ジムニー(JB23W)のスパークプラグとエアフィルターの交換

こんばんは。からあげです。

今朝は寝坊して起きたのは5時半だった。
今までの疲れがどっと出てきたみたいで体が重たかったので堪らず二度寝した。
自分の全てがトレーニングを拒否しているみたいだったので止めた。
実家に来てからというもの、蒸し暑さに少し参っているのかもしれない。
朝ご飯を食べて少しゆっくりしてから早速愛車の整備を行うことにした。

2014-06-26-112806

まずはエアコンプレッサーの修理を行う。
これはエア漏れを起こしている圧力調整弁。
ねじ山が少し馬鹿になっているみたいで隙間からエアが漏れる。
シールテープを巻いてみたが効果なし。
これが無くても実用上は問題ないので外すことにした。

2014-06-26-121727

奮発して新しいエアホースを5m分買ってきた。
調整バルブを外してエア漏れがなくなったので、MAXの0.75Mpaまで充填してストップしてくれるようになった。
今まではなかなか圧が上がらなくて使い物にならなかった。
よし!これでいけるぞ。
機械いじりにエアがあれば鬼に金棒、パンツにうんちだ。

スポンサーリンク

ジムニー(JB23W-8型) スパークプラグの交換

 使用工具 

+ドライバー
-ドライバー
8mm、10mmソケット
ラチェットハンドル(エクステンションバー付き)
16mmプラグソケット
10mmコンビネーションレンチ

2014-06-26-122111

昨日、スパークプラグが届いたのでまずはプラグ交換を行う。
まずは黒色のインタークーラー(以下ICとする)の保護カバーを外す。
赤丸の+ビス4本をドライバーで外す。
ドライバーは一番大きいNo3を使うとジャストフィットする。

2014-06-26-125535

手前にあるIC固定用のボルト(頭10mm)
左横の戻しパイプ?の固定ボルト(同じく頭10mm)の2本を外す。
そしてIC出入口のエアパイプのホースバンドを外してICを取り外す。

2014-06-26-130241

外しにくかったのでエアパイプごと取り外した。
軽く持ち上げるだけですんなり外れた。
アルミフィンは柔らかいので扱いに注意する。
軽くゴミが付いていただけだったので、エアを吹かしてOKとした。

2014-06-26-130458

ICを外したところ。
随分とスッキリした。

2014-06-26-130528

さて続いて奥の方のIC固定金物のボルトを抜いて金物を奥の方に押しやっておく。
10mmのボルト3本を取り外して金物をプラグ抜き出しの邪魔にならないようにフリーとする。

2014-06-26-130539

右奥のボルトにはラチェットが入らないので、10mmコンビネーションのメガネ側を使う。

2014-06-26-131527

8mmのボルト3本を抜いて黒いプラグカバーを取り外す。
おっとこれは締め過ぎだ!
もう少し優しく扱って欲しい。
 
2014-06-26-131904

プラグの上に乗っている物体を取り外す。(名称が分からない。)
1つに付き10mmのボルト1本。
一番奥はIC固定金物に付属しているホースが邪魔になるので、やさしくかわして外す。

2014-06-26-132109

ここで16mmプラグレンチの登場だ。

ホームセンターであれこれ迷って汎用性の高い、ラチェットハンドルに付けるソケットタイプを購入した。
専用のプラグレンチは嵩張る割にイマイチ使い勝手が悪そうだった。

2014-06-26-132125

奥の方にゴムの筒が入ってプラグの脱着時に抜けないようになっている。

2014-06-26-132634

プラグを取り外しているところ。
ラチェットにはエクステンションバーを装着。

2014-06-26-133155

プラグを抜き出したところ。
なんと!デンソーのIXU22HPRが装着されていた。

2014-06-26-133209

電極のアップ

すき間ゲージで隙間を計測してみると、エンジンルーム手前から

0.85mm、0.95mm、0.95mm

走行距離45300km、3年経過で今回が初交換
電極の隙間の規定値は、0.7~0.8mm

2014-06-26-133326

随分前に購入したすき間ゲージ。
こいつを今回初めて使ってみた。
0.1mm単位のゲージで大まかな数値を知ることが出来る。

2014-06-26-133618

これが新品のプラグ。
NGKのLKR7BI8でスズキ指定の型番。
新品の電極の隙間を測ってみたら、0.75mmくらいだった。

プラグの取り付けはトルクレンチを持っていないので、下記リンクの説明のようにガスケットが取付座に当たってから180度締めることにした。

参考リンク
NGKプラグスタジオプラグの取り付け方のページ
(いろいろ参考になる記事が満載のサイト)

 
2014-06-26-134518

名称が分からない。
電気コードの長さがそれぞれ違うので順番を間違って取り付けることはない。

2014-06-26-140327

ヘッドカバーに錆が浮いていたので、真鍮ブラシで磨きCRCを吹いてウエスで拭き上げる。
アルミのひかり具合に満足する。

2014-06-26-143853

元通りに復旧したところ。
スパークプラグの交換はICを取り外してからの作業となるが、慣れれば簡単だ。
何も問題はない。

2014-06-26-142508

NEWアイテムが支給されました!

アストロプロダクツ製のドレンプラグソケット10mm

ソケット自体の値段は356円と非常にリーズナブル。
作りも見た感じ問題なさそう。
送料の方が高くついた。(HCに売っていないから仕方ない。)
トランスファー、デフ、トランスミッションオイル交換に必要な工具だ。

2014-06-26-150242

ブレーキフルードのリザーバータンクを開けてみた。
汚れて茶色になりかけている。
もうこれは交換以外ありえない。

2014-06-26-160235

今後の整備に備えてジムニーの下に潜り込んで作業のシミュレーションをしてみた。
一番の難所となりそうなトランスミッション(MT)のフィラープラグ
10mmのプラグソケット単体を差し込んだだけでスペースがなくなった。
これはラチェットハンドル(9.5mm角)をそのまま差して回すしかないようだ。
このプラグは消耗品だな。

2014-06-26-160251

手前がドレンプラグ。
こちらの方はスペースがあって問題ない。
今回はデフ、トランスファー、トランスミッションの3つを全て交換する予定だが、TMは最後にすることにしようか。

ジムニー(JB23W-8型)エアフィルターの交換

使用工具

不要(強いてあげればジムニーに対する愛情)

2014-06-26-164605

そろそろ片付けでもしようかなと思っていたところ、またまたNEWアイテムが届いた。
これはモノタロウのエアフィルター

スズキ純正品の型番 13780-81AA0

フィルター税込みで567円。安すぎる!
やるなモノタロウ。

2014-06-26-164621

エアフィルターの交換はとっても簡単。
まずフィルターボックスの黒いホースを取り外す。
そしてボックス4隅のポッチを外すだけで蓋が外れる。

2014-06-26-164755

エアフィルターの表

右が新品で、左が使用済み。
新鮮エアはフィルターの下から上側に抜けるので、表の汚れは比較的少ない。

2014-06-26-164808

エアフィルターの裏

汚れ具合がはっきりと分かる。

暇だったのでフィルターのひだを数えてみると純正品が17個モノタロウ製が21個でなんとモノタロウのほうが数では圧倒していた。
しかし、フィルターの性能は見た目でははっきりと分からない。
モノタロウ製は安いからこまめに交換しようと思う。

今日はついうっかり更新を忘れてしまうところだった。
危ない危ない。
実家暮らしでもうダラケてきてしまったのか。
よし明日は朝トレに行くぞ!
寝るか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ジムニー(JB23W)のスパークプラグとエアフィルターの交換』へのコメント

  1. 名前:chiponeko 投稿日:2014/06/26(木) 22:37:13 ID:589fc6ab0 返信

    こんばんは。
    ブレーキオイル...かなり変色していますね。道具の写真を明日upしますね。