意外と簡単!! ジムニーのタイヤのパンク修理を自分でする

こんばんは。からあげです。

ゆっくりしてようやく実家の生活に慣れてきた。
帰って来てしばらくはあまりの暑さに体がついていかず、熱が篭って頭がぼーっとしていた。
それもここ1,2日でようやく収まった。
これから本格的な活動が出来そうだ。

スポンサーリンク

タイヤの空気漏れ箇所の確認

20151023-075234-0

今日からいよいよ始動ということで空気の抜けるタイヤを見てみることにした。
リアゲートからタイヤを外し、まずは規定圧まで空気を入れる。
自転車用の空気入れなので結構シンドい。
バルブの外観チェックをしてから、石鹸水を付けてエア漏れを確認する。
どうやらバルブが悪いのでは無さそうだ。
昨日までは、確認するのが面倒で、このままバルブ交換してもらおうかと思っていたところだった。
危ない危ない。お金を溝に捨てるところだった!

20151023-080431-0

次にタイヤ全体に石鹸水を付けてチェックする。
それほど漏れる空気の量は多くないので、念入りにチェックする。
始めはサイド、続いてトレッド面を行った。

20151023-081002-0

すると泡立っている空気漏れの場所を発見する。
空気漏れを発見してホットするとともに、修理出来るのか気になった。

20151023-084424-0

穴の空いた箇所はちょうどタイヤの中央部付近。

20151023-084845-0

傷は意外に大きくて長さは6mmほど。
釘が刺さっていないか見てみたが、何も見当たらず。
何か踏みつけてしまったのだろうか。
踏みつけたものが刺さったままとなっていたが、走っているうちに取れてしまい、空気が漏れ出したのかもしれない。

パンク箇所が分かったのでパンク修理のため、カー用品店やタイヤ専門店に出掛ける。
タイヤを外さずに外から詰め物するだけだと耐久性が無さそう。
そこでタイヤを外して内側からパッチ当てをする本格的な修理をお願いしようと思っていたが、なんと5,000円~7,000円もかかると言われてしまう。
サイドにあちこち傷があって、残り溝が4mmのタイヤにそんなにお金は掛けたくない。
それなら新品にした方がよい。
そこで、やむなく外から詰め物するだけの簡易修理してもらうことにした。
電話で聞いて一番安かった店に行ってみると、タイヤが摩耗し過ぎているので、修理出来ないと言われる。
(できないことはないが、安い修理費用しか取れないので、のちのちのクレームのことを考えると全然儲けにならない。という意味なのだろう。)
ガッカリすると共に、端から人を頼ってしまった自分を恥じた。
ちょうどタイヤの交換時期なのかと思うが、タイヤ5本全て変えると安くても7万円以上はする。減っているとは言え、まだまだ使えるはずだ。
業者に断られた以上、ここは自分でやるしかない。

タイヤのパンク修理を自分でする。

20151023-115954-0

ホームセンターでパンク修理キットを購入した。
税込みで約1,800円。
パンクはそれほどあることではないので、次回使う頃には劣化してしまうかもしれない。
修理を拒否されたので仕方ない。
プロは利益を上げないといけないので、すり減ったボロタイヤの修理のようなリスクのある仕事は引き受けることはできない。
ハイリスクノーリターンの仕事などはプロにとってもってのほかだ。
私が同じ立場であれば、同じように断ったことだろう。
冷たいのでも何でもなく、無理なものは無理。仕方のないことだ。

20151023-121109-0

今回のパンク修理は、初めてだったので予めネットで情報収集して勉強しておいた。
私が車に乗っていてタイヤがパンクしたのは、これで3回目だ。
1回目は山道を走っていたところ、尖った石でサイドを切り裂かれ破裂。
2回目は温水プールの駐車場に停めようとしたところ、タイヤサイドをブロックの角にヒットさせて破裂。
3回目の今回は、知らぬ間にパンクして空気が徐々に抜けていて後になって気が付いた。
3回とも危険な状況では無かったのが救いか。
物置出入り口のコンクリの上を掃除して作業を開始する。

20151023-121416-0

作業前にタイヤの規定圧の半分くらいに空気を入れる。
(お店で見てもらった後で、空気がパンパンになっていたので、随分と抜いた。)
準備が整ったところで、まずは穴の角度を調べるために、釘を入れてみる。
釘の頭を軽く押すと斜めに入ってゆく。

20151023-121657-0

穴の角度が分かったところで、傷穴の処理を行う。
付属の接着剤をたっぷりと付けてスクリューリーマを右に捻じりながら根元まで押しこむ。
右に捻じりながら半分引き抜き、出た金属部分に接着剤を付けて右に捻じりながら再び根元まで押しこむ。
この時、ブレると穴が広がり過ぎてしまうようなので慎重に作業する。

20151023-121750-0

根元まで押し込んだら抜かずに次の作業に移る。
(抜くとエアが漏れてしまうため。)

20151023-122140-0

もう一つの先が割れたもの(インサートニードル)の穴にパワーバルカシール(修理剤)の保護フィルムを剥がしてから通して左右同じ長さになるようにする。
そして接着剤を修理剤にたっぷりと塗りつける。

20151023-122334-0

準備が出来たところで、穴に刺したままのスクリューリーマを右に捻じりながら引き抜き、インサードニードルを傷穴の方向に合わせて、回さずに真っ直ぐ押し込む。
インサードニードルが根元まで押し込まれているのを確認したら、回さずに引き抜く。
すると修理剤がタイヤに残る。

20151023-122402-0

別アングルで撮影。

20151023-125605-0

あとはトレッド面から3mm残して修理剤をカットする。
上手いことカット出来ずに盛り上がってしまう。

20151023-125727-0

修理後30分待ってから空気を規定圧まで入れる。
上から石鹸水を付けて漏れのチェックだ。
ヒヤヒヤしたが、なんとか止まってくれたようだ。
ホッと胸を撫で下ろす。
久々に緊張した作業だった。

パンク修理箇所その後の経過

20151128-110623-0

2015.11.28現在
パンク修理から約1月経過、600km走行後の状態

はみ出た修理材がまだ飛び出ている状態。注意深くようすを見ていた状態。

スタッドレスタイヤに交換とメガネ石の手直しなど
こんばんは。からあげです。 今日は日差しがたっぷりと降り注ぐ晴天の日だった。 少し寝坊して目を覚ましたのは8時を過ぎていた。 冬用寝袋が温か...

2016-05-18-143832

2016.5.18現在
パンク修理から約半年経過、約1,500km走行後の状態

飛び出ていた修理材は削れてだいたいフラットになった。
修理跡の周辺のヒビ割れが多少気になる。

Jimnyの洗車とソーラーパネル取り外しなど
こんばんは。からあげです。今日は肌寒い朝だった。 Tシャツ一枚だと走り始めは寒かったが、体が温まってくるとちょうど良くなった。 足腰の調子は...

2016-11-25-112018

2016.11.25現在
パンク修理か約1年、約5,000km走行後の状態

濡れていて若干分かりにくいが、今のところ見た目では問題なさそう。
パンク修理後に空気が漏れることは全くなかった。

雪が積もってから慌ててスタッドレスタイヤに交換
こんにちは。からあげです。 いやあ、昨日は一月も早い積雪に興奮してしまった。 やっぱり雪はおっさんになっても凄く嬉しいもんだ。 ...

リアゲートストッパーの自作

接着剤が乾くまでの待ち時間に以前から欲しかったジムニーのリアゲートのストッパーを作る。
傾斜地に停めるとリアゲートが勝手に閉まって荷物の積み下ろしが非常にやりにくい。
山小屋のところは、緩い傾斜地となっていて、いつも不便を強いられていた。
ジムニーは社外品のパーツが多いので、もちろん既製品はあるのだが、結構高い。
たまに思い出して良い方法がないかずっと考えていた。
(構想3年、作業10分)

20151023-132500-0

ストッパーに使うのは、工業用の強化ホースだ。
(内径8mm、外形13mm)
20センチ分で50円ほど。(10センチ単位の切り売り)
そこそこ強度があって程よく柔らかいホースに目をつけた。
加工しやすく、値段も安い。

20151023-134345-0

ダンパのシャフトに被せるようにして取り付ける。
シャフトの径は8mm
そのため長さを現物合わせでカット(178mm)し、縦に切り込みを入れる。
ダブルクリップはあとで付け足した。

20151023-134258-0

切り込みが上を向くように取り付けた。
ホースは固めなので、一時的なストッパーとしてなら十分だろうが、風が吹くと心許ないので、物置を漁って見付けたダブルクリップを挟んでおいた。
これならダンパを痛めること無く、リアゲートを開けた状態で固定することが出来る。
自作リアゲートストッパーの完成だ!

20151023-134535-0

いつでも使えるように物干しロープに付けておくことにした。
これならどこかに行ってしまうこともないだろう。
パンク修理完了後、実家の近所を走ってみた。
特に違和感はない。
何度も車を停めてチェックした。
修理箇所がデベソのように膨らんでしまっている。
正直なところ、自分で修理していても耐久性はあまりないように思えた。
傷が6mmと大きく、釘穴みたいに丸くない。
これだと再びいつパンクしてもおかしくはないだろう。
こんなタイヤで走って心身を消耗したくない。

やっぱりタイヤを交換するか。
しかし、全て交換するには大金がいる。
あれこれ検討した結果、パンクした1本だけ新品に交換することになりそうだ。
私のジムニーの純正タイヤは、ブリジストンDUELER H/T 175/80R16
新品タイヤをスペア固定として、古いタイヤ4本でローテーションして使う。
これなら機械に負担がかからない。
パンクするか、すり減ったりしたら、その時に4本まとめて交換する。
新品タイヤは使う前に劣化しないように、自作のタイヤカバーを付ける。
タイヤは中古を手に入れる。
ヤフオクで新品同様のタイヤがよく出品されている。
他の4本のタイヤはまだ使えるので、全部変えてしまうのは勿体無い。
環境と私の財布に配慮しつつ、安くタイヤを交換できるベストな方法だと思う。
カスタムする人がダサい?純正タイヤを気前よく放出してくれるので有り難い。

今日、タイヤのことでずっと悩んでいた。
他にもサブバッテリーの劣化や登山靴の修理など他にもお金のかかることがいっぱいある。
今回の北海道で装備品が凄く消耗してしまった。
あれだけ遊んでいたのだから仕方のないことだが、一気にやって来たのでお金のやりくりが厳しい。
優先順位を付けてやりたいが、どれも重要なことばかり。
おかんにこんな愚痴をこぼしていたら、必要経費はケチるんじゃないと叱られた。
ボケているのかと思いきや、あれこれもっともなことを言われたので、ようやく私の目が覚めた。
お金の心配をするより、人生の残り時間を心配した方がいい。
お金はなんとかなる。それより、時間は待ってはくれない。
さっさと直すところは直して、ダメなら買い替えして、さっさと次にゆくとしようか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『意外と簡単!! ジムニーのタイヤのパンク修理を自分でする』へのコメント

  1. 名前:ポポ 投稿日:2015/10/23(金) 21:59:54 ID:579c43fb9 返信

    はじめまして
    タイヤのパンク修理ですが、貴殿のとられた方法で十分な耐久力がありますよ。
    私は同等の方法で3回やったことがありますが、その後の劣化は一度もありません。
    差し込んだゴムが回りのゴムと溶け合って同化するので、ゴムを突っ込んであるだけとは訳が違います。

    そんなことよりも、お母さんが自身の蓄財で判断したであろう、フェンス工事に文句を言ったりイライラすることはやめた方がいいように思います。

    貴殿から見れば無駄や、浪費を感じることもあるかもしれませんが、また、あなたもはたから見れば同じようなことがあるかもしれません。

    お母さんが何かしらの苦労の末に築いた蓄財をどう使おうが自由であり、それはあなたが頂いた命と人生をあなたの好きなように使うことと、なんら代わりがないことです。

    お母さんとお父さんが築いた蓄財の片隅で一休みさせていただいている自身の現状を鑑みてお母さんに優しくしてあげてください。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/24(土) 17:49:06 ID:dc4bf35e7 返信

      意外にも大丈夫そうでびっくりしました。

      私のお金ではありませんが、将来受け取れるお金が減るのではないかとヤキモキしてしまいます。
      他人のお金を当てにしている証拠ですね。
      ポポさんのご指摘はごもっともです。自分の考えを恥じました。

  2. 名前:ゆぅゆ 投稿日:2015/10/23(金) 22:15:45 ID:46918ef2a 返信

    パンク修理はそれで十分ですよ。
    少し走れば走行の摩擦熱できっちり塞いでくれるでしょう。
    出べそもそのうち取れるでしょう。
    そのまま最後まで使ってあげてくださいね。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/24(土) 17:50:13 ID:dc4bf35e7 返信

      どうもありがとうございます。
      今のところは様子見です。
      裏側が見れたら安心出来るのですが。

  3. 名前:JB23Wー9型XG5MT白 投稿日:2015/10/23(金) 23:21:35 ID:5fc399cd2 返信

    やっぱDIYですよ!パンク修理案外持つと思いますよ充填圧低いし運転ジェントルだし。スペアー専用ならなおさらです。
    タイヤは何れにしても長く無いのでヤフオクは小まめに安い値段入れておくといいですね。タイミングが良ければ超お買い得価格で落札できますし。要らないタイヤってのは邪魔ですから人助けにもなります。

    ドアヒンジは厄介ですね、歪みがヒンジなのか取り付けボディーなのか…。
    以前乗っていたJA22のドアヒンジは外付けだったのですが、あれで十分なんだけどなぁ。
    むしろあの方がカッコ良かった。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/24(土) 17:52:11 ID:dc4bf35e7 返信

      ヤフオクを常時チェックして安値落札の機会を伺ったほうが良さそうですね。
      実家ならタイヤの置き場所もありますし。

      ドアはどうしようか迷いだしてきました。

  4. 名前:リコプテラ 投稿日:2015/10/24(土) 11:44:41 ID:8d1c146ce 返信

    はじめまして。
    ブログの足跡を辿って拝見しました。職業が探検家なのですか? 興味あります(°0°)
    リアゲートストッパーいいですね! 私もJB23乗ってまして、自作しようかとも思いましたが、結局市販品を購入して結構高かったです(>_<)
    ソーラー化もスゴイですね。他の記事も丁寧に説明されていて、参考になりそうなことがたくさんありますので、ゆっくり読ませていただきます。
    当方のブログからリンクを貼ってもよろしいでしょうか?
    当方のブログにもまたお立ち寄りいただけると幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/24(土) 17:54:41 ID:dc4bf35e7 返信

      初めまして。
      どうぞお構い無くリンクを貼ってください。

      私は食費削減のために渓流釣りを始めようかなと考えています。
      魚なら捌くの簡単で手軽に食べられます。
      リコプテラさんのブログで勉強させてもらいますね。

  5. 名前:さく 投稿日:2015/10/25(日) 03:01:34 ID:af21d4d4a 返信

    皆さんが言うように、パンクは通常走行であれば今回の修理で十分かと思います。
    私も同様の修理をしてしばらく普通に乗ってました。
    ただ、探検で荒れた道を行く時が多いでしょうから、それがちょっと不安ですね・・・・・・。
    奥地で立ち往生、なんてことになれば死活問題にも繋がるでしょうから、装備は万全を期しておきたいですね。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/25(日) 21:51:22 ID:fbe52d265 返信

      状態の良い舗装路ならなんとかいけそうですが、気になります。
      ペラペラのタイヤはパンクしやすいので、タイミングを良く交換したいです。

  6. 名前: 投稿日:2015/10/25(日) 14:25:09 ID:2ed52d7c4 返信

    免許を取って実家のパジェロに乗ってた頃、
    前輪1本タイヤパンクして、
    1本だけ変えるとバランスがダメとかで、
    1本2万円×4で計8万円がベストって店員に言われてビビッた事があります。
    そのころはタイヤなんて4本で2万円しないと思ってたのですが、
    その価格帯は大衆車であり4駆等の特殊車両向けのタイヤは高いとの事でした。
    自転車感覚の知識だけしかない私は「チューブを直すだけだろ」って言ったら、
    「車のタイヤはチューブレスでありチューブなんてのが入ってるのはトラックくらいだ」と言われたので、
    「トラックと思って修理してくれ」とお願いし、
    チューブ取寄せ&工賃込みで5000未満で直した事があります。
    なお、前輪はブレーキやカーブで走行負担が高く修理タイヤを後輪にローテーションもしてもらいました。
    それから4本のタイヤの溝が無くなるまで数年使えました。
    参考までに。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/10/25(日) 21:59:19 ID:fbe52d265 返信

      ジムニーは2駆ではFRなので悩みます。
      今の業者は危ない仕事はやりません。
      自分でなんとかやるしかないです。