MonotaROオイルで激安オイル交換

こんばんは。からあげです。

今朝は随分と冷え込んでマイナス3℃を記録した。
やけに寒いなあと外の温度計に目をやるとビックリ仰天した。
最近、寒暖の差が激しいので、体内センサーが狂っている。
こういう時は道具に頼るに限る。

予定通り今日は朝飯前にオイル交換を行った。
家では出来ないので、近所の舗装された駐車場でこっそりと作業する。
家でやって出来ないことはないだろうが、エンジンにゴミが入りそうで怖い。

スポンサーリンク

ジムニーJB23Wのオイル交換

4ヶ月経過、走行距離約2,500km
前回オイルエレメント交換

今回はまだ早いが廃油が欲しいので、前倒しで作業を実施した。
前回の交換は、散々北海道で走り回った後だったので、随分とオイルが汚れていた。
それなので早めの交換は、エンジンの洗浄になって良いかなと自分に都合よく勝手に解釈した。
前回オイルエレメントを交換しているので、今回はオイル交換のみ。

2016-03-22-073920

使用するオイルは、現場を支えるネット通販でお馴染みのMonotaRO特製のもの。
2年半ほど前にペール缶で購入した。
1缶 5,651円(税込み)だった。(当時、消費税は5%)
1Lで283円。
現在は少し値上がりしているようだ。

2016-03-22-185004

2016-03-22-184944

MonotaROオイル 5w-30

API           SM/CF
ILSAC         GF-4
ベースオイル 100%合成潤滑油(グループ3)
内容量          20L

スズキ指定エンジンオイル 

 スズキエクスターオイル  SM/GF-4/CF 10w-30
     〃          SM 5W-30
 スズキエクスターオイルF    SL  5W-30 

 規定量

 オイル交換時             2.8L 
 オイル、オイルフィルター同時交換時  3.0L

取扱説明書サービスデータより

 

2016-03-22-071056

エンジンオイルを抜き取ったところ。
ジャッキアップせずにそのまま下に潜り込んで作業した。
駐車場を汚さないように段ボール箱を敷いた。
今回、廃油は処理ボックスに入れずに容器で受ける。
箱に入れてしまうと中に入っている繊維が油を吸収してしまって使える量が少なくなってしまうためだ。
こうして広くて浅い容器に入れると見た目の汚れ具合が分かりやすいし、作業自体もやりやすかった。

2016-03-22-072951

使用済みのドレンプラグのパッキン
表側がオイルパン側。
一度使うと凹んでしまうので、再使用はしない。
安いものなので、リスクを冒す必要ははい。

2016-03-22-074316

MonotaRO 国産車用ドレンパッキン

DPS-108  1パック(20個)
注文コード 10264414

当時購入した時の値段は324円
単価は16円

2016-03-22-070037

新しいパッキンを付けてドレンプラグを締め付けたら新油を投入する。
エレメント交換なしで規定量は2.8L
小屋でこのオイルジョッキに3L入れてくるんだけど、ちょうど容量が3Lで入れる時に少し溢れてしまう。
今日も少し零してしまった。
今度から面倒でもペール缶ごと持って行って半分ずつ入れるとしようか。

2016-03-22-071106

廃油をバットからポリタンクに移す。
これはウインドウウォッシャー液が入っていたもので、容量は4Lとちょうど良い。
2Lの角形ペットボトルで作った自作漏斗をセットするとジャストフィットした。
始めからこうやって使われる運命だったのか。
手持ちの物でなんとかなると凄く嬉しい。

2016-03-22-115356

今回のオイル交換で廃油を2.8Lゲットした。
なぜ、廃油が欲しかったかというと、防腐剤代わりに木に塗るためだ。
ポリタンクには蛇腹のホースが付属して注ぎやすい。
小出しの容器は無添加こうじ味噌の入れ物を使う。
刷毛はボロボロになったヤツ。
これらは全てタダ!
商品の値段に容器分も含まれているので厳密にはタダではないが、気分的にはタダ同然だ。
まあ、細かいことは気にしないようにしよう。
余計なことを考えるとハゲるかもしれない。

 

次回のオイル交換はどうしようか迷うところ。
東北から戻ってからだと遅いし、出発前だと早すぎる。
旅の途中でガソリンスタンドなんかでやってもらうのがいいかも知れないが、荷物満載の状態であまり人に弄られたくはない。
計算上では残りのオイルは3Lとギリギリだ。
ちょっとずつ零したりしているので、多少少ないかもしれない。
ここは面倒だがジョッキに入れて計量してみるしかない。
もう、オイル交換する気満々だな。

2016-03-22-074631

今日気がついたんだけど、MonotaROのペール缶はフタ付きではなくてキッチリと閉じられている。
これを開けてバケツのように使うには缶を切る必要がある。
こうしたペール缶用の缶切りがあるのだろうか。
缶を切らずに入れ物として使う場合、中の洗浄をする必要があって面倒だ。
それに中には多少のオイルが入っているので、それらをかき集めれば油差し用くらいにはなるだろう。
まあ、これは考えておくことにしよう。

2016-03-22-135716

今回のオイル交換の前後では違いが分からなかった。
違いが分かるおっさんなどとニヤリとするはずが出来ずじまいだった。
色は結構汚れていたが、成分はそれほど劣化していなかったらしい。
まあ、廃油欲しさに早めにやったので仕方ない。
出た廃油は全部使う予定なので、それほど地球に厳しくはないだろう。
本来なら使い倒した廃油を使いたいところだが。

 

ちなみに今回のオイル交換の費用は、

808円

オイル 283円×2.8L+パッキン16円=808円

手間が掛かっている割には劇的に安くはないが、オイルの汚れ具合や作業のコツ、廃油などを得られるので良しとしよう。

コツは教わるのではなく、自分で覚えるもの。

参考記事
ジムニーのオイル交換をする(2013/11/18)

 

おわり

 

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『MonotaROオイルで激安オイル交換』へのコメント

  1. 名前:まっつー 投稿日:2016/04/02(土) 21:37:08 ID:de19dc94d 返信

    最近ブログに気づき最初から順に読んでいっています。古い記事へのコメントで申し訳ありません。
    当方、自動車整備士をしておりまして、整備関係はコメントでアドバイスなどしたいと思っております。

    ペール缶の蓋ですが、上面だけ取れるようになっています。外す方法はサイドの丸い面に当たっている爪を全て上側に起こすと簡単に外せます。中身を出し切りたいときや入れ物に使いたい、コンパクトに処理したいときにそうやっていますよ。

    新しい記事を見ていなくてすでに解決していたら恐縮です。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/03(日) 15:43:38 ID:6a362317a 返信

      どうもありがとうございます。
      MonotaROのオイル缶は、密閉式でフタが取れません。
      缶切りで開けるみたいです。

      今度、車の車検があって自分で整備するので、アドバイスお願いしますね。

  2. 名前:UTA 投稿日:2016/05/20(金) 16:20:26 ID:cfbd77ece 返信

    こんにちは、はじめまして。自分も車いじりや自家発電などなどに興味があるので参考になります。
    私も素人なので詳しくはないのですが、ひょっとしたらペール缶用の缶切り?みたいな道具もあるのかもしれませんね。
    ないのなら金切ばさみかなにかで切るのが無難なのでしょうか。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/05/20(金) 21:33:05 ID:05a3f7a98 返信

      ネットで検索すると、ペール缶用の大きな缶切りがありました。
      値段もさほど高くはありません。
      2缶目もMonotaROオイルを選択しようと思います。