ジムニーソーラー化計画

こんにちは。からあげです。

今日は低気圧の接近でどうもはっきりとした天気でないようだ。
朝目覚めると昨日と同様、ポツポツと雨が降り出す。
洗濯物が外に干しっぱなしだったので、外へ出て洗濯物を取り込む。

20150403-064752-0

昨日作った棚とクランプにロープを掛けて室内物干しスペースとした。
これまでは2✕4材の梁部分に干していたが、少し狭いし木に接触する面積が大きく乾きにくかった。
物干しロープは洗濯物の量によって自在に可変出来る優れものだ。
室内可変物干しシステム
(ただし自動ではないので、自分でやり直す必要がある。)

20150403-064729-0

最近、ようやく気が付いたが、ウッドデッキの余分なスペースが物置き場として使える。
この余分な部分は設計ミスで出来てしまったものだが、ロケストを小屋のすぐ横に移動して煮炊きするようになるとサイドボード的なものとして使えることが分かった。
これは非常に嬉しい誤算だった。

20150403-084646-0

今日はごみの日なので穴が空いたゴム長靴と履きつぶした運動靴を処分することにした。
スキー場のバイトの時、新たに購入したので不要となった。
長い間ご苦労さん。靴紐だけは外しておいて何かの時に使うことにする。

ところで、現在北海道の旅に向けて着々と準備中であるが、その準備の中で一番大事なことがジムニーのソーラー化だ。
北海道に長期滞在し登山や探検活動などを行い、現地で休養中に速やかに記録をまとめてブログやHPにアップする。(あくまで予定)
それにはノートPCの電源が必要だ。
連日長時間のアイドリングは嫌だし、PC持ち込み可の図書館がいつも近くにあるわけではない。
そこでジムニーにサブバッテリーシステムを組み込み、いつでも何処でもPC作業が出来るようにする。
ではジムニーソーラー化の概要を説明しよう!

ジムニーソーラー化計画概要

20150402-143304-0

ジムニーデータ

スズキジムニー(JB23W) XG 5MT

平成23年式 8型

最高出力 64PS  燃料消費率 14.8km/L(JC08モード)

車内で使用する家電製品は、今のところノートPC、スマホ、髭剃りのみ、ひょっとしたら扇風機を導入するかもしれない。
旅先では車内電源を確保し、山小屋では車から電気を引っ張って小屋内の電源を確保する。
同時に使用しても大した電気は食わないが、最低限ノートPCを一日6時間は稼働出来るようにしたい。
毎日天気が良ければいいが、ずっと雨の日が続くこともあるだろうから、ソーラーパネルだけに頼る訳にはいかない。
そこでソーラー充電の他に走行充電も出来るようにする。
ずっと雨でソーラー充電出来ずにバッテリーが上がりそうな時でもエンジンかけてアイドリング状態にすればノートPC程度の電気くらいは賄うことができる。

ネットで情報を検索して調べて分かったことは、ソーラーパネルは小さく、バッテリーの容量は大きくすること。
ソーラーパネルだけ発電能力が高くても受け手側のバッテリーの容量が小さければ絶えずバッテリーが過充電となりバッテリーの寿命を著しく縮めるという。
回路にチャージコントローラーを組み込むが、その機械だけでは完全に過充電を防止することは出来ないのかもしれない。
私は低予算でソーラーシステムを組むつもりなので、チャージコントローラーも必要最低限の容量のものしか購入しない。
安物であれば尚更きめ細やかなコントロールなど出来ないだろう。

バッテリーの容量を大きくするにしても小さなジムニーの車内に積むので、それほど大きなバッテリーにする訳にはいかない。

20150403-090010-0

これまで随分とバッテリーの設置場所について考えを巡らしてきたが、もう助手席の足元しかないという結論に達した。
容量105Ahのバッテリーで重量は20kgを超す。
そんな重量物を車の重量バランスを無視して設置する訳にはいかない。
出来るだけ重心を下げたいこともあるので、助手席足元に決めた。

助手席の後のスペースにも積めないことはないが、助手席のシートを後ろに下げられなくなるし、シート下の空間を荷物置場として使えなくなる。
どうにか助手席足元の空間にバッテリーを収めたい。
あとのインバーター、チャージコントローラー、走行充電器はそんなに重たくないので、運転と車中泊の邪魔にならない適当なスペースにねじ込むことができる。
ただし、バッテリーとの距離を離すと電気コードも当然長くなって車内配線に気を遣うことになる。

必要最低限の容量を持つバッテリーと小型の50W程度のソーラーパネルでシステムを組む。
あとは出来るだけメンテナンスが楽になるように簡単なシステムにしたい。

低コストで手間いらずのソーラーシステム

それが私が求めるものだ。

現在のところ、ベースキャリアはネット注文して取り寄せ中で、あとの物はこれから発注することになる。
もうそろそろバッテリーの容量を決定して先に進む必要がある。
バッテリーさえ決めてしまえば、あとはそれに対応するものを購入するだけだ。

さあて今日も頭が沸騰するほど考えることにしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『ジムニーソーラー化計画』へのコメント

  1. 名前:tk 投稿日:2015/04/03(金) 14:12:28 ID:07ae18613 返信

    105Ahで20Kgのバッテリーというと鉛バッテリー(通常の車用バッテリー)だと思いますが、
    その場合は過充電よりも過放電の方がバッテリーにダメージを与えます。(リチウムバッテリーは逆に過充電がダメージを与える。ニッケル水素なんかは途中放電途中充電が
    ダメージ・・・メモリー効果となります。)
    バッテリーコントローラ購入時にはその辺りに注意されるとよろしいかと思われます。

  2. 名前:Jun 投稿日:2015/04/03(金) 20:28:50 ID:6ce928fd5 返信

    こんばんは。老婆心ですが一応コメントさせてください。
    バッテリーを室内に置く場合、火気には気を付けてくださいね。
    充電時水素が出ますので、最悪の場合爆発します。
    バッテリーが爆発すると希硫酸が飛び散りますので、車内の内装、そしてボディまで浸食しますので十分ご注意を。