を起こしテント本体内側の生地にびっしりと水滴が付いてしまうためだ。
結露を起こせばテント内が湿気て衣装ケースに保管している衣類にカビが生えてしまう。

テント設営時から2ヶ月ほどはテント内でカセットコンロを使っていたんだけど、テント内が湿気てあちこちにカビが発生するようになった。
テントの前室で煮炊きするようになってからは結露の発生は無くなった。

結露対策として他には、常時テントの出入口を少し開けて空気を換気している。
だからテント内の気温は外気温とほとんど変わらない。

テント内での暮らしと就寝時の装備

テント内にはマットの代わりに2つ折にしたゴザを敷き、その上にエアーマットを敷いている。
寝袋は、-20度まで使用可能な冬用寝袋シュラフカバー、そして上から夏用の寝袋を掛け布団として掛けている。
寝るときの服装は下着上下登山用スボンと長袖シャツと薄着になる。
ただし手足の先だけは厚着としている。

厚手の靴下の上にさらにフリー地のオーバー靴下を履き、ユニクロの手袋をして寝ている。
手袋をして寝る前は、手荒れで指先がボロボロになって非常に痛い思いをしたが、厚手の手袋をして指先を温めるようになったら、嘘のように手荒れが直ってしまった。
おそらく血行が良くなって傷の修復が促進されたのだと思う。

そしてプラスアルファとして寝袋の足元に湯たんぽを入れている。
ロケットストーブで湯を沸かせば燃料代はタダなので遠慮無く使用できる。
沸騰したお湯を入れて大体6時間くらいは温かさを維持できる。
残り湯は朝の食器洗いに使用する。

20131202-080516-0

テント内にゴザを2重にして敷いたところ。

20131230-133757-0

就寝風景
冬用寝袋にシュラフカバー、さらに夏用の寝袋を掛け布団代わりに掛けている。

20131126-124515-0

湯たんぽ

寝袋の足元に入れて使用する。

暗くなる前に寝袋に入ってもさすがに直ぐには眠れないので読書をする。
寝袋から腕から上の上半身を出して読書するので、どうしても体が冷えてくる。
そこでツエルトを被って読書したら狭い空間の空気が自分の体温で温められ、快適に読書をすることが出来る。

20131230-133838-0

読書風景
ツエルトを被って本を読んでいる。

冬期のテント生活は寒いので、早め早めの行動が大事。
作業をする時は寒いけど日出前に起きて朝食を済ませて、太陽が昇り暖かくなって来る頃に作業を開始する。
そして昼頃までにして早々と作業をやめて、お湯を沸かして体を拭いたり洗濯をする。
3時過ぎにはご飯の準備を始めて暗くなる前には寝袋に入る。

冬はこんな生活だ。
寒いのでテント内では、ほとんどの時間を寝袋の中で過ごす。
日中活動していると本を読んでいても直ぐに眠たくなって来るので、読書はほどほどにして眠る。
早寝早起きすれば健康に良いし、ヘッドランプの電池も節約できる。
山での暮らしは自然の影響を受けやすいが、上手いことやり過ごせば楽しい日常を過ごすことが出来る。

防寒用小物類

20140302-043629-0

上がモンベルのフリース地のオーバー靴下。
下がホームセンターで購入した作業用の厚手の靴下。

20140302-043733-0

ネックウォーマーをしていると首周りが非常に温かい。

20140302-044918-0

ミズノのブレスサーモの厚手の帽子。
ツバが無いのでヘッドランプを付けても支障がない。

20140302-043706-0

炊事洗濯に大活躍のビニール手袋。
脱着しやすいように敢えて2Lタイプを使用。
寒ければ、中に軍手を付けられる。

テント暮らし参考記事

テントを購入した。(2013/9/10)
ホームレス脱出!(2013/9/19)
快適過ぎるテント生活(
テント生活の防寒対策~寝袋編(2013/11/21)
あわや大惨事(2013/10/9)
テント生活の防寒対策~結露編(
読書でツエルト~アカマツ抜根11日目(2013/12/29)
読書でツエルトpartⅡ~アカマツ抜根12日目(2013/12/30)

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『冬期のテント暮らしの様子』へのコメント

  1. 名前:リリエンタール 投稿日:2014/03/02(日) 10:55:18 ID:589fc6ab0 返信

    以前冬をどうやって越すつもりなのかコメントに書いたことがありましたが、からあげさんのテント生活は非常に興味深く拝見しています。
    暖房なしでもテントで結構いけるものなんですね。非常に参考になります。冬場は体を動かしているうちは快適なのですが、じっとして動かない時は体が冷えます。それをどうするかが冬を過ごすにあたっての問題だと思っていました。結構大丈夫そうで安心しました。
    ただ普通は屋外でずっと過ごすことはないですから、暖房なしでずっと過ごすのは凄いと思います。

  2. 名前:モスクワ駐在 投稿日:2014/03/02(日) 18:29:28 ID:cd345e727 返信

    想像力が刺激されて、とても面白い!ありがとうございます。

  3. 名前:こぶら 投稿日:2014/03/02(日) 18:59:31 ID:589fc6ab0 返信

    着る毛布が コスパ最高

  4. 名前:かなぶん 投稿日:2014/03/03(月) 09:09:27 ID:589fc6ab0 返信

    1泊だけとか2泊だけなら私でも耐えられますが、一冬越すのはテントでは私なら無理ですわ。笑~
    夏の上高地ですら寒くて明け方起きてしまい、足が冷えて痛くて歩き回って暖を取ってました。
    余談ですが私も自宅近くの土地を競売で買ったんで、小屋か、ビニールハウスで小屋代わりか、キャンピングカーのボロを買って一部増築ハウスか、少し畑やったり果樹を植えたりなど、いろいろ考えてます。
    絶対に薪ストーブは安物でもいいので入れるつもりですわ。

  5. 名前:湯たんぽ 投稿日:2014/03/03(月) 14:04:09 ID:589fc6ab0 返信

    湯たんぽとゴム手の話は重要でしょう。
    ゴム手はそれでもアカギレを経験すれば、多くの人は
    使うべきと気がつくかも。
    湯たんぽは風邪をひいても、あるいは寒すぎて寝られなくなり体調不良になっても湯たんぽを使うことを気付かない人もいる。これはあると無しでは天地の差なのだ。

  6. 名前:からあげ 投稿日:2014/03/03(月) 20:54:58 ID:7ba89b502 返信

    >リリエンタールさん
    温暖な愛知の生まれでも慣れればなんとかなるんだと思いました。
    寝袋さえしっかりしていれば大丈夫です。
    >モスクワ駐在さん
    どうもありがとうございます。
    そちらの寒さは想像を絶するレベルでしょうね。
    日本の寒さ程度であれば楽勝でしょうか。
    >こぶらさん
    体脂肪を付けるということではなく、着る毛布ですか。
    どんなものか想像付きません。
    >かなぶん さん
    競売で土地をゲットですか。良いですね~
    土地があるといろいろ遊べて飽きないですね。
    >湯たんぽさん
    手荒れでボロボロになって辛かったですね。
    手袋をして寝るだけでこんなに症状が改善されるなんて思いませんでした。