ロリポップバックアップオプションで憂いなし

こんばんは。からあげです。

ブログを復旧し先ほど図書館から戻ってきた。
車をバックで入れるときに注意力散漫で木にぶつけそうになった。
危ない危ない。
今、ご飯を炊きながらパソコン弄りを再開した。

私はプロブロガーだ。
サイトのメンテナンスで更新が出来なかった分は早めに取り返す。
復旧しただけでホッとしてはダメ。
これからガンガン行くとしようか。
ふふふ。

2016-3-30-2-5

ふう。これから作業再開だ。
さて何をやるんだったかな。

そうだった、昨日バックアップオプションとプラン変更を申し込んだのだ!
私の使っているレンタルサーバーは、業界大手のロリポップだ。
これまでオプションなし、ライトプランで頑張ってきた。
しかし、WordPress手動バックアップの欠点(2016/3/28)の記事で書いたように、欠点が目立つようになって、いつの間にか重要なバックアップが疎かになっていた。
さらにデータベースをPHPmyadminからエクスポートすると途中で切れてしまい不完全なバックアップしか取れないようになっていた。
サポートセンターに問い合わせると、テーブルごとに小分けして行うかバックアップオプションを利用してください、とのことだった。
この小分けして行うのは非常に面倒くさい。
記事が増えてデータ容量が膨らんでくると、テーブルごとにエクスポートする必要が出てきてしまった。

このブログは今では私の最大の収入源となるまで育ってきた。
多少の障害が発生したくらいで、すぐに表示されなくなる訳にはいかない。
ブログは私が寝ている間も働いてお金を稼いでくれるのだ。
手動バックアップの限界を身をもって知った今、もうここは投資するしかない。
投資した分以上のリターンが確実にあるのだから。

2016-3-30-2-1

決めたからには早速行動開始だ!
ロリポップバックアップオプションについてはイチイチ説明するまでもないだろう。
おっさんのおかしな説明より、分かりやすいHPを読んだほうが手っ取り早い。

ユーザー専用ページにログインして申し込みを行う。
契約は一月毎の更新(初期設定では自動更新となっている。)
料金は一月324円(税込み)。
支払い方法は、便利で簡単なクレジットカードを選択。
なんと10日間の無料期間がついている。

バックアップオプション特約

第8条(バックアップデータ等の非保証)

2.当社は、理由の如何を問わずバックアップデータが滅失又は毀損した場合に、これを復元する義務を負わないものとします。

ロリポップ利用規約より

あくまでロリポップはサービスを提供するのみ。
データはユーザー自身で管理しなければならない。
キッチリとローカルにデータをダウンロードしておく。

2016-3-30-2-3

バックアップオプション管理画面

ここでスケジュールの設定を行う。
過去7回分のデータがバックアップ専用サーバーに保管される。
いつでも好きな時に復元したり、ローカルのパソコンにダウンロードしたりすることが出来る。

バックアップ設定

FTPサーバー    7日に1回 03:30
データベース   3日に1回 04:30

設定は以上のようにした。
ブログは毎日更新するので、記事やコメントなどのデータが含まれるデータベースは毎日行うべきだが、敢えて3日毎として21日間サーバーに保存されるようにした。
似たようなデータがいくつあっても仕方ない。
FTPサーバーには、テーマやプラグイン、アップロード画像などが入っているが、画像はパソコンに原本があるので困ることはない。
テーマやプラグインはダウンロード出来るので、設定を覚えておくだけで良い。
よってより長い期間をカバーできるように7日としておいた。
50日近くもあれば、異常に必ず気がつく。
時間は、30分刻みで設定出来る。アクセス数が少ない早朝の時間帯にセットした。

2016-3-30-2-4

手動でバックアップしているところ。
手動バックアップは24時間に1回実行可能。
(暇人が日に何度も実行してサーバーに負荷を与えないように)

今回、サイトの復旧でオプションでバックアップしたデータが早速役に立ってくれた。
私のパソコンに保存されていたデータは2月中旬のものだった。
一月以上前のものだったので、その間のデータが復旧出来ない。
使ってみて思ったことは、このバックアップオプションは非常に使いやすいということだ。

2016-3-30-2-2

WordPressのデータは、FTPサーバー、データベースサーバーに分かれて保存されている。
バックアップされたデータは、専用のバックアップサーバーに保管される。
これがシステムの大幅な強化につながる。
同時に全てのサーバーが同時にダウンすることは滅多にないだろうが、一つくらいならあるやも知れない。
どれか一つなら、データは完全に消えないので、簡単に復元出来る。
さらにローカルのパソコンにバックアップデータをダウンロードしておけば、いかなる事態になろうとも必ず復元できる。
これは心強い。

WordPressは、プラグインを入れたり、プログラムを書き換えてたりして設定変更するが、その時不具合が出るのはよくあることだ。
新たな機能を付け足す際は、プラグインの追加が簡単なのでよくやるが、プラグイン同士の相性が悪いとWordPressの挙動が不安定となる。
そんな時バックアップデータが重要となる。

私のネット環境はMVNOで回線が細く不安定なので、サーバーにバックアップデータがあると非常に助かる。
自動でバックアップ出来るプラグインもあるが、同じサーバーにバックアップデータを保管するので意味がない。
(クラウドストレージに保管出来るものもあるが設定が面倒)

ユーザー専用ページにログインしてバックアップや復元などの指示を出すと、環境の整ったサーバー間でデータをやり取りしてくれる。
手動の時のようにいちいちローカルにダウンロードしてからアップロードする手間がいらない。
使ってみて本当に便利だなあと思った。
これならMVNO回線でも簡単確実にバックアップすることが出来る。
活動中でなかなかパソコン作業に時間を割けない時でも、月1回ならローカルにバックアップデータをダウンロードすることくらいなら出来る。
試しにローカルにダウンロードしてみると途切れること無く完全なデータを手に入れることが出来た。

なお、ロリポップでは、サーバーのバックアップを独自に行なっていて、利用者の求めに応じて復旧することも行っている。
ただし、バックアップ日時や間隔などは明らかにされていない。
復旧手数料 10,800円(税込み)

参考リンク 
ロリポップよくある質問集(ウェブサーバーのデータやメール、データベースを誤って削除してしまいました。復旧できますか?)

バックアップ出来なくてやきもきするくらいなら、月額324円払って気分的に楽になった方が良いと思った。
高額な復旧手数料を考えれば、オプション代など安いものだ。
ライトプランは月額270円(税込み)なので、本契約よりオプションの方が高くなってしまうが、システムの安全性を考えるとこのオプションは付けたほうが良い。
このバックアップオプションに気を良くしたおっさんは、プラン変更して上位のスタンダードプランへと変更した。

さてその続きは、また今度。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク