MSRガソリンストーブ XGK-EX

こんにちは。からあげです。

昨日は北風が吹いて寒かった。
あまりに寒いので夕方今季初で防寒ズボンを履いた。
今までは下は登山ズボンだけであったが、風に吹かれるとスースーして寒くなってくるので、やせ我慢せずにズボンを履いた。
だけど今年もパッチだけは絶対に履かない。
あれを履くとオヤジ臭くなるから嫌いだ。
私はおっさんであってオヤジではない。

ところで今日はこの前購入したMSRのガソリンストーブXGK-EXの使用感などを書いていこうと思う。

MSR ガソリンストーブ XGK EX

今年の秋山登山に持っていって使ってみるとストーブの特性や扱いが少しだけ分かったのでこの場を借りて紹介する。

2014-10-28-1

ストーブ付属品一式

左下のハードケースにストーブ本体、燃料ポンプ、メンテナンスキット、チャッカマンを入れている。
丸っこい遮熱板と波打って横になっている風防は嵩張って入らないので、別の収納袋に入れている。
付属のソフトな収納袋には別の道具を入れている。

各重量
風防59g、遮熱板、18g、燃料ポンプ66g、ストーブ本体326g、メンテキット47g(ケース込み)、ハードケース134g、チャッカマン31g

2014-10-29-1

ハードケースは、EPIのガスストーブAPSA-Ⅲ用のものがジャストフィットした。
メンテキットは購入時付いてきた最低限のもので、100均のケースに詰めてハードケースの底に入れている。

2014-10-28-2

ストーブの五徳を折りたたんでいる。
燃料ホースはフレキシブルなので曲げて収納できる。
五徳を左に回すとコンパクトに折りたためる。
折りたたんだ状態でも強度は十分。

2014-10-28-3

収納時のストーブの裏面
三角に折りたためるようになっている。

2014-10-28-4

横から見たところ。邪魔な出っ張りはない。
頑丈な作りなので軽く踏んだくらいでは壊れない。
(あくまで自分の感想。)

2014-10-28-5

3本足の安定感抜群のストーブ

2014-10-28-7

ストーブの中心部をアップ
初期状態ではGKジェットが取付けられている。

2014-10-28-6

燃料パイプのアップ
中のケーブルは取り外し可能で、掃除が出来るようになっている。

2014-10-28-14

メンテナンスキット

購入時の付属品
上から
左上 Xジェット(軽油、ジェット燃料用)
右上 燃料パイプOリング
ジェットクリーニングワイヤー
ジェット&ケーブルツール
ポンプカップオイル

2014-10-28-9

遮熱板と風防
アルミ製なので畳んだり広げたりすることが出来る。
多少の風なら立ち消えすることはないが、燃焼効率アップのために使っている。

2014-10-28-10

燃料ポンプその1
燃料ポンプには、新型と旧型、ドラゴンフライ専用の3つのタイプが用意されている。
これは新型タイプ。

2014-10-28-11

燃料ポンプその2

2014-10-28-12

燃料ポンプその3
ポンピングし過ぎると何かの拍子にポンプシール(丸っこい赤色の部分)から燃料が漏れる。
初めの頃は分からずにポンプしまくって無闇に圧を上げていた。

2014-10-28-13

燃料ポンプその4

2014-10-28-15

ストーブをセットしたところ。
燃料ボトルは中間の20OZを取付けた。

秋山登山で実際に高所で使ってみて分かったこと。

火力が強い
2500m以上の高所だろうが、ポンプしてボトルの圧を上げさえすれば轟音とともに燃焼してくれる。ストーブの性能は全く問題なし。火力調整はほとんど出来ないので、繊細な料理には不向き。

ストーブ本体が丈夫
見た感じ丈夫な作りなので軽く踏んだくらいではびくともしないと思われる。
燃料ポンプは強化プラスティック製なのでストーブより丁寧に扱いたい。
ストーブ本体にはシェイカーニードルと呼ばれるクリーニング用の部品が取付けられているので、本体を振れば簡単にジェットのクリーニングが出来るようにもなっている。

燃焼音が多少気になる。
早朝のテントサイトで周りが寝静まっている時に使用するには躊躇われる。
昼間なら大して気にならない。
一時期、ウィスパーライトインターナショナルを購入しようと思ったほど。

プレヒートに気を遣う。
まだ取扱いに慣れていないため、万全を期して雨天でも外でプレヒートを行った。
テント内で行って失敗するとテント火災を起こしてしまう。
ただプレヒート自体は特に面倒だとは思わない。

燃料の管理が楽。
燃料ボトル大小合わせて2つ持っていった。
小さい方をストーブに接続し、少なくなると大きい方からそのままフタを開けて移していた。
ボトルの口の形状がいいので、そのまま移し替えてもポタポタと溢れることはない。

と以上の点だ。

参考までに動画をUPしたのでリンクを貼っておく。
スマホのチャチなカメラで撮影したためか、実際の燃焼音より小さく感じる。
現在、動画は削除したので見られないようになっている。

四国遍路には、このXGKを持ってゆくことにしている。
燃焼音が多少大きいのでゲリラキャンプには不向きと思われる。
そこは工夫してなんとか気に抜けようと思う。

さあて四国遍路の準備をしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『MSRガソリンストーブ XGK-EX』へのコメント

  1. 名前:ケチャマン 投稿日:2014/10/28(火) 13:26:07 ID:4349d9e0a 返信

    遍路中は煮炊きをこのストーブで行うそうですが燃料はどこで入手するつもりですか?

  2. 名前:資格マニアもどき 投稿日:2014/10/29(水) 00:05:03 ID:bc2068f08 返信

    からあげさん、こんばんは。
    いろいろお試しになった結果、MSRガソリンストーブが一番と言う事ですね。動画拝見したところ結構音が大きいですね。朝晩の使用時には通報されないようご注意なさって切り抜けて下さいね。あと冬は防寒用ズボン一枚だけですか?すごいです!装備品の準備頑張って下さい。

  3. 名前:karaage 投稿日:2014/10/29(水) 20:40:31 ID:a75655810 返信

    ケチャマンさん
    通りすがりのガソリンスタンドです。
    そのために消防法適合の携行缶を買いました。

    資格マニアもどきさん
    初めてのガソリンストーブなのでどれがいいかは分かりません。
    しかしこのストーブがあればどこへでも行けそうな気がします。