礼文島8時間コースを歩く

こんばんは。からあげです。

昨日は引っ越しなどバタバタして気が付くと夜も遅い時間となってしまった。
今朝の天気は曇で風が強かったが、いつまでも久種湖畔に居るわけには行かないので出発することにした。

20150805-162910-0

開放的な久種湖キャンプ場

香深井にある緑が丘キャンプ場とは違い町に近くて買い出しに便利
自転車の無料貸出しを行っているが、向こうからは教えてはくれないので自分からお願いする。

20150805-172006-0

昨日はフリーサイトの方にファミリーキャンパーがやって来た。
様子を観察していると危険な感じがしたので引っ越しした。
読みは当たった。本当にロクな者じゃない。

スポンサーリンク

礼文島8時間コース(2015.8.6)

歩行ルート

久種湖畔キャンプ場~浜中~8時間コース入口~宇遠内~香深井バス停

20150806-061244-0

0530 久種湖畔キャンプ場 発

今朝は予定どおり4時に起床して5時半に出発する。
白米が無くなって朝食はカレーラーメンとして手早く済ますことが出来た。
今日は礼文島トレッキングルートの中でもっとも長く変化に富んだ8時間コースを歩く。
浜中バス停から澄海岬方向に向かって坂道を登っているところ。

20150806-063404-0

0620 8時間コース入口

鉄府分岐を過ぎると左手に未舗装の道路が伸びているので、ゲートをくぐって登ってゆく。
入口には、目印の「8時間コース」の標識あり。 しばらくは気持ちのよい笹原を歩く。

20150806-065458-0

本日の最初の見晴らしポイント 西上泊(にしうえどまり)からゴロタ岬方向を見ると岬が重なり合っているのを見ることが出来る。
本日は生憎の天気で霞んでしまっている。これは非常に惜しい。

20150806-073048-0

次第に笹薮が濃くなってゆく。
左右の視界が遮られ、ひたすら前に向かって歩くことになる。

20150806-084806-0

延々と続く笹薮に嫌気がさしていた頃、ようやく本ルートの見せ場がやって来た。
これより断崖絶壁の海岸が続く。
ここから急降下して海岸に降り立つ。

20150806-085434-0

滑りやすい急斜面を慎重に下りてきた。 もう間もなく海岸だ。

20150806-085920-0

ようやく海岸に下り立つことが出来た。
これより宇遠内(うえんない)までは海岸を歩くことになる。
高波に注意だ。

20150806-090020-0

アマナ岩
海岸にボコっと飛び出している大きな岩

20150806-090134-0

海岸にはたくさんの昆布が打ち上げられている。 付近では漁師さんが昆布拾いをしていた。

20150806-091939-0

足元が悪いので慎重に歩く。 先ほど昆布拾いをしていたおっちゃんが物凄いスピードで歩いてゆく。
とても追いつけるようなスピードではなく、みるみるうちに離されて見えなくなってしまった。

20150806-092441-0

海に注ぐ滝(宇遠内集落の手前)

20150806-092501-0

宇遠内手前からアマナ岩方面を振り返る。

20150806-092541-0

向こうの方に民家らしきものが見えてきた。宇遠内の集落だ。
昔は宇遠内から元地(もとち)までも通行可能だったらしい。
現在は落石などで危険なため通行止めとなって海岸歩きの部分はほんの少しとなってしまっている。実に勿体ない。

20150806-092821-0

0930 宇遠内集落 着

集落内にあるバイオトイレ ここのトイレだけは水洗化出来ないためかバイオトイレとなっている。
付近では先ほど消えてしまったおっちゃんが昆布干し作業を行っていた。
仕事の邪魔をするといけないのでそのまま通過した。

20150806-093435-0

宇遠内の集落には車の通れる道が繋がっていない。
登山道のような香深井(かふかい)林道を歩いて山を越え、東側の香深井集落を目指す。

20150806-100810-0

宇遠内からの登りが結構キツかった。
しばらくは九十九折の急坂を登るが、なんとバイクのタイヤ痕があった。
集落の人がバイクで町に出ているのだろうか。 途中で上下迷彩のカッパで鉄ヘルを被った自衛官2名とすれ違う。
カッパが非常に暑そうだった。

20150806-102222-0

ようやく未舗装の林道に出た。 礼文林道から南下し桃岩展望コースへと繋げることも出来るが、途中で工事が行われていて通り抜けが出来ない。 工事が始まる前の早朝なら通行出来るようだがもう遅い。
香深井に抜けるしかない。 出発が早くて予定より大幅に早く香深井に着きそうだ。
朝露で下半身と靴がズブ濡れで気持ち悪い。 このまま緑が丘キャンプ場に泊まっても快適に過ごせそうにはない。
そこで頑張って香深港1230出発のフェリーに間に合うように行くことにした。

20150806-105623-0

1055 香深井バス停

舗装路に出ると走ることにした。 山を下りて堂々に出た。バスの時刻を確認してみる。

20150806-110408-0

事前に調べていたが、路線バスは時間的にフェリーに間に合う便はない。
仕方なしに走ってフェリーターミナルまで行く途中(ちょっと田中陽希を真似てやってみた)で、ダメ元で香深井のバス停で時刻表を確認すると、なんと観光シャトルバスの間に合う便があった。
もちろんバスに乗ることにした。
走っても間に合わない予感があったが、なんと奇跡が起きた。
いつもは遅く感じる路線バスだが、今日は非常に速く感じた。

20150806-143250-0

ただいま!

20150806-143440-0

フェリー船内ではごろ寝して体力の回復に務めた。
利尻、礼文島8泊9日の歩き旅を終えて久しぶりに稚内に戻ってきた。

20150806-144740-0

我が家に戻ってきた。
稚内に来たのもついこの前が初めてなのだが、故郷に戻ってきたような気がした。
車は道の駅隣の未舗装の広大な駐車場に停めておいた。
地元の人に聞くとゴニョゴニョとここが良いらしいような事を教えて貰った。
フェリー乗り場にある駐車場は、一日1000円もするのに何故か満車状態だ。
歩いて15分程度の距離に無料?の駐車場があるというのに。

20150806-164002-0

ポートサービスセンターに行ってシャワーを浴びて洗濯をする。
シャワーとフルセットの衣類を洗濯乾燥までしてもたったの400円 非常にリーズナブルだ。
水洗いだけでは汚れる一方だったので、ちょうど良い機会だった。
これでリセット出来て一安心だ。まだまだ戦える!

20150806-183100-0

今日は風が強く、道具のメンテナンスが殆ど出来なかった。
車のドアに掛けて干しても飛ばされそうになったり、ドアが閉まって挟まれそうになる。
もうどうしようもない。 諦めてご飯を食べることにした。
まともな昼食を食べていないのでお腹が空きまくりだ。
食べずに残しておいたマルちゃんダブルラーメンを食べることにした。

20150806-183402-0

麺は2倍だが、美味しさも2倍になるかどうかは本人次第だ。
お腹が空いていたので非常に旨く感じた。 白菜やニラを入れてボリュームを増やす。
玄米ご飯を食べたかったが、浸け置きせずに食べると旨くないので明日の夕飯までお預けとなる。
今日はようやく我が家に戻ってきた。
これまで車移動ばかりだったので、久しぶりの歩き旅はなかなか面白かった。
道路を馬鹿みたいに黙々と歩いているとその内スイッチが入って楽しくなってくる。
今回は四国遍路で得た教訓から靴はウォーキングシューズで通した。
朝露で靴下までズブ濡れになったり、泥濘で滑りまくったりもしたが、長い舗装路歩きでも全然足が痛くならずにそれなりに歩きを楽しむことが出来た。
しかし、本当に滑りやすかったので次回は登山靴をウォーキングシューズを両方持って行くことにしようか。

さあて今日はもう遅くなった。寝るとしようか。

走行ルート

走行距離 1.7km
ねぐら  道の駅「わっかない」横の未舗装の駐車場

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!