ゴローS-8のメンテナンス

こんにちは。からあげです。

昨日はお腹が減りすぎて目が回っていた。
朝とお昼を食べたにも関わらず、実家に戻って道具の後片付けを行っていると、お腹が減ってきた。
5時を過ぎると近年にはなかった強烈な空腹感が襲ってきてお腹が痛くなった。
昔の人はお腹が空いても獲物を捕まえるまでご飯を食べられなかった。
それを考えると食料の備蓄をすることが出来る現代人は凄く恵まれている。

昨日の晩ご飯は一口カツにポテトサラダ、タイのアラ汁に玄米ご飯と豪華だった。
がっついて食べたかったが、そんな風に体にかきこむような食べ方をしてもほとんど身につかず出てしまう。
それでは勿体無いので、よく噛んでゆっくり食べる。
3人前くらいの飯を平らげたところで、急に眠気に襲われた。
コタツからなかなか抜け出すことが出来なかった。
それでもブログ更新だけでもと、決死の覚悟でコタツを抜け出し眠気を我慢してキーをタイプした。

今朝はまだ疲れが抜けていなかったので、トレーニングは中止にして遅くまで寝ていた。
一昨日の急斜面の登下降で下半身にかなりのダメージを受けた。
まだまだトレーニングが足りないと痛感した。
これから更にトレーニングを積んでおっさんはまだまだ強くなる。
歳だからといって自分で限界を設けてはいけない。
さらなる高み、奥地へと目指して前進だ!

朝ごはんを終えると道具のメンテナンスを行った。
昨日、実家に戻ると登山靴の泥汚れを水で洗い流し干していたのだった。
一晩経つとよく乾燥してくれていた。

それでは登山靴(ゴローS-8)のメンテナンスを購入時から遡って順次説明してゆくことにしよう。

2016-02-13-124808

東京で入手したゴローのS-8(通称ゴローちゃん)
靴の詳細に付いては、ゴロー登山靴 S-8 を手に入れた!(2016/2/13)の記事を参照して欲しい。
我が家に持ち帰ったその日に早速クリームを塗ることにした。
もう嬉しくて嬉しくてどうしてもやりたくなった。

Amazonリンク

コロニル ナノクリーム

価格:¥1,150(本体価格)+税
容量:50ml (防水80% 保革20%)

ナノレベルの分子成分が革に深く浸透しつつ表面をコーティング。防水効果が高く、効力が長時間持続します。
ライニングに防水透湿素材を採用した革靴にも使用でき、透湿性を損なうことはありません。
保革成分の含有量が少なめで比較的革の風合いを保ったままお手入れができます。

対象:革製登山靴全般

タカダ貿易製品情報ページより

 

2016-3-6-35

このクリームは、スカルパシェルパを購入した名古屋の駅前アルプスで勧められたもの。
しばらくは塗っていたが、直ぐに無くなりそうだったので、安いミンクオイルを塗っていた。
しかしそのため、シェルパは柔らかくなり過ぎてしまった。
さらにワセリンをクリーム代わりに常用するようになってほとんど使わなくなった。
残り少なくなっていたので、この際全部使い切ることにした。

2016-3-6-1

保革成分が20%ということなので、始めに塗りこむクリームとして最適なのではと思った。
指にとって直に塗りこんでゆく。

2016-3-6-2

初回のクリームのためか、革が凄く吸収する。
塗っても塗っても吸い込まれてゆく。
まるでおっさんの胃袋のようだ。

2016-3-6-3

残り少なくなったのでチューブを解体する。
節約家にはマヨネーズのチューブを鋏で切って中に付いたものも全て使い切るという。
おっさんも負けてはいられない。

2016-3-6-4

チューブの口の方には、たっぷりと残っていた。
おっさん思わず興奮する!

2016-3-6-6

全てキレイに使い切った!
チューブは鉄くずとしてリサイクルする。

ナノクリームの量が足りなかったので、全体に薄く塗るだけにした。
塗った状態で一晩放置した。

2016-3-6-22-00

翌日、続いて防水クリームを塗る。
あとで詳しく説明するが、レザージェルは防水成分100%のクリーム(ジェル状)となっている。
保革成分が多いものを塗ると柔らかくなり過ぎて型崩れするということなので、この防水クリームを購入した。

2016-3-6-8

指にとって直に塗ってゆく。
ナノクリーム同様柔らかくて塗りやすい。

2016-3-6-9

愛情を込めてクリームを塗りこむ。
ゴローちゃんを可愛がる。
いい子いい子。

2016-3-6-10

防水クリームが乾いたら100均ブラシでブラッシングする。
力を入れてゴシゴシするといい感じになった。

 

購入後、保革成分20%のナノクリームを薄く全体に塗り、続いて保革成分なし防水成分100%のレザージェルを濃い目に塗ってブラッシングした。
これで初回のクリーム塗りこみ靴磨きは終了とし、慣らし履きに移ることにした。
実家周辺を水入りペットボトルを入れたザックを背負って何日か歩いた。
始めから靴ずれはほとんどしなくて履き心地は良かった。
慣らし履きを行っている時は、定期的にレザージェルを塗りこみメンテした。

そして今回の鈴鹿プチ山行でゴローちゃんのテストを行った。
結果は非常に良好だった。
雪が解けて泥濘んだ状態でもほとんど浸水はなし。
渡渉を繰り返した治田峠越えではさすがに染みてきたが、ほんのりと湿っぽくなっただけだった。
コンディションの悪い春山でも十分な防水性能を発揮してくれたので、冬山でも低山だったら十分行けると確信した。
(冬山高山はおっさんの方が先にくたばってしまう。)

鈴鹿から戻ると靴のチェックを兼ねてじっくりとメンテナンスを行った。

 

2016-3-6-14

おっさんの靴メンテナンスセット
ミンクオイル、防水スプレー、ブラシなど。
出来るだけお金を掛けないように、安価な商品を揃えた。

 

 

Amazonリンク

タラゴ ミンクオイル

製造元 タラゴ社(スペイン)
販売元 株式会社ルボウ
内容量 100ml

 

 

 

 

商品説明
ミンクオイルを含む動物性油分が皮革に深く浸透し、柔軟性を保ちひび割れを防ぎます。
また同時に防水効果を与えます。

使用方法
ブラシやクリーナーで表面の汚れを落とし、次に柔らかい布にオイルを取り、全体に塗りこみます。
オイルが浸透しベトつきがなくなったら、柔らかい布でやさしく磨き上げてください。

使用上の注意
スエードやヌバック等の起毛革、エナメル、爬虫類には使用できません。
色落ちやしみになる特殊仕上げの皮革がありますので、必ず目立たないところでテストして下さい。

用途
スムースレザー、オイルレザー

商品裏の表示より抜粋

 

2016-3-6-15

2016-3-6-16

ネットで調べて一番大容量で割安なものを購入した。
ミンクオイルは、革に栄養分を与えてひび割れを防ぐために塗るが、頻繁に塗ると柔らかくなり過ぎて型崩れしてしまうので、たまに塗るだけにする。
今回のメンテナンスには使用せず。

2016-3-6-17

2016-3-6-18

M.モゥブレイ ハイシャインポリッシュ

種類  油性
成分  ろう、油脂、有機溶剤
用途  スムースレザー
内容量 65ml

 

ネットで見かけたので試しに買ってみた。
革製のウォーキングシューズや普段履きの登山靴に塗ろうと思って安めのものを選んだ。
今回はウォーキングシューズに塗ってみた。

 

 

Amazonリンク

コロニル レザージェル

容量:230ml (防水 100% 保革0%)
価格:¥1,950(本体価格)+税

ヌバック革の風合いをほとんど損なわずに防水のお手入れができるジェル

革、布の両方に使用可能で布革コンビの登山靴にも適しています。
ゴアテックス等の防水透湿素材を採用した登山靴に使用しても透湿性を損ないません。
栄養成分が含まれませんので、保革が必要な場合はご使用前に別途保革成分入りの商品にてお手入れを行ってください。
対象:布革・革製登山靴全般

タカダ貿易製品情報ページより

2016-3-6-22-00

サービス増量中の230mlタイプを購入した。
皮革成分なしなので、思う存分塗っても型くずれしない。

防水成分100%ならワセリンでもいいかも知れないと思う読者もいるかもしれない。
去年の北海道では登山靴にたっぷりと塗って防水性を強化させた。
しかし、そのことによって新たな問題が浮かび上がって来たのだった!

20150708-180236-0

薬局で安価に購入できる白色ワセリン

20150708-170446-0

ワセリンをたっぷり塗布した登山靴

ワセリン塗布によって発生した問題点

・足が蒸れるようになった。
・靴に中にカビが生えることもあった。
・革が硬くなった。

上記の問題はワセリンによって革本来の持ち味の通気性や透湿性がなくなってしまったため引き起こされたと思われる。
防水性は高まるが、足が蒸れて靴下が汗で濡れてしまって靴ずれが起きやすくなった。
また少し硬くなって靴の履き心地が悪くなったように感じる。
こういうことが起こったので、新規に購入したゴローちゃんにはワセリンを塗布することは止めることにした。
短時間の歩行なら問題ないが、夏場の長時間歩行を伴う縦走では厳しいと感じた。

* ワセリンを分厚く塗り過ぎたことにより上記の害が発生したのかもしれない。今後はもう少し薄く塗って様子をみる。
(既にワセリンを塗ってしまった普段履きの登山靴で試す。)

それでは再びレザージェルの説明に戻る。

2016-3-6-23

2016-3-6-24

商品名 レザージェル

特長
フッ素化炭素樹脂が配合されたジェルが皮革に浸透し、水や汚れから保護します。
スムースレザー及び起毛皮革に使用できます。圧縮ガスを使用していないため、屋内で安心して使用できます。

対象素材・製品
スムースレザー、スウェード・ヌバック等の起毛皮革の靴、バッグ、小物等

使用方法
対象素材・製品表面のホコリや汚れを布やんブラシで落としてください。ノズルを左に回してロック解除したあと、ノズルを押してジェルを布に適量とり、皮革に均一に塗布してください。スムースレザーは乾いたあと、ポリッシングクロスで乾拭きしてください。スェード・ヌバックは乾いたあと、クレーブラシでブラッシングして毛並みを整えてください。

主要成分 フッ素化炭素樹脂・オイル・有機溶剤
種類   乳化性
    カラーレス

2016-3-6-7

ノズルを右に回すとロック、左に回すとロック解除となる。
ロック解除してポンピングするとジェル状のクリームが少しずつ出てくる。

2016-3-6-26

これはホームセンターに売っているような防水スプレー
メンテの時間がない時に上からチャッチャとスプレーするくらいで靴にはほとんど使用しない。
防水性が需要なザックカバー、カッパ、スパッツに使用すると、一定期間水を弾くようになる。

Amazonリンク

コロニル ワックスプルーフ

容量:250ml (防水 70% 保革30%)
価格:¥1,750(本体価格)+税

防水・保革のお手入れを簡易的にできる環境に配慮したポンプ式スプレー

防水と同時に保革のお手入れもできるCollonilの定番商品。
革の内部にまで成分が浸透し、防水と保革効果を高めます。
ライニングにゴアテックス等の防水透湿素材を採用した登山靴にも対応。
対象:革製登山靴全般

タカダ貿易製品情報ページより

2016-3-6-25-00

これは冬用登山靴購入の時に勧められて購入した防水スプレー
決して安いものではないので、大事に少しずつ使用していた。
メンテの時間がない時に必要最低限使用するのみ。
やっぱり道具は使い分けが必要だ。

2016-3-6-19

100均の靴洗い用ブラシ
微妙な硬さのブラシで靴洗いから靴のブラッシングに使用している。

2016-3-6-20

クリームを塗ってからブラシで磨くと細かい隙間にも入り込んで綺麗に磨くことが出来る。
ほんまモンは高いので100均グッズでなんとかする。

2016-3-6-21

ホームセンターで360円くらいで購入したブラシ。
柔らかいので優しく磨きたい時に使おうと思っている。

2016-3-6-28

防水クリーム(レザージェル)を塗った左側と乾かしただけの右側
塗った左側のほうが若干黒っぽい。

2016-3-6-29

つま先のアップ
上の画像と同じく左が防水クリーム塗布済み、右が未施工。

2016-3-6-30

靴は初めが肝心だと思って惜しまず防水クリームを塗りこむ。
クリームの成分が浮いてくるのか若干湿り気を帯びる。

2016-3-6-27

アッパーと靴底の間の革にも塗りこんでおく。

2016-3-6-32

乾いたあとにブラッシングとウエスで磨いて紐を通した。
これでいつでも実戦投入可能な状態となった。
待ってろ東北!
今年の夏はおっさんが行ってむやみやたらにウロウロするからな。

2016-03-07-091211

慣らし履きを終えて(購入後約1月)から靴の重量を計測してみた。
インソールB+、靴紐を付けた左右両方の重量 約2.5kg

2016-3-6-31

ウォーキングシューズには、M.モゥブレイ ハイシャインポリッシュを塗ってみた。
ブラシに付けて塗りこんだあとにウエスで磨いた。
舗装路歩きはウォーキングシューズの方が良い。
四国遍路の時、身を持って知った。
ぶらぶらと徒歩旅の時に出番がある。
もちろん東北にも持って行く。

2016-3-6-11

靴のメンテの他にもいろいろ作業した。
長袖シャツの補強、靴下の穴の修理を行った。
もう裁縫は定番となった。
チマチマとした針仕事は集中できる。
巷では近眼は老眼にならないと言われているが、そんなの都市伝説だと思い知った。
最近、手元が怪しくなってきた。
針の糸通しに時間がかかるようになってきた。
指先が震えてやりにくいのではなく、近くがぼやけるのだ。
おっさんは老眼になりつつあるようだ。

認めたくないものだな、自分自身の、おっさん故の老眼というものを!!!

2016-3-6-12

ポールの手入れを行う。
ワセリンを薄く塗っておくと伸び縮みしやすいことが分かった。
今後はキッチリやっておこう。

2016-3-6-13

積雪期にこそ真価を発揮するトレッキングポール。
もちろんダブルで使用する。
ポールを前に突いて3点支持で歩けば、ずり落ちやすい急な斜面も楽に登ってゆくことが出来る。
(ポールを使わずに何度もずり落ちていると逆に地面を痛めることになる。最小限のダメージで通過出来る。)

2016-3-6-33

ガソリンストーブ本体の掃除を行った。
掃除のあとの火だるま状態のプレヒートを見てもおかんは普通にしていた。
私の作業を見ていても一々うるさく言わないようになった。
これはいい傾向だ!
ボケたのか、それともただ単に見慣れただけなのか。

2016-3-6-34

メンテ後は綺麗なウエスを下ろして綺麗に拭いた。
これでいつでも全開状態のXGK-EXのパワーを使うことが出来る。

さあて今日は無駄に作りこんだ記事となった。
ようやく公開のボタンを押せるぞ。
よし、ポチッとしよう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『ゴローS-8のメンテナンス』へのコメント

  1. 名前:大伴細人 投稿日:2016/03/06(日) 15:12:10 ID:caa4b8f28 返信

    自分は安物の靴ばかりで靴の手入れをしたことないので、工程の多さに驚きました。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/03/07(月) 17:47:21 ID:72866561a 返信

      こまめに手入れすると長持ちしますからね。
      革靴のメンテナンスは勉強中です。

  2. 名前:tarabatara 投稿日:2016/03/07(月) 09:17:07 ID:d269478ef 返信

    白色ワセリンは浸透させるようにたっぷり塗るもんじゃないだに
    そんなことしたら靴にビニール袋かぶせたようなもんだに
    革の栄養クリームではないから、なるべくうすくぬるのがコツだに
    使い方(車のWAXのように薄く塗る)と目的(防水と革の表面保護)を間違えてるだに

    • 名前:karaage 投稿日:2016/03/07(月) 17:50:01 ID:72866561a 返信

      いやあ、テッカテカに光るほどワセリンを塗りこんでいました。
      足がやたらと汗をかくようになったのでおかしいなと思っていました。

      新しいS-8は当分ワセリンを塗らないでおこうと思います。
      他の登山靴でワセリンの効果を検証してみます。