嬉しい知らせがやって来た

こんにちは。からあげです。

今朝はこの秋一番の冷え込みで9度だった。
立派な小屋を建てたお陰で、小屋内の温度は14度くらいで少し寒いかなという程度だった。
まだ窓を完全に閉められない状態なのに、このくらいの断熱性能があれが冬は何不自由なく乗り越えられる。
薪ストーブの導入を考えているが、設置の必要性が少し無くなってきた。
厚着で過ごすのもエコでいいが、たまには薄着で本を読んで寛ぎたい。
折角、敷地内の伐採で手に入れることが出来た良質な薪があるからそのうち取り付けることにしようか。

2014-9-19-1

今回の買出しは少し多め。
出来るだけ作業に集中出来るように多めに購入しておいた。

ところで、昨日日本献金年金機構からお知らせがやって来た。
何だろうなと通知を開いてみると国民年金保険料免除承認通知書だった。

全額免除

平成26年7月~平成27年6月

国民年金の全額免除は会社を退職してから現在までずっと受けている。

現在の一月あたりの保険料は、

15,250円

でこれは物凄い金額だ!

徐々に年金の受給額は下げられ、受給開始年齢は引き上げられている。
そして通信会社の料金みたいにシステムが複雑になっていて簡単に受給額や受給開始年齢が分からないようになっている。
さらに前納割引制度とかもある。

もうこんな怪しい制度は当てには出来ないので免除でかわして自分で自分の年金を作ることにする。
今を犠牲にすることなく、出来る範囲でコツコツと積み立ててゆく。
高収入の人は収めるしかないが、低収入であれば選択権がこちらにある。

なお、全額免除は全額納付より得をするというわけはなく、国庫負担分のみの支給なるので支給額が低くなるだけだ。(選択権があるだけ有利かもしれない。)
途中で気が変わった場合は、免除分を追納することが出来るので安心だ。
(ただし追納できるのは、追納が承認された月の前10年以内の免除等期間に限られる。)

収入がなくて保険料を滞納して放置している人は是非この免除の制度を利用して将来年金を受け取れるようにして欲しい。
簡単な書類を提出するだけで免除を受けられる。

全額免除を受けられる身分だといってあまり浮かれている訳にもいかない。
それは低収入だから受けられるだけだからである。
私はこのまま低収入に甘んじる気は全くないので、今後自分の力でお金を稼ぐことが出来るようにやってゆく。

参考 

日本年金機構(公式HP)

2014-9-19-2

気持ちの良い秋晴れで身も心も軽やかだ!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク