雨続きの春

こんにちは。からあげです。

最近、やたらと雨が多い。
晴れの日よりも雨の日の方が圧倒的に多い。
たまに雨が止んでくれても曇りがちで日差しが差さない。
他の地域は一体どうなっているのだろうか。
山小屋に戻ってきたばかりの頃は山林内は非常に乾燥していて、ロケストの焚付にそこら辺の落ち葉を突っ込んで火をつければ瞬く間に燃え上がってくれた。

20150415-080925-0

今は火力を上げるまでに非常に時間が掛かる。
雨に濡れないようにペール缶に入れて床下に置いているが、湿気を含んでしまって燃えが悪い。
トイレットペーパーに火を付けても途中で消えてしまうこともある。

これだけ雨続きで湿度が高いと小屋の中も湿っぽくなってくる。
まだカビは生えてこないので助かっている。
去年の今頃は天気が良くて小屋建築の作業が捗ったような気がする。

2015-04-15-06

*日本気象協会tenki.jpより

遅い低気圧がやっと通過して天気が回復しても直ぐに次の低気圧がやって来る。
ちょっと前までは長い間前線が日本付近に居座ってたくさんの雨が降った。

20150415-090232-0

木製パレットの乾く暇がない。

雨が降ってやることがないので、(小屋の中で何かしようと思えば出来るが湿度が高くてやる気が起きない。)ブログのネタが無くなりつつある。
普段山で生活していれば捌き切れないほどのネタが山盛り状態となって選ぶのに困るくらいなのに、活動量の低下に伴いネタも出てこなくなった。

天気が良くなるまでブログを休もうかなと思ったりもするが、個人的な事情で休めない状態だ。
だから今は頭を絞って書いているところ。
いつもならスラスラと出てくるものなんだけど、困ったもんだ。
とか言いつつ、なんとか字数を稼ぐことが出来た。やった!

20150415-080904-0

これ最近お気に入りのテーブル
下の丸太の上に平べったい板を載せてあるだけの即席テーブルだ。
湿った山林内で直に物を置くと土まみれになってしまうので、こういうテーブルがあると非常に便利だ。
ちょっとしたものを置いておくことが出来る。
ボンレスハムのようなタイヤの上だけではスペースが足りない。

2つとも実家の物置に眠っていたもので、親父が木工のためにどこかで購入した材料だ。
硬くて切るのも大変だし、斧で割るのも難しい。
実家で処理に困っていたので、取り敢えず山小屋まで運んできた。
山小屋にもまだ隅の方に山積みになった赤松の丸太があるので正直こんなものはいらない。
まだ実家の物置には、このような木がいくつか置いてあるのでジムニーに空きがあるときは積んでくることになるだろう。
そのうち朽ちてくればのこぎりで切りやすくなるかもしれないので、しばらくは屋外テーブルとして使うことにする。

さあてブログ更新も終わったぞ。仕事は終わりだ!ゆっくりしようか。
明日からしばらくは天気が良いみたいだからジムニーソーラー化の作業を終わらせて電気のある生活を始めようかな。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『雨続きの春』へのコメント

  1. 名前:タッキー 投稿日:2015/04/15(水) 14:00:33 ID:40c4ff630 返信

    山小屋生活が落ち着きますね。
    僕は八重山地方で食事寮付で働いたのですが労働時間13時間~17時間、4日働いて辞めました。
    休み時間が
    からあげさんは2ヵ月近く働いたので尊敬します。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/04/16(木) 22:29:42 ID:e937c1ee0 返信

      それは労働時間が長すぎですね。
      私の場合はキッチリ8時間でしたが、最後まで働けませんでした。無念です。

  2. 名前:旅人 投稿日:2015/04/16(木) 02:49:03 ID:baa827914 返信

    そんな良い丸太なら外で朽ちさせるのは勿体無いですよ。
    特に天板に使った平べったい板は、買うと相当すると思います。
    小屋の中のテーブルとして使うか、ヤフオクなどで売ってみてはどうでしょうか?
    そういうの欲しい人は沢山いると思います。
    高級感のあるテーブルや棚素材として取引されます。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/04/16(木) 22:32:12 ID:e937c1ee0 返信

      木の価値が分からないですし、木工にはあまり興味がありません。
      私には必要のないものですね。貰ってくれそうな人がいるのであげようと思います。