ジムニーにベースキャリア取り付け

こんばんは。からあげです。

昨晩はあまりに寒いので小屋の中でツエルトを張って寝た。
今朝は昨日と同じくらい冷え込んだ。
今日は晴れるとのことだったが、午前中は曇であまり気温が上がらず寒くて、昼過ぎになってようやく薄日が差すようになっていくぶんか過ごしやすくなった。

20150409-072454-0

ジムニー(JB23W)XG ベースキャリアの取り付け

今日は久しぶりに雨が上がってくれたので、ジムニーソーラー化の作業に取り掛かることにした。
まず、始めにソーラーパネルの台となるベースキャリアを取り付ける。
私のジムニー(JB23W)はXGでルーフレールがないので、ルーフレール無し用のベースキャリアとなる。
ジムニーのキャリアはいろいろな会社が販売しているが、よりフィットすると思われるアクセサリーカタログに載っているスズキ純正かTerzo製のどちらかにすることにした。

スズキ純正

AA1Q(99000-9900SーA75)ルーフレール無車用
サイズ 長さ750×幅1194×高さ135mm  重量4.5kg
装着時 ルーフから約91mm高くなる      最大積載量30kg
本体価格 25,380円(税込み)

Terzo(テルゾー)製

A9Z8(99000-990B1ーT01)ルーフレール無車用
サイズ 長さ800×幅1200×高さ147mm  重量6.8kg
装着時 ルーフから約106mm高くなる     最大積載量30kg
本体価格 26,460円(税込み)

2つの製品をじっくり比較してみるとテルゾーの方が少し大きいが、重くなって少し車高が高くなるのでスズキ純正のベースキャリアを購入することにした。

20150409-090821-0

ネットで注文して昨日の夕方届いた。
メーカー取り寄せに手間取って注文から届くまでに8日かかった。
楽天のスズキモータースというショップで24,200円(送料、税込み)で購入した。
ディーラーで購入するより安かった。

20150409-091449-0

箱の中身を出したところ。
取り扱い説明書の他に作業者用の取り付け説明書も付属している。
分かりやすく書いてあったので組み立てに迷うことはなかった。しかし、、、

20150409-092424-0

まずは取り付け前にベースキャリアの脚を載せる場所を掃除する。
濡れ雑巾で軽く拭いておいた。

20150409-101144-0

説明書の通り取り付け位置にマークしてガードフィルムを貼る。
面倒だがきちんと長さを測ってテープを貼ってマークする。
ガードフィルムは車体の保護と滑り止めの役割を果たすので省いてはいけない。

20150409-104020-0

ベースキャリアを組み立てたところ。
説明書通りにフレーム角パイプにマーキングして規定の取り付け幅で組み立てる。

20150409-103934-0

スライダーと呼ばれる金物(画像中央)のポッチをキャリアを車体に引っ掛けるフックの穴に入れる。
これが少しやりにくい。
ベースキャリアをルーフに載せる時などに何度もポロリと落ちてしまう。

20150409-115048-0

取り付けは2人で作業するように書かれているが、一人で出来ないことはない。
ただコツが分からないと非常にやりにくい。
何度も何度も調整するが、ガッチリと固定出来ない。
調整している途中で何度もスライダーが落ちてしまい始めからやり直すことになる。

20150409-115059-0

真横からみたところ。
前側はドアの内側に引っ掛けて上から押さえつけてキャリアを固定している。
脚の位置が外側過ぎて屋根の溝にかかるとキッチリと固定できない。
取説のフレーム角パイプ取り付け幅より少し狭めに脚を固定してきつ目にするとしっかり固定できる。
何度やってもぐらつくので長い間頭を悩ませていた。
もうお手上げ状態になりそうになって、ようやく取り付けのコツが分かった。

20150409-115113-0

何度もやり直したのであちこち車体に擦り傷を作ってしまった。
説明書を見ると簡単そうだが、やってみると意外と難しい。
一人でやったので余計に難しかった。
しかしコツが分かれば簡単だ。もう大丈夫。

20150409-120214-0

4時間近くかかってようやく取り付けることが出来た。
休憩なしでぶっ通しでやるのは体に毒だと思う。
作業に行き詰まったら、一度休憩して気分転換してからやった方が良いということが作業後に分かった。

20150409-120239-0

これでソーラーパネル取り付けの元となるベースが出来上がった。

20150409-173911-0

ソーラーパネルは一昨日到着した。
50Wのパネル。
フレーム枠の裏側に穴が空いているので、4箇所をボルトナットで固定した。
今回は仮止めして各部のチェックと調整を行う。

20150409-173938-0

ソーラーパネルを固定する枠は資材置き場の木材を使って作成した。
パネルの重量は4KGほどなので、それほど頑丈に作る必要はない。
最低限度の強度を保たせるだけにして出来るだけ軽くする。

20150409-174858-0

ソーラーパネル固定用の枠とベースキャリアの取り付けはコの字型ボルトを使うことにした。
ホームセンターを覗くとキャリアのフレーム角パイプの幅に合うものを発見した。
ただ少し足が長いので金ノコでカットしなければならなかった。

今日は取り敢えずベースキャリアの取り付けを説明しておいて、ソーラーパネル枠の取り付けの様子は後日詳しく書くことにする。
ベースキャリアの件もHPの方に詳しく書こうと思う。
キャリアの取付は直ぐに終わるかと思いきや非常に時間が掛かってしまった。
お昼休みを挟んで午後からソーラーパネルの仮組みを行ったが、固定枠とベースキャリアのフレーム角パイプとの固定の方法がイメージ出来ずに苦労した。
ネットで検索しても自分の方法に合いそうなものは出てこなかったので、ホームセンターを覗いたところジャストフィット金物を見つけることが出来た。
やはり頭で考えるよりもあちこち探し歩いて実物を見ながら検討した方が良いアイデアが出そうな気がする。

明日はまた雨のようだから、作業はしばらく中断することになるな。
さあて今日は疲れたからもう寝ようか。
気がついたらこんな時間となってしまったぞ!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『ジムニーにベースキャリア取り付け』へのコメント

  1. 名前:旅人 投稿日:2015/04/10(金) 02:53:42 ID:a6e69a35b 返信

    以前廃オイルを木材に縫塗って防腐処理剤として使っては?と提案したものです。
    走行中の風の抵抗と力を甘く見てはいけません。
    万が一走行中にソーラーパネルが飛んで後続の車に当たりでもしたら大惨事となります。
    なので木のフレームで強度よりも軽量化を重視して取り付けてはいけません。
    ケチらずにしっかりした物で取付した方がいいですよ。
    それと、北海道旅行をするとの事ですが、山登りなどもするのでしょうか?
    北海道の山はヒグマがいて、結構遭遇する事も多いと聞きますし、襲われる被害も毎年あります。
    又、本州の方に出没する月の輪クマの様に小型で臆病な性格ではありません。
    クマ対策をしっかりして下さい。決して侮ってはいけませんよ。

    北海道を旅するにあたり、道の駅スタンプラリーをすると(スタンプ帖が道の駅に売っています)、ほぼ自然に完全制覇出来ると思います。
    北海道のオロロンラインは走る価値ありますので、絶対に通って下さい。
    初山別と言う所に天文台があるのですが、夜に巨大望遠鏡で星を見せてくれますので、時間があれば寄ってみてください。

    それでは良い旅を!

    • 名前:karaage 投稿日:2015/04/10(金) 17:46:40 ID:ec14d4133 返信

      どうもありがとうございます。

      ヒグマは怖いですね。どうしても頭から離れません。しっかりと熊よけ対策をします。