私にとってお金とは

こんばんは。からあげです。

ふぅ~なんとか今日も無事一日が終わった。
書かなくても分かることだが、今日の昼の中休みもスキーの練習を行った。
雪解けが加速する近頃ではあるが、今日のゲレンデは12時過ぎまでは意外と板が滑ってくれた。

20150226-114125-0

今日のいいもりゲレンデパウダースノーコース
時折、湿った雪が舞う曇の天気だった。
とおみゲレンデに比べてお客さんが少ないいいもりゲレンデは私のお気に入りの練習場所となっている。

20150226-114143-0

いいもり第6ペアリフトからサニーウェイコース始点方向を写す。
徐々に景色の色が濃くなっている。

20150226-121643-0

コスモフォーリフトに乗る外国人家族
白馬五竜スキー場では外国人のお客さんも多い。ゲレンデのあちこちで英語や中国語が飛び交う。

今日は板が滑ってくれた1時間ほどは気持よく練習することが出来た。
徐々に雪が緩んできてターンする時に踏ん張りが効かなくなってくる。
コンディションが悪い状態で練習してもテンションの維持が困難で練習の効果が上がらないので、今日も1時半過ぎに練習を終えることにした。

2015-2-26-2

今日は久しぶりにお金のことについて話そうと思う。

昨日、めでたく給料日を迎えて私の口座に給料が振り込まれた。
給料明細は電子化されて、会社から付与されたID,PWを入力すると給料明細を確認、ダウンロードすることも出来る。
便利な時代になったものだ。
給料明細確認後、ネットバンキングでチェックすると、口座に反映されていて、無事お金をゲット出来た。

若い頃は給料日を迎えると急に元気になって、ATMで現金を下ろすとパチンコ屋や飲み屋に駆け込んだものだ。
現金を手にするとそれまで我慢していた欲望が一気に溢れ出し、お金を使いたい衝動を抑えることが出来なかった。
目を血走らせてスロットのレバーを下ろして延々とボタンを押していた。
しばらくスロットをやっていると徐々に気分が落ち着いてくる。
冷静さを取り戻して財布のお金を数えてみると、早くも3万オーバーの負けとなっている。
手持ちの現金が心細くなったので、種銭を下ろしにATMに再び向かう。
当時は手数料無料のATMは少なかったような気がする。1回につき210円払っていたか。
でもそんな端金は全然気にならなかった。

一日に3回も現金を下ろしたこともあった。
パチンコ屋で勝っても負けても給料日の後しばらくは飲み屋通いをしていたので、10日もすれば給料は無くなった。飲む打つ買うの贅沢三昧。
その後の休みは、残りのお金をかき集めてカップラーメンやインスタント食品を買い込んで自宅に引き篭もってゲームばかりしていた。
そして給料日を迎えると再びパチンコ屋や飲み屋に駆け込んで散財して、半月も経たないうちに休日ひきこもり生活のループを繰り返していた。

当時は、そういうお金の使い方が粋だと思っていた。
本当に馬鹿な自分だった。
その後、運命を変える出来事があったわけではないが、次第に節約志向となってゆき、脱サラを夢見る頃には節約体質となって普段意識しないでもそれほどお金を使わない生活を送ることが出来るようになった。
今から振り返ると脱サラ前の状態でも甘さが目立つが、脱サラをすると一気に気が引き締まり、ほとんど無駄なお金を使うことは無くなった。

今ではまとまった現金が手元にあっても気分が高揚することはなく、常に冷静さを保つことが出来るようになった。
お金があればあるだけ使ってしまっていた若い頃とは大違いだ。この心境の変化はどこからもたらされたのか。

私にとってお金とは無駄なモノを手に入れるために使うモノではなく、自由を得るために使うモノだ。

お金はあっても衣食住に関するもの、装備品など必要なモノを手に入れるためだけに使い、残りは大事に温存しておく。
お金があれば嫌な労働をすることなく、自由に生活することが出来る。
嫌いな人間に囲まれて仕事をする必要が全くなくなる。
本当にお金って素晴らしい!

2015-2-26-1

お金は私を自由へと導いてくれる尊いモノ。

以前、苫米地英人の本に書いてあった通り1万円札を破いてみたことがあった。
乾いた音とともに真っ二つになってしまったが、お金に対する気持ちの変化は感じられなかった。
ただ、お金は紙切れに過ぎないって思っただけだ。
(もちろん後で破いたお金は銀行で交換してもらった。窓口で怪訝な顔をされたが。)
今思うと、その行為が私をお金の呪縛から解き放ってくれたのかもしれない。
札束を手にしても冷静でいられるようになった。

ああ、諭吉君がたくさんあるなっていう感じ。
身近にお金を感じていることが出来る。

お金を手にした時の気持ちの変化は少ないが、執着心はまだまだある。
せっかく手にしたお金を失いたくないという気持ち。
この執着心を失くすことが出来たら、私は本当の自由を得ることが出来るのではないか、と思えてくる。

その日が一日でも早くやって来るように日々精進するとしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『私にとってお金とは』へのコメント

  1. 名前:retire2k 投稿日:2015/02/27(金) 04:56:05 ID:111a21f5c 返信

    お金を目的・目標とするのか、手段とするのか
    どっちかときっちり線を引けるものでもないですが
    お金を得ることよりその後のことをしっかり考えたいものです

    • 名前:karaage 投稿日:2015/02/27(金) 22:13:25 ID:067b35816 返信

      お金を稼ぐことに一生懸命になり過ぎて自由がなくなる、なんてならないように気を付けたいですね。