平成27年分の確定申告による還付金をゲットしてミッション完了!

こんにちは。からあげです。

今日はもう一つ記事をアップしよう。
以前はネタがいくつかあっても一緒にまとめてアップしていた。
しかし、それではゴチャゴチャになって読者が分かりにくいだろうということで、これからはどうしても書きたいタイムリーな記事が複数ある場合は、個別に記事を作成してアップすることにした。

先ほど雨が上がって日が照ってきた。

2016-3-19-2-2

ところで話題は平成27年分の確定申告について。

超零細自営業者の私にとって確定申告は年明けの一大イベントとなっている。
今回は出稼ぎに行かなかったので、たっぷりと時間を割いて作業することが出来た。

中でも「MFクラウド確定申告」に助けられた。
無料プランでも毎月15件まで仕訳可能なので、零細自営業者には十分使える仕様となっている。

平成27年分の確定申告書は、2月25日に郵送で管轄の税務署に提出した。

参考リンク 零細自営業者の確定申告~気になったいくつかの疑問点(2016/2/25)

普通郵便で発送140円、返信120円、計260円のお金が掛かったが、無事文書収受のハンコを押された控えが戻ってきた。

山小屋に戻って控えを確認してみて驚いたことに、発送日の翌日の日付でハンコが押されていたことだ。
今ではe-Taxが当たり前となり、窓口や郵送で紙版を提出するのは少ないのか。
去年より確実に作業のスピードが上がっている気がする。

2016-03-19-2-1

確定申告で嬉しいことは、バイトで源泉徴収された所得税が戻ってくることだ。
今回の還付金は4,890円
手続き開始年月日がH28.3.14となっているが、翌日には指定したゆうちょ銀行の口座に振り込まれていた。
なんというスピード処理だろうか。

税務署の仕事のメインは、これからなのだろうか。
提出期限が済んでから、金になりそうなところを徹底的に調査して、申告内容の不備を見つけ出し、税金をもぎ取ってゆくのだろう。

今はまだノーマークだろうが、収入が増えて経費の計上をするようになってからが重要だ。
適法に会計処理を行い税務調査に怯えるこなく日々を過ごしたい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『平成27年分の確定申告による還付金をゲットしてミッション完了!』へのコメント

  1. 名前:ぽんたちゃん 投稿日:2016/03/19(土) 15:07:07 ID:ed35566ec 返信

    非正規労働者が4割、個人事業主がどんどん増え、建設業の一人親方
    ITも一人親方が増えております。派遣されるぐらいなら一人親方の
    ほうがいいです。私も現在ITの一人親方です。
    国としてはサラリーマンが一番税金を徴収するのが簡単なのです。
    その体制人数しか税務署員数しかいません。きっちりやるのであれば
    今の10倍以上必要なのです。なので、1件当たりそこまでチェックする
    ことは不可能との事。964ですかね。またはトウゴウサンです。
    独身者でも税務署の署員の人が結婚して扶養してることにしときなさいとか
    アドバイスを受けるほどです。それほど国民健康保険は高いですよね。私は
    病気持ちなので高くても支払わないとだめなのです。
    少しでも健康保険制度が続くように節約できるところは節約してほしい。
    アメリカでは貧乏人は骨折しても病院にはいけませんからね。orz

    • 名前:karaage 投稿日:2016/03/20(日) 20:33:29 ID:ecb926aff 返信

      自営業なら自分で稼ぐお金をコントロール出来て節税出来ますからね。
      サラリーマンはいいように徴税されるのみです。
      今後ますます自営業者は増えるでしょうね。

      国保は本当に高いと思います。
      日本人は無闇矢鱈に病院に頼って医療費を増大させています。
      自分の生活習慣を改めずに薬でなんとかしようとします。
      無駄遣いしている人達の意識が変わらないとだめでしょうね。