あれもこれもやろうとして頑張りすぎていた

こんばんは。からあげです。

今日はやっと雪が降り止み晴れ間が覗いてくれた。

読みが当たってスキー日和となったので、サンライズから滑ってきた。

rps20150314_184738

午前6時半になり早朝営業開始

まだ誰の姿もないとおみゲレンデ

rps20150314_184719

早朝のゲレンデは静かで滑る気満々の人ばかりでテンションが上がる。

今日は雪が緩み始めた10時に練習を終了した。春は朝かナイターが雪が締まっていて板が滑ってくれるのでおすすめ。

スキー場のバイトに来てから集団生活のストレスに悩まされるようになった。

それなのに私は自分を労ることはせずに、こともあろうか自分に対したくさんの課題を課した。

仕事をきっちりとこなすこと。

スキーを出来るだけ上手く滑れるようになること。

知り合いや友達をたくさん作って人脈を築くこと。

ブログやHPのコンテンツを充実させること。

トレーニングを行って体力作りに励むこと。

などなど、数え上げればキリがない。

しかし、実際に出来たのはスキーくらいか。

なぜ私は忙しくする必要があったのだろうか。

若い頃から何もせずに無為に過ごし人生の折り返し地点を過ぎてしまった。

そのため焦りが出てしまったようだ。

人生を挽回しようとして気持ちばかりが前に進んでしまっていた。

私は子供のころ親に誉められたことがほとんどない。

テストで良い点数をとっても、そんな程度で満足するなと発破をかけられた。仕方なしに際限のない勉強をするはめになった。

いくら頑張っても認めてくれなかった。

そして私は外界から心を閉ざす。

その癖が出てしまったようだ。

人からの評価に一喜一憂してどうする!

スキーなんて滑っていれば誰でも自然に上手くなる!

友達なんて作ろうとしなくても相性が良ければ自然に仲良くなる!

ブログなんて所詮ただの日記帳だ!

頑張ってするほどのことじゃない。

なに一人で力んで無駄に足掻いているのか。

もっと自分を労れ。

もっと自分を愛せ。

人に惑わされるな!おっさんよ。

我が道を突き進め。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク