アウター・ジャケット KLATTERMUSEN BILSKIRNER

こんばんは。からあげです。

こちら白馬の方は大雪となっている。
昨日も50センチほど積った。
今年は例年以上の大雪ということで、雪かきも大変なようだ。
私はスキーのついでにバイトに来たようなものなので雪は大歓迎だ。
もっともっと降って欲しい。
ただ、あまり積りすぎるとリフト下のスペースが無くなって、リフト下が滑走出来なくなるかもしれないの程々に積もればいいかな。

今日は日曜日で昨日同様にお客さんがたくさんやって来てゲレンデは少し混雑していたが、いつものように昼の中休みでスキーの練習を行った。

20150215-112629-0

テレキャビン軌道下にある倉庫
随分と屋根に雪が積もってしまっている。
もこもこの屋根が可愛く見える。

20150215-113732-0

今日のいいもりゲレンデパウダースノーコース
昨日に引き続きいいもり第6ペアリフトはダブルで運行する。
降雪のため視界不良。圧雪の上に新雪が積もっているため、板を取られやすいコンディションだった。

20150215-114006-0

リフトの支柱にも雪が多く積もっている。
一体どれだけ積もってしまうのか。

20150215-125719-0

いいもりゲレンデ ソフトクリームコース
いつもははっきりと見えるレストハウスいいもりだが雪のため霞んで見える。

20150215-130518-0

ミルキーフォーリフト降り場
雪を纏った杉の木が目印となっている。

20150215-131438-0

いいもり第6ペアリフト降り場
降り場付近は広く平らになっているので、ここで態勢を整えることが出来る。

20150215-131211-0

とおみ第2ペアリフト上よりとおみゲレンデ上部方向を写す。
とおみゲレンデは雪質が良くて非常に滑りやすい。
お客さんが少ない平日が狙い目か。

20150215-132203-0

とおみゲレンデスカイフォーリフト乗り場周辺
今日は5分程度のリフト待ちが発生していた。(午後1時半ごろ)

今日もいいもりのパウダースノーコースを繰り返し滑った。
雪が多く積もった影響で昨日より凸凹があってゲレンデのコンディションは良い方ではなかったが、コブ斜面を滑っているような感じがして非常に面白かった。
前回よりも安定してスキーに乗れているような気がした。今日の転倒はなし。
お客さんが多かったのでピンポイントで発生する空間を見つけ出してそこを滑るようにした。
凹凸のお陰で膝の疲労が早くて今日も1時過ぎに切り上げた。
最後の一本はとおみ第2リフトに乗りとおみゲレンデの上部から滑って練習終わりとした。

あまり意識しないようにしているが、すでにパラレルの壁を越えてしまったような気がする。
自分の滑る姿を見ているわけではないので、ハッキリとパラレルターンだと言い切ることが出来ない。
正直なところよく分からない。

ところで、今日も仕事でヘマをやった。
夕食の時間帯となって食堂がオープンして従業員が押し寄せてきて大忙しの時に電話が掛かってきた。
いつもは出来るだけ電話に出ないようにしていたが、あいにく一番近くにいたのは私だった。
仕方なしに電話に出ると、まず相手の部署と名前を聞き取れない。
早口というわけではなかったが、一度繰り返してもらった。
全部は理解できなかったが、2度も繰り返して名乗って貰うわけにはいかないので、用件を伺うと明日の朝の弁当を2個頼むということだった。
この件を職場のボスに伝えると何処からだったのか聞かれた。名前も聞き取った筈なのにもう忘れてしまっていた。

2015-2-15-0000
緊張状態で電話に出ると余計に電話の内容が理解出来なくなる。
もっと略さずに細かに言ってくれればいいのだが、内線電話だとそういう訳にはならない。
たいてい言葉や内容が省略されるので、よく分からない人間だと本当に分かりにくい。
相手の人の顔と名前を知っていれば、こういう事態にはなりにくいが、よその部署に全く関心がないし、今年初めてのバイトなので難しい。
またボスを怒らせてしまった。救いは弁当の数だけは間違いないということだけ。
途中で話の分かる人に変われば良かったんだが、私が出ると相手は「従食の人に変わってください。」と言うものだから、むっとしてつい無理して応対してしまった。
もうやってしまったことは仕方ないので次から気をつけるとしようか。
たかが電話対応だが、意外と難しい。
もう過ぎたことは仕方ない。諦めよう。

ところで、今日は私の冬山用のアウタージャケットを紹介しよう!

20150215-133632-0

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)のBILSKIRNER(ビルスキルナー)ジャケット

3年前くらいに約7万円で購入した。
このジャケットを好日山荘で見掛けて一目惚れした。
衝動買いになるのを恐れて1年間待ってから手に入れた。
何度も試着して着心地をチェックするとびっくりするくらい体にピッタリだった。
途中で売れてしまったら仕方ないと思っていたが、私が買う気になるまでずっと待っていてくれた。
冬山シーズン前のポイント3倍セールでお得に購入することが出来た。
現在、BILSKIRNERは廃番となって製造されておらず、ネットで在庫を購入できるのみ。

参考
クレッタルムーセン日本正規代理店Barrio

20150215-133708-0

スキーの時にアウタージャケットとして着ている。
ズボンは先日購入したスキー用のパンツ。
つい最近気が付いたのだが、このアウターはソフトシェルで完全防水ではないということ。

20150215-133818-0

左胸のポケットには防水の内ポケットが付いている。
やはりハードシェルではないので、必要ということか。

20150215-133847-0

雪崩救助システムRECCOのリフレクターを装備している。

参考 RECCO救助システムの概要

20150215-134018-0

胸ポケットは片側2個づつ計4個装備している。

20150215-134033-0

ジャケットの右袖には小型コンパスを装備
メインコンパスを紛失してしまった時には役立ちそうだ。

20150215-134259-0

フードはヘルメットの上からでも被れるようになっていて、開口部の縁には強風でもフードの形状を維持するようにワイヤーが入っている。
フロントファスナーにはホイッスルが装備されていて、ザックを無くしてしまっても緊急事態を知らせることが出来る。

20150215-134315-0

高密度に織られたコットン生地「etaproof」を採用している。
完全防水ではないが、透湿性のある生地で過酷な環境から身を守ってくれる。

このアウタージャケットは冬山登山用として購入した。
当初は透湿性のある完全防水だと思って着ていたが、湿気を含んだ雪に降られるとジャケット下まで濡れてしまう事態が度々発生していた。
気温が高めの低山だと防水性の無さが顕著に顕れた。
それでつい最近になってネットで調べてみると完全防水ではないソフトシェルに分類されるジャケットであることが分かった。
アウトドア雑誌でハードシェルとソフトシェルという用語は見た記憶があったが、自分が購入したジャケットはハードシェルだと思っていた。
どおりで水に濡れてしまったわけだ。濡れて風に吹かれて凍りついてしまったりもした。
これまで着ていたところ、着心地が良くて耐久性がありそうだと感じた。
大きめのフードを被れば冷たい風を防ぐことが出来る。
このジャケットは使い方次第ではかなりのポテンシャルを秘めているように感じる。
今度の春山登山にはメインをこのジャケットでサブ用としてモンベルのストームハンタージャケットを持って行く予定。
ストームハンターは合羽だが、大きめのフードでヘルメットの上からでも被ることが出来るし、生地もストームクルーザーに比べて丈夫なゴアテックス3レイヤー70デニールとなっていて耐久性は抜群だ。
昔はハードシェルなんていうものはなかったんだから、工夫次第でなんとかなると思う。
せっかく手に入れたジャケットなので、大事に使って秘められたポテンシャルを発揮させてあげようか。

20150215-140801-0

寮の2階の窓から。一体どれだけ積もってしまうのか。

さて今日も終わりだな。そろそろ寝ようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『アウター・ジャケット KLATTERMUSEN BILSKIRNER』へのコメント

  1. 名前:じみい 投稿日:2015/02/16(月) 10:23:05 ID:253bf752c 返信

    同年代なので、わかるのですが、私も正直、名前を聞いてもすぐ忘れます。短期記憶がダメになってきたと思うのですが、電話はまずメモを用意しておけば、大丈夫。恐れる必要は無いですよ。ペンをポケットに入れておけば無敵です。

    からあげさんの行動力、生きたいように生きるというのは、現在のまわりのしがらみで縛られている私には夢の世界です。がんばってね。

  2. 名前:目黒駅は品川区 投稿日:2015/02/16(月) 11:13:52 ID:81d6d71e8 返信

    いきなり超高級品を〜!

    • 名前:karaage 投稿日:2015/02/16(月) 20:12:01 ID:05849c8eb 返信

      一目惚れしてしまってどうしようもなかったです。
      高くても気に入ったものを購入しました。ソフトシェルでしたが。

  3. 名前:タッキー 投稿日:2015/02/16(月) 14:50:22 ID:9bf995fff 返信

    リゾート・バイトは、かなり忙しいと言うイメージがあります。
    寝太郎さんも、リゾート・バイトの時は、テンテコマイだったように書かれていました。
    短期なのでコキ使われるとか、そんなんですか。
    確かに求人広告には良いことばかり書いてあります。こんなに良い職場なら是非行ってみたい
    もんだと言う気持ちにさせてくれるような広告です。
    まるで観光旅行のパンフレットのようです。

    本当に良いなら僕も是非リゾート・バイトで働きたいです。
    沖縄とか北海道とか。

    個室無料、光熱費無料、食費3食無料となると、かなり僻地な離島になってしまいます。
    時給が良い条件が良いところは早々先行申し込みですね。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/02/16(月) 20:13:47 ID:05849c8eb 返信

      そんなにこき使われている気はしませんね。
      普通にコミュニケーション出来る人間なら存分に楽しめるでしょう。

  4. 名前:bakao 投稿日:2015/02/16(月) 19:20:46 ID:f762a6197 返信

    http://www.osk.janis.or.jp/~balihai/

    ここどうですか?

    • 名前:karaage 投稿日:2015/02/16(月) 20:15:09 ID:05849c8eb 返信

      そこは労働力を提供する代わりにご飯付きで住むことが出来る農場みたいですね。
      私のようなものが行けばどうなるのでしょうか。