コンポストトイレのその後

こんにちは。からあげです。

昨日までの抜根作業で消耗した体は直ぐには元に戻らない。
朝起きると上半身を中心に筋肉痛となっている。
肩と背中に違和感がある。
腹筋、背筋と懸垂をやって上半身の強化をしていたが、あの大きな切り株にはまだ力が足りなかった。
今後は腕立て伏せもやっていこう。
これまでも筋トレに腕立て伏せを組み込んでいたが、いつも長続きしない。
子供の頃、部活で無理やりやらされたことを思い出して体が拒絶反応するのだ。
今思えば、あれは虐待だなと思う。
子供に筋トレをやらせるより、実際にボールを扱って練習したほうが良い。
楽しみながら自然と筋トレ出来るからだ。
体が出来ていない子供に反復して筋トレをさせるのは虐待、いや拷問だ。
単に担当の教師がやりやすいためだな。
おっといけない、また愚痴が飛び出してしまったぞ。

昨日、夕方から雨が降り始めて一晩たんまりと降って朝方止んでくれた。
頑張って埋め戻し作業したおかげで今日は何もする必要はない。
雨降って地固まるだな。

今日からしばらく外作業は止めだ。
疲れた体をゆっくりと癒す必要がある。
おっさんの体は今、休養を求めている。

2016-04-14-090902

ところで、今日はコンポストトイレの話。
ヒノキの間伐材で骨組みを作りシートを付けて簡素なトイレ小屋を作ってから一週間が経った。
シルバーシートは付近の景色に溶け込み違和感はない。
思ったほど耐風性能があって、シートやポリカ屋根は風が吹こうとも大丈夫だ。

小の分離システムを取り付けないまま、とりあえず運用を始めて6日目となった。
今のところ、何の不具合もない。

コンポストトイレ内側

トイレ内の様子

手前のペール缶が使用済みの紙を入れるゴミ箱で、床下から顔を出しているペール缶が便器兼便槽だ。
ペール缶に直に大をする度に、ブツの状態をチェックしながらかき混ぜ棒で中をかき混ぜる。
小は無添加カップ味噌の空き容器にして、ペール缶の中には入れない。
そのためか、粘度が高くて少し重たい。
中をかき混ぜたあとで、上からスコップですくった落ち葉や土を載せる。
そうすると匂いはほとんどしなくなる。

ペール缶を床下から出して良かったなあと思う。
的を外してはみ出す心配がない。
これまで7回大をしたが、危なかったことは一度もない。
距離が近い分狙いは正確になる。

ペール缶の中身は3分の1が埋まったところ。
始めは訳が分からずたっぷりと土を入れて無駄に容量を増やしていた。
今は最低限の土を被せるのみ。
見た目、それほど分解は進んでいない。
ペール缶を幾つも用意してしばらく寝かすことにしようか。

2016-04-14-090920

昨晩の大雨でシートの隙間から雨が吹き込み中が濡れていた。
軒が短くて雨に弱い。
屋根はポリカ波板を2枚並べた幅しかないので、軒を長くしようとすると中を狭くしないといけない。
多少の雨が吹き込むのは仕方ない。
それより、快適性を重視した。

2016-04-14-090912

雨で濡れた床板。
あれだけの雨でたったこれだけなら良しとしよう。
これなら直ぐに乾いてくれる。
シートで囲っただけの簡素な小屋なので、通気性は抜群。
吹き抜ける風が匂いと湿気を運び去ってくれる。

コンポストトイレ目隠し

目隠し用のトタン板に異常なし。
重しに石を載せて、上をロープで縛っているので飛ばされる心配はない。
きっちりと目隠しの仕事をしてくれている。

コンポストトイレ目隠し

掘っ立て柱の様子

雨の跳ね返りが上の方まで飛んでいる。
調子に乗って80~90cmくらい焼いてしまって、番線で縛る時に手を汚して鬱陶しい思いをしたが、多めに焼いておいて正解だった。

コンポストトイレ下側

床下の様子

これがコンポストトイレの心臓部だ。
重量ブロックで嵩上げした上にペール缶を置いてあるだけ。
雨は床下まで入ることは無かった。

トイレ小屋外観

スポンサーリンク

トイレ小屋建築費用

合計 6,262円

内訳

重量ブロック     128円×6   768円
シルバーシート    455円×2+送料350円 1,260円
番線#12      898円
ポリカ波板 9尺 1,280円×2 2,560円
傘釘         248円
シノ       1,080円
カスガイ       108円×2   216円

今回、ヒノキの間伐材を無料で手に入れられたのが大きかった。
出来るだけお金をかけずに作ってみた。
システムは非常にシンプルなので、手間も維持費もほとんどかからない。
分解が進みやすいように毎日かき混ぜるくらいかな。
あとは劣化しやすいシートを定期的に交換して、掘っ立て柱が腐ってきたら建て替えることになるくらいか。
掘っ立て柱の耐久性が良ければ、今後薪小屋や道具置き場なんかも作ってみたい。

トイレ小屋建築関連

掘っ立て柱をこんがり焼いて防腐処理など(2016/4/3)
資材の調達(2016/4/4)
トイレ小屋の骨組みを作る(2016/4/5)
トイレ小屋の屋根を載せて各部の補強(2016/4/6)
トイレ小屋にシートを取り付け(2016/4/8)

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『コンポストトイレのその後』へのコメント

  1. 名前:タッキー 投稿日:2016/04/15(金) 09:02:32 ID:061625739 返信

    トイレは小屋のなかに作ると言うことは構想になかったのですか。

    からあげさんは筋力トレーニングしているので肉離れはしたことないですか。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/15(金) 20:20:09 ID:5e9d9f1fb 返信

      始めから別棟で作ろうと思っていました。
      小さな小屋だと必然的にトイレとの距離が近くなりますので。
      水洗とは違い多少の匂いがあります。

      肉離れするほどの激しい活動はしませんね。
      筋トレは嫌いなので、最低限少しずつやるだけです。