ストーブ台と遮熱板の取り付け

こんばんは。からあげです。

今日も素晴らしい晴れの天気だった。
寝袋が気持ち良すぎて起きたのは7時半過ぎだった。
またしても寝坊してしまった。
出だしから遅れてしまってイマイチ気分が乗らない。
外に出てメガネ石を触ってみると、まだ柔らかくて漆喰が手に付いてしまう。
湿度は低いが気温が低いのでなかなか固まってくれない。

今日は、材料がないので取り敢えずホームセンターに買い出しに出掛ける。
ところが目当てのケイカル板が置いていない。
ケイカル版とはケイ酸カルシウムのことで耐火素材なので、ストーブの断熱に使おうと思っていた。
2軒目のホームセンターは、なんと在庫切れだった。
田舎なのでいつ品物が入荷するか分からない。
今回はケイカル板の使用は止めることにした。

20151129-134643-0

本日は、ストーブ台用に重量ブロックと耐火レンガ、そして天井用のポリカプラダンを購入した。
ブロックだけならジムニーでも運べるが、プラダンがあるので軽トラを借りて小屋まで運ぶ。
軽トラでの往復とホームセンター回りでタイムロスして小屋に戻ったのは午後1時半過ぎとなってしまった。
薪ストーブ設置のイメージがなかなか思い浮かばなかったので、ホームセンターに行って資材を見ていれば良いアイデアが閃くと思った。
しかしアイデアは何も浮かばなかった。

スポンサーリンク

ガラス扉に交換する

大幅にタイムロスして気分が沈みがちなので、ここで気分転換に薪ストーブの扉を交換することにした。

20151129-141746-0

ホンマ製作所製 ステンレス 時計1型薪ストーブ AS-60

ストーブ純正の扉は全面ステンレス製で中の炎が見えない仕様だ。
これではつまらないので、オプションのガラス扉に交換する。

20151129-141757-0

まずは扉を外す。
蝶番の挿し棒をペンチで真っ直ぐに伸ばして引き抜けば扉が外れる。
挿し棒は意外と柔らかくて簡単に元の真っ直ぐに戻すことが出来た。

20151129-141929-0

時計型薪ストーブ用ガラス付替え扉 ASW-GK

オプションのガラス扉。
ガラス扉を付けて蝶番に挿し棒の真っ直ぐな方を通して、外れないように挿し棒の先をペンチで曲げておく。
扉交換の作業時間は約3分、使用する道具はペンチのみ。

20151129-143459-0

ストーブ台を設置したところ。
重量ブロック(厚さ100mm)を並べた上に耐火レンガを置いただけ。
重量ブロックの上にケイカル版を敷く予定だったが、品切れのため予定変更した。
直火が当たるわけではないので、これで大丈夫だろう。
しばらく様子を見てみようと思う。

20151129-150204-0

ストーブは壁際に設置するので、内壁の針葉樹合板が燃えないように対策をしなければならない。
壁にトタン板を付けて遮熱板とすることにした。
下地材は20~30mmの厚さのものを取り付けた。

20151129-144050-0

実家の物置を解体した時に出たトタン板。
これが3枚で、他は小さな波板が6枚ある。

20151129-144045-0

普通の金切りバサミで切った。
凸部のところが若干切りにくいだけだった。

20151129-161327-0

ドリルでトタン板に下穴を空けてからビス止めした。
波板と違ってトタン板と下地材は面で接触してしまうので耐火性に不安がある。
取り付け後にじっくり見ていると気になってきた。
下地材が低温炭化して燃えてしまうかもしれないので、さらに前に波板を置いて遮熱することにしよう。
煙突と遮熱板との距離は約150mm。
もう少し小屋の中央に設置したいところだが、スペースの有効利用や火傷のことを考えると小屋の隅の方に設置せざるを得ない。

20151129-171344-0

遮熱板を2枚取り付けたところで、本日は時間切れとなった。
耐火レンガ1個では高さが足りないので、薄い普通のレンガを重ねて置いた。
実際の使用では耐火レンガを上の方にする。
ストーブの設置は断熱のことを考えなければならないが、実際に薪ストーブを燃やすとどれだけの熱量が発生するか分からないので、イメージが湧きづらい。
取り敢えず最低限の断熱処理だけして設置し、使いながら具合の悪いところを修正してゆく方が良さそうだ。

夜になると寒くて全然考えがまとまらない。
寝袋に入ると直ぐに眠たくなってくるので、なかなか考える時間がない。
今、非常に気になるのがメガネ石のことだ。
自作したのはよいが、果たしてこれで十分な断熱性能を発揮してくれるかどうか不安になってきた。
よく見ると穴のセンターがズレているし、随分と歪んでいるので取り付けに苦労しそうだ。
ストーブ背後とメガネ石の周囲の断熱がキチンと出来るかが鍵となるだろう。
トタン板を有効活用して断熱をやっていこう。

さあて車の中は寒くて仕方がないので、そろそろ寝袋に入るとしよう。
さっきから震えが止まらない。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『ストーブ台と遮熱板の取り付け』へのコメント

  1. 名前:ぽんたちゃん 投稿日:2015/11/29(日) 21:59:17 ID:7d9b9a8dc 返信

    隊長 みそ汁の具
    白菜とかたまねぎにしといたほうがよいよ。
    人参、ジャガイモは炭水化物だから
    たまねぎは血圧を血糖値を正常に保つし、白菜は長期保存も利きますし
    カリウムが豊富で正常に血圧を正常に保ちます。

    • 名前:karaage 投稿日:2015/11/30(月) 20:06:25 ID:dd7ff928e 返信

      どうもありがとうございます。
      北海道で白菜の味噌汁ばかりだったので、人参じゃがいもを入れていました。
      今は寒くて日持ちするので、今度白菜1玉買うことにします。