ガルバリウム波板の張り付けなど

こんにちは。からあげです。

今日は朝から曇りで日が差さなかったので快適に作業できた。
天気予報では明日から雨のようなので、今日中に波板を張ってしまうことにする。

スポンサーリンク

本日の作業

鼻隠し取り付け・位置調整、屋根材の下地取り付け、ガルバリウム波板の張り付け、破風板試しに取り付け


2014-06-04-074844

まず、昨日水性ペンキで塗装しておいた鼻隠しを取り付ける。

2014-06-04-075852

続いて波板の下地となる横桟を取り付ける。
初めに南側の一番高いところを取り付けた。
あまり端っこに寄せると取り付けの強度が落ちるような気がしたので、あえて少し離してみた。
他は仮置きして間隔を検討してみる。

2014-06-04-080257

横桟は半分くらい廃材を利用する。
購入したものは幅50mm厚さ25mm長さ4000mm弱のアカマツ材5本
微妙に高かった。
短いので端材を継ぎ足して使用した。
横桟は、垂木位置に55mmのスリムビスを2本ずつ打って取り付けた。

2014-06-04-081315

今回購入した波板は、ガルバリウム波板で全部で16枚
トタン板より耐久性があって太陽光を反射するハイテクなものらしいので、思い切って購入してみた。
まずは南北方向に波板を仮置きして重なり幅がどれくらいになるか確認する。
購入したのは、7尺(2,120mm)なので余裕がある。

2014-06-04-092006

横方向にも並べて確認する。
2.5山重ねても余裕がありそうだ。

2014-06-04-092120

下に降りてチェックする。
波板の張り付けはやり直しが出来ないので、慎重に確認する。

2014-06-04-093444

釘はガルバリウム波板専用の41mmスクリュー傘釘を使用する。
抜けにくいように螺旋状の溝が付いている。
3山~4山(重なり部分は2山)毎に打っておいた。
釘打ちを失敗しても釘抜きは使用出来ない。
傘部分をプライヤーなどで挟んで左回りに回しながら引っ張って抜かなければならない。

2014-06-04-103258

横桟は全部で8本入れたが、等間隔とはしていない。
(計算が面倒だった。)
端っこの方を若干間隔を狭くする可変システム(業界初!)を導入した。
横桟の間隔は、400mm~600mm
下地の準備が終わったので、意を決して釘を打つ。
もう後戻りは出来ない。
私の人生にもあったような気がする。

2014-06-04-111628

高い方の軒先は50mm出しておいた。
あまり出すと風に煽られて釘が抜けたり、波板がバタ付きそうなので、控えめにしておいた。

2014-06-04-113105

低い方の軒先は、150mm出した。
背後に杉檜が生えているので、冬期の季節風の影響が少ないと判断した。
バタバタするようならハサミで少しカットする。

2014-06-04-131232

ついに気になっていたことが起こる。
横桟固定ビスに当たって傘釘が入らない。
斜めにして打ち込もうとするが、斜めすぎて隙間が出来てしまうので、やむなく隣の山に打つことにした。
スリムビスとは言え、頭が大きいので邪魔になる。
釘穴は布テープを貼っておいた。
そのうちシリコンで固めるつもり。

2014-06-04-131904

普通の傘釘

釘は、ガルバリウム波板専用傘釘1キロ入り(約350本)1箱を購入していた。
思いの外消費が多くてなくなってしまい、途中から実家から持ってきたシンプルな38mmの傘釘を打つことになった。
単にグレーに塗装したストレートの釘なので強度と耐久性が劣ると思われる。

2014-06-04-133400

波板を張り終えたところ。

波板の重ね幅は、縦方向に380mm、横方向は2.5山(最後の方は少し余裕があったので、3.5山とした。)
釘は3山~4山毎に打ち付けた。
初めの何枚かは釘を打つところになる横桟の位置をマークをせずに目見当で打ってしまったので、下地を外したところがいくつかある。
色がシルバーで光を反射するので、目が疲れてきて途中何本か失敗した。
今日は陽が照っていなかったが、晴天の日はサングラスが必要と思われる。

2014-06-04-135643

高い方の軒先の波板に随分と隙間が出来てしまったので、鼻隠しを上げて隙間を少なくした。
これで雨水の侵入が防ぐことが出来るのではなかろうか。

2014-06-04-150242

高い方の軒先を見上げる。
屋根自体が歪んでいるので、波板の端が揃っていない。
これも味ということにしておこうか。

2014-06-04-151651

こちらは低い方の軒先。
これといった防水処理はしていない。
ルーフィングは野地板合板から10mm出しただけ。
(サイズがギリギリだった。)

2014-06-04-150254

両サイドの波板は3山程度出している。
曲げて垂木に釘で止めようと思っていたが、試しに破風板を取り付けてみるといい感じになった。
端材を使うので何本か繋ぐ必要がある。
(資材置き場から漁ってきたもの)
見た感じ水切りの取り付けは不要と思われる。

2014-06-04-151712

北側から山小屋の様子を撮影する。
屋根の色が目立ち過ぎる他は問題ない。
山林内に突如現れた光る物体は一体なんなのか!
 
2014-06-04-153332

今日の作業はこれまで
3時過ぎに作業を終えて後片付けを行った。

作業ポイント!

横桟の取り付けは、ルーフィングを貼り付けてからの取り付けとなるので、しっかりとマークしてからビスを打ち込む。
波板の取り付けは、失敗すると釘穴が空いてしまうので、下地の横桟の位置をしっかりマークしてから注意して行う。
新品の波板の上は、勾配が緩くても非常に滑りやすい。
(地下足袋を履いた方が良い。)
ガルバリウム波板は光を反射して眩しいので、晴天の日はサングラスが必要。

今日、波板を張り終えて屋根が完全防水となってくれた。
屋根の上での作業は、初めのうちはグリップの良いルーフィングの上を歩くことが出来たので問題なかった。
最後の方になって波板の上を歩くようになると途端に滑りやすくなって作業効率が落ちた。
滑らない靴底の安全靴だから良かったものの、膝を付くと滑ってしまったり、道具を置くと下に滑り落ちてしまったりして厄介だった。

波板の張り付け作業は簡単だが、重ね幅や釘を打つ間隔などのコツが分からないので、随分と考えた。
実家の物置の解体作業を思い出した。
ネットで調べれば直ぐに分かるが、それでは面白くない(パソコンを起動させるのが面倒なこともある)ので、自分で考える。
そのため鼻隠しの位置調整が必要となってビスを打ち直したため、ビス穴がいくつも空いてしまった。
しかしそれくらいでは雨漏りしないだろうし、これも勉強だと思って試行錯誤で作業を行っていく。
他にも考えたら、床のコンパネに下地がないところが多いので、補強材と称する木を入れてゆく必要がある。
しっかりとした図面があれば、このような無駄な材料を使わないで済むが、初めての山小屋だから仕方ない。
(素人では、図面があっても設計通りに作るのは不可能)

なんでこうもあれこれ引っかかってしまうのか、自分でも驚いている。
逆に初めからすんなりと事が運んでしまうと考えることをしなくなるだろうから、これで良しとしようか。

計画どおりに進まないセルフビルドって本当に面白い。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ガルバリウム波板の張り付けなど』へのコメント

  1. 名前:かなぶん 投稿日:2014/06/05(木) 16:28:24 ID:589fc6ab0 返信

    以前TVで見たんですが、真夏は暑いんで、トタンの上に、アルミの空き缶に適当に穴を空けて、釣り糸で縦に数珠つなぎしてトタンの上に並べる、ずり落ちないように全体的か、部分的に、ヘチマ網などを被せておく。
    そうすると、太陽光がトタンの手前のアルミ缶に当たって、屋根と屋内が暑くならないそうです。
    アルミ缶は穴が開いているのでそこで対流が起きて篭る事はない。
    それと、床下ですが、ビニールシートか、廃品の発泡スチロール板を敷きまくると床下からの湿気がだいぶ防げます。石で重しすればよい。
    完全でなくてもかなり効果があると思います。耐久性や、シロアリを考えたらやった方がよいと思います。
    それか、太陽光発電で回りっぱなしのミニ換気扇みたいなものを1台取り付けて、床下に絶えず空気を送り込む。
    どうせなら、床下収納も作って、簡易冷蔵庫にしたらどうでしょうか?熊が出てもいいように、石で周囲と、ふたをしてみては?
    一考してみてください。

  2. 名前:からあげ 投稿日:2014/06/05(木) 18:19:24 ID:93a6b2328 返信

    >かなぶんさん
    どうもいろいろとアイデアありがとうございます。
    また検討してみます。