カブトムシ取りデビュー

 こんばんは。からあげです。


今日は朝から曇りの天気で昨晩干しておいた洗濯物はあまり乾かなかった。
なので車中泊時代にやっていたダッシュボード乾燥機をやりながら職場に向かうことにした。
しかし直ぐについてしまうのでほとんど変化は無かった。

最近は朝の目覚まし代わりにセミのひぐらしが鳴いてくれて自然に目が覚める。
もちろん寝坊しないように目覚ましをかけて寝ているけど、やはり自然な目覚めには敵わない。


今日の天気予報は夕方から雨だったんだけど、山が近いので昼前からポツリポツリと雨が降りだした。
雨が降る前のニジマス池は盛り上がっていて針を入れると入れ食い状態で大忙しだった。
私も若干の余裕がある時にお客さんの魚を捌かせて貰って徐々にマシになっていった。
しかし雨が大粒に変わる頃になるとピタリと魚が釣れなくなり、それまで大盛り上がりのニジマス池周辺に重たい空気が漂う。
待てども待てどもニジマスは釣れない。
全く餌に興味を示さない。
とうとう子供が飽きてしまいギブアップするお客さんも出てきた。
そういう釣れないお客さんにはサービスでタモで掬ってあげる。
釣りに飽きていた子供達は魚を捌いていると興味津々で寄ってくる。
あれこれ聞いてくるので適当に答えながらおっさんは必死になって捌いてる。
多少やったので昨日よりはマシになった。
串刺ししても魚が生きていると子供が喜ぶので修行して短時間で処理出来るようにしたい。

2014-7-13


今日は初めてカブトムシ取りのお客さんの相手をすることになった。
事前の説明と先輩の仕事の様子を見てから、いよいよ私の出番となった。
網で囲った森の中にカブトムシを離してお客さんに手で掴んで貰うんだけど、早めに離してしまうとカブトムシは危険を察知して影に隠れてしまう。
お客さんが来る頃にはどこに行ったか分からない状態になるので、出来るだけギリギリまで待たないといけない。
かと言ってお客さんを待たせる訳にいかないので、この離す時の微妙なタイミング知るには熟練する必要がある。
カブトムシが怖くて触れない子供もいたりして微笑ましい。
しかし私には余裕がないのでもう必死の形相のおっさんとなってる。
必死のおっさんと怯える子供。
カブトムシの柵の中はまるで地獄絵図。笑うしかない。
ニジマスといいカブトムシといい、仕事内容は簡単なんだけどコツがいる。
見た目は簡単そうなんだけど、やると想像以上に手応えがある。
こういう仕事を軽くこなせるおっさんになるとカッコイイんだろうな!
またカブトムシ取りは値段が高くてイマイチ人気がないので客引きをする必要がある。
興味をもったお子さんに狙いを付けて言い寄っていって親にお金を出して貰う。
お客さんに声を掛けるなんて何十年ぶりなんだろうか。
新鮮な感覚だ。
山で過ごしていると単調でマンネリ化してしまうが、たまにはバイトに出て社会で揉まれるのも悪くはないな。
バイトが無事終了して30万円を握りしめる頃には一回りビッグになったおっさんとなっていることだろう。
(太る訳ではない)


キャンプ場にやってきた子供達が思い出を作って町に帰ってくれればいい。
詳しくは覚えてないが、私も子供の頃キャンプに行って凄く楽しかったという記憶がある。
ちょうど飲みに行って泥酔し記憶を飛ばした時のように、昨日は楽しかった気がする。というあの感じだ。
そういう記憶が子供たちの中に残れば、将来人生を大きく変えるきっかけとなるかもしれない。
まあ少し大げさだが、こういう仕事も悪くはないな。

明日はバイト先でBBQパーティーがあるのでブログ更新は休みとなる予定。
久しぶりの肉だからいっぱい食べて栄養をつけようと思う。


おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『カブトムシ取りデビュー』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2014/07/13(日) 21:43:00 ID:589fc6ab0 返信

    大変だと考えると嫌になるから、大変を楽しんじゃいましょうよ。色々経験できて、スキル上がって楽しそうですよ、からあげさん!この経験はこれからのからあげさんの生活に必要なものだと思いますし。
    写真がないのが残念ですが、問題なければ仕事後の何か景色の写りこまないアップの写真などあれば、是非お願いします。

  2. 名前:野生児 投稿日:2014/07/13(日) 23:38:52 ID:589fc6ab0 返信

    こんばんわ。いつも楽しく拝見させて頂きまして真に感謝いたします。
    からあげさん、かなり必死で頑張ってますねo(^-^)o
    【必死のおっさんと怯える子供。】これ読んで、しばらく笑いが止まりませんでした・・・・(すみません)
    しかし、からあげさんの仕事へのチャレンジ精神?見習うモノがあります。なんて言うか、からあげさんは、仕事を嫌がってないと申しますか、仕方なくやっているみたいな感じが全くないように見受けられます。私個人の意見ですが、からあげさんは、【半ばは自分の為に。半ばは他人の為に】のバランスを自然にとっているような…。ちなみに、この半ばはなんたらってのは、少林寺拳法やっている人は、必ず知ってます(笑)
    文章が、限りなくまとまりがなくなってしまいましたが、いつも、からあげさんには、元気と知恵と勇輝を貰っています。明日は飲み会?(笑)だそうで。楽しんでください。
    いつか私も、からあげさんの様になれたらいいかな?
    でわでわ、おやすみなさい。