ゆったりとした時の流れ

こんばんは。からあげです。

今日から普段通りの生活が始まった。
朝は目覚ましをセットせずに目を覚ますまで寝る。
今朝はバイト疲れのため8時過ぎに起きた。
全身を包む倦怠感で何もする気が起きない。
そんな時は気が済むまでゴロゴロしているに限る。

20150507-121749-0

朝飯を食べると再び寝ることにした。
小屋内は散らかり放題だが、これがいつもの風景だ。
よくメモ帳とボールペンが何処かに行ってしまうのでゴソゴソ探しまわっている。
誰の目も気にする必要はなく、片付けが面倒なのでただ雑然と物を置いている。

20150507-162941-0

今日は概ね曇りで日差しは少なかったが、バッテリーが満タンになった。
使っても使っても満タンになってくれて非常に頼もしい。
僅か50Wのソーラーシステムだが、ノンビリとした小屋暮らしでは必要十分だ。

20150507-135425-0

昼過ぎに寝袋から這い出ると食料の買い出しに出掛けた。
最近はバイト先までの僅かな距離を走るだけだったので、ザックを背負って麓のスーパーまで走ることにした。
野菜類は春先の長雨の影響で微妙に高い。
自分へのご褒美に湖池屋のポテトチップスを2袋も購入した。

20150507-163048-0

買い出しから戻るといつものコースを走りに行った。
ゴールデンウィークが過ぎて付近は日常の静けさを取り戻していた。
余計なことを考えずに無心で走る。
多少体が重いが普段通りのトレーニングをすれば数日でいつものように走れるようになるだろう。
付近はアップダウンの多く登りがキツイ時もあるが、走り続けていればそのうち体が慣れてくる。
全然問題ない。
実家周辺を走る時は絶えず車に注意しなければならないが、こちらは平日ともなればいつもの車しか通らないので自分の好きなように走ることが出来る。

登山道や遊歩道に一歩足を踏み入れば、自分だけの世界が広がっている。
爽やかな新緑の木々の中を走り自分と向き合う瞬間は非常に贅沢なひと時かもしれない。
北海道へ旅立つ時が刻一刻と近づいてきている。
再び山小屋に戻ってくるのはいつになるだろうか。
今はゆっくりと消耗した心身を回復させて次に備えることにする。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク