海技免状の失効

こんばんは。からあげです。

今日も無事アルバイト終了。
特に書くことはないし、書きたくもない。
あと残り3日を淡々と過ごすのみ。

2014-8-17

ところで、私は長年機関士として船に乗っていた。
船舶職員として船に乗り組むためには資格が必要で、大型船舶の免状は航海、機関、通信の3種類あって私は機関の4級を持っていた。
大型船舶の免状を取得するためには学科試験と口述試験に合格する必要があって、さらに乗船履歴がないと口述試験が受けられない。
乗船履歴とは船に乗って航海士、機関士として仕事をする経験年数のことで、この乗船履歴が一定数以上ないと海技免状を取得できないようになっている。
このような仕組みとなっているので、海技免状を持っていない一般人が大型船に乗ることはほぼ出来ないようになっている。
それで船員になるために船員養成学校に行って乗船履歴を取得しなければならない。
船員になるためには、イチイチ面倒なステップを踏む必要があって年数が掛かるので、若者の船員離れにますます拍車が掛かってしまう。

海技免状は5年毎の更新で、身体検査や乗船履歴が必要であるが、現役で船員をやっていれば更新に必要な乗船履歴は得られるので全く問題ない。
今回の私の海技免状の更新期日は今年の8月15日までだったけど、更新手続きをしなかったので、つい最近失効してしまった。


私のように船を下りて陸に上っても、しばらくは直近の乗船履歴で免状の更新が出来るんだけど、身体検査と更新手続きの費用が惜しかったので、そのまま失効させた。
もう船に縛られる軟禁状態の生活を送りたくないので、船とは縁を切ることにしたのだ。

ただ取得が面倒な海技免状だけあって、自動車の運転免許証とは違い、失効講習を受ければ海技免状を復活出来る。


海技士の海技免状の失効再交付について(関東運輸局)
小型船舶更新失効講習(JEIS中部)


私の場合は、失効期間が5年未満で4級機関なので、11,000円程度(身体検査費用は除く)の費用で再交付出来る。
今のところ、もう船に乗る気はないが、将来何らかの理由で乗船したい場合にも対応出来る。
だから念のため(記念のため)失効した海技免状を保管しておこうと思う。
ひょっとしたら年に2,3ヶ月だけでも乗船出来る船が見つかたら、船に乗ることもあり得るかもしれない。
まあ将来の選択肢は多いに越したことはないので、あまり頑なに拒否しないで柔軟に対応しようと思う。
明日は休みだ。
今回も予定はたてない。好きなようにゆっくりしようと思う。


おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『海技免状の失効』へのコメント

  1. 名前:ほへ太郎 投稿日:2014/08/28(木) 08:26:12 ID:589fc6ab0 返信

    もったいないですね。
    免許があれば、いつかは役にたちそうです。
    海の仕事なら、からあげさんの年齢でも
    受験できそうな初級公務員でもありそう。
    僕も教員免許を更新しました。役にたつかもしれないから。

  2. 名前: 投稿日:2014/08/29(金) 07:19:02 ID:589fc6ab0 返信

    毎日お疲れ様です。
    海技免状の失効というタイトルにびっくりし、あまりにも勿体無いと思いましたが、復活させる事が出来るようでホッとしました。船員仕事にあまり良い思い出はないようですが、完全に失効するのはあまりに惜しいですからね。
    ところで船という事で、寺尾聡の歌で出航~SASURAI~を思い出しました。
    その中の歌詞で、
    「いつの日か この俺も 生命 尽き果てるなら あの雲にまかせて 遥かに彷徨い歩く 生きてゆく道連れは 夜明けの風さ」
    「自由だけを 追いかける 孤独と引き替えにして」
    というのがありますが、それがまさにからあげさんの生き様なような気がしたからですし、私を含めた単身で奮闘している全ての人に当てはまるなと思ったのです。