キータイプで腱鞘炎

こんばんは。からあげです。

昨日、今日と気温が高くて雪が緩み板が滑らないので昼の中休みはスキーの練習は止めてジョギングに切り替えた。そして今晩はナイターを滑ってきた。
日が沈むと雪が締まって板が滑ってくれて気分爽快だった。
やっぱり滑って楽しくなければいけないなと思った。

ところで、最近ブログの更新をスマホでやっていたのは、気分が沈みがちでパソコンを引っ張りだす気力が起きなかったこともあるが、キータイプで指先が腱鞘炎になってしまった指を休めるためでもあった。

本格的にパソコンで文字を打ち始めたのは12年ほど前からのことだが、これまで指先が痛くなったことはなかった。デスクトップのパソコンだけではなく、ノートパソコンも使っていた。
キーボードは安物だったが、指を痛めることはなかった。

ところが、山林を買って移住した頃から指先に違和感を感じ始めた。
のこぎりやナタを握ると指がそのまま固まってしまい、道具を離しにくくなることが度々あった。
文字を書く時にも指が自分のイメージ通りに動かずミミズが這ったような字しか書けなくなることもあった。

その頃はスコップやのこぎりなど、慣れない道具で握力を使いすぎてしまったのかなあと思っていたが、山小屋を建てて重労働から開放された今でも症状が回復することはなかった。
手を握ったり開いたりの動作がスムーズに出来ず、指先が痺れたりする。

そこでネットで調べてみると、パソコンのキータイプのし過ぎで腱鞘炎になることもあるという情報を得ることが出来た。
現在、安物のノートパソコンを使用している。

20150316-201859-0

これが現在使っているノートパソコンだ。
ドコモクロッシーのデータ通信契約をしたときにおまけで貰ったもの。
シンプルで飽きのこないデザインだ。

20150316-202902-0

一応NECのパソコン

20150316-202745-0

型式はVersaPro J VR-C
廉価版の企業向けパソコン

なぜ、移住してくらいから指先に違和感を感じるようになったのか考えてみた。

普段、キーをタイプする時、私は両手の指4本くらいしか使わない。
というかブラインドタッチ出来ない。
ローマ字入力でタイプしているので、ひらがな入力よりキーをタイプする回数が多くなる。
しかし、これまでずっとローマ字入力だったが、指を痛めたことはなかった。
キータイプの仕方が若干うるさいらしく、一度図書館の自習室でパソコンを使っていたらやんわりとパソコン専用ルームに移るように言われたことがある。(その自習室はパソコン使用可の場所で他にもパソコンを使っていた人はいた。)

キーボードの痛み具合

20150316-201927-0

変換キーの文字が消えてしまっている。

20150316-201951-0

Aのキー
文字が剥げかけている。

20150316-202038-0

EnterキーとBackSpaseキーが使用頻度が高いのでキーの表面が摩耗して凹んでいる。
画像を見る限り自分でもキーを押す力が大き過ぎるのではないかと思えてくる。
キーボードのキーが悪いのではないか、と考えられないこともない。このノートパソコンは3万円程度のものなのでキーも当然安物だ。
しかし、移住する以前から使用していたが問題なかった。

残りはキータイプの姿勢くらいしかない。
そういえば、移住してからは車やテントの中で無理な姿勢でパソコンを使っていた。
コンテナボックスの上にコンパネを敷いてその上にノートパソコンを置いて作業してた。
その前の車上生活の時はずっと車の中で窮屈な姿勢でキータイプしていた。

寮生活の現在はと言うと、ベッドの上にコンパネを敷いてパソコンを置き、あぐらをかいてキータイプしている。
手首が曲がり姿勢が悪い状態でタイプしている。

指先の腱鞘炎はキータイプする時の姿勢の悪さが原因だった。

おそらくこれで間違いはないだろう。
出来ればパソコンを机に置いて作業したい。
唯一寮内で使えそうなものは休憩室のローテーブルだが、人がやって来るので落ち着いて作業出来ない。
もうバイト中は仕方ない。出来るだけパソコン作業を減らして指先を休めることにしたい。

山小屋でパソコンを使う場合だが、今の状態では小屋内に机を設置するスペースはない。
ロフトの壁を撤去してしまったので、ロフトに置いていた荷物を下に下ろすこととなる、1F部分が狭くなってしまった。
となると、残るは車内しかない。
というか車内に狭い空間が好き。
もうすぐ北海道に行くことになるので、車内で作業しやすいように適度な高さの机を作ることにしようか。
長期の車中泊生活となるので、手抜きをせずに使いやすいものにしたい。

これ以上腱鞘炎を悪化させると細かい作業がしづらくなるので、ここで踏み止まらないといけない。
体の中で指は重要なパーツなので大事にしてゆきたい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク