寒い夏

こんばんは。からあげです。

今日もアルバイトが無事終了。
一日中草刈りをやっていたので、刈払機の扱いに随分慣れた気がする。
バイトは残りあと1日となった。
明後日からは好き勝手な生活を送ることが出来るので、気ままな生活が非常に待ち遠しい。

2014-8-30

ところで今年の夏は寒すぎる。そして雨が多すぎる。

最近の最高気温は23~25度、最低気温は18度くらいで寒暖の差が少なく日中の気温が低いので、肌寒く感じる日が多い。
梅雨明け直後は晴天が続いて連日日中の気温は30度を超えていたんだけど、お盆頃からは頻繁に雨が降っているような気がする。

どうせアルバイトで拘束された生活を送っているので構わないんだけど、山林内は湿気が多くて洗濯物が乾きにくいので困る。
車をアイドリングさせてダッシュボード乾燥させているから毎日の着るものには困らないが、ガソリンが勿体無いし無駄な排気ガスを出しているので気分が良くない。

山小屋はまだ完成前で窓が付いていないところが多いので、雨が続くと小屋内も若干湿気っぽくなる。
ロフトの敷物のゴザにカビが生えるようになってしまったので、早く天日でゴザを干したいと思っているが、なかなかそのチャンスがやって来ない。
今日は夕方から降りだした雨で少し体が濡れて寒気がしたが、小屋に戻って来ても窓がなくて小屋内は寒く落ち着かない。
これでは少し辛いので、バイトが終了したら早めに窓を作って取り付けることにする。
今まではバイトが忙しかったし、特に必要性を感じなかったので、窓なし生活を送っていた。
それでも、はやり快適な生活を送るためには窓は必要だ。
窓の他に小屋の雨よけをブルーシートタープに頼りきっている状態なので、西側だけでもしっかりとした屋根を取り付けたい。

ブルーシートタープだと風や雪に弱いし、見た目も良くないし、雨が吹き込んで荷物が濡れることもあるので早めに作業をしたい。
ちょうどバイト先から単管パイプとクランプを貰ってきたところので、西側の屋根は単管パイプで骨組みを作って波板を屋根材とすることにする。
取り敢えず屋根だけ作ってしばらく様子を見て、必要であれば壁の設置を考えようと思う。
他にも冬に備えて薪割りをやり始めたころだけど、雨が続いているので、作業はあまり進んでいない。
山積みされた丸太を腐らないうちに片付けて庭をスッキリとさせたいところなんだけど。

薪ストーブの設置は、恐らく四国遍路から戻って来てからの年明け頃となるだろう。
機種の選定は済んでいるので、ネットで購入して窓と屋根の工事に引き続いてやればいいんだけど、ジムニーの車中泊用のベッドを作ってから秋山登山に出掛けるので、やってる時間がない。
断熱材入の小屋があるから薪ストーブの優先順位は低いし、なにより薪が出来ていない状態なので、早めに設置しても仕方がない。
あれもこれもといっぱい作業をすると疲れてしまうので、自分のペースでじっくりゆっくりと作業を進めたい。
よおし1つずつ片付けて今年の冬は快適な山小屋生活を送るとしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『寒い夏』へのコメント

  1. 名前:いっちゃん 投稿日:2014/08/31(日) 00:29:26 ID:589fc6ab0 返信

    明日でこのバイト終わるね。
    なんやかんや言ってたけど、辛抱して辞めなくてよかったと思う。
    おかしな天気だね。
    私の所も熱帯夜1日もなかったと思う。
    寒いわ。