勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」

こんにちは。からあげです。

今日の体調も今ひとつだ。
何もやる気が起きずにダラダラと過ごしている。
ブログの更新も止めてしまいたいと思うことがあるが、更新を止めれば収入が途絶えてしまう。
ゴールデンウィークのバイトはやらないので、ここはなんとしてでも更新をし続ける。
いったい、このやる気のなさはどうしたと言うのだろうか。
心当たりがあるが、ここはもう少し様子をみることにしよう。

2016-04-25-100354

ダラけた生活を送っている中で、久しぶりに心沸き立つことがあった。

世界一のプロゲーマー「梅原大吾」の著書

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」

小学館  2012年4月7日発行

が凄く面白かったのだ!

以前から話題になっていた本で読みたいと思ったが、通いの図書館に置いていなくて諦めた。
そのうちに忘れてしまったのだが、一昨日とあるブロガーの書評が目に留まった。
ちょっと悩んだが、思い切って購入することにした。
最近、ちょくちょくKindle本などを購入するようになってAmazonポイントが貯まるようになってきた。
ポイントを使って購入した。

読んでみて衝撃を受けた。
これが、プロゲーマーが書いた本なのかと驚いた。
文章を書くことと無縁の世界で活動を続けてきた人間の書いた本なのか。
力強い表現で自身の思いを書き連ねている。
ゲームに対する社会の偏見に打ち勝ち、見事世界一のプローゲーマーの地位まで上り詰めた。
しかも長期に渡ってそのトップの座を守り抜いている。
彼がプレイしているのは2D対戦格闘ゲームのストリートファイターシリーズだ。

ここで私のどうでもいい過去を披露することにしよう。
当時、ゲーセンでストリートファイター2が流行っていた。
略してスト2。
1はどういうものか全く知らない。
横スクロール型の2D対戦格闘ゲームは、当時は斬新なシステムだった。
どこのゲーセンに行ってもスト2だらけだった。
あちこちから、昇竜拳とか波動拳とかの音声が聞こえてきた。
みんな必死になってゲームしていて、ゲーセンに熱気が漂っていた。

高校生だった当時、小遣いを貰っているとはいえ1プレイ100円なので、高くてそんなに出来なかった。
それでもたまに学校帰りにゲーセンに寄ってプレイしていた。
部活をやっていないし、友達がいなくて暇だったのだ。

大学に行かなくなって半引きこもりの生活をし始めてから時々ゲーセンに通うようになった。
アルバイトをするようになってお金に余裕が出来たからだ。
その頃は、スト2ダッシュからターボになっていたような気がする。
初代の2に比べて使えるキャラも増えた。
私のお気に入りのキャラはガイル少佐だった。
その後の続編で階級が上がったのか、よく分からない。
ソニックブームという飛び道具と破壊力抜群のサマーソルトキックが魅力的だった。

私は格ゲーが下手だったので、対戦台でプレイするのは稀だった。
単独プレイ用の台が空いていない時に対戦台で仕方なしに練習した。
しかし、ガラ空きの対戦台コーナーなのに、人がプレイしだすとすぐに乱入してくる奴がいた。
いつも為す術なく袋叩きにされていた。
対戦台なので乱入されても文句は言えないが、見れば直ぐに下手だと分かるのに、乱入してきてボコボコにしてくる。
本当にそいつらの人間性を疑った。

ゲーセンでは散々袋叩きにされていたので、スーファミでスト2が出るとソフトを購入した。
専用のジョイスティックではなしに、通常のコントローラーでやっていたので、全然上達しなかった。
いろいろなキャラを試してみたけど、昇竜拳を安定して出せないことに嫌気がさして止めてしまった。

特にどうということもないショボい私の格ゲーライフだ。
こんなことを書いてお恥ずかしい。
とにかく、当時のスト2人気は凄まじいものがあった。
そのうち、バーチャファイターや鉄拳なども出たが、スト2は根強い人気があった。

そんな一番人気のゲームを梅原大吾は小学生の頃からやり始め、次第に頭角を現してゆく。
始めの頃は負けが多かっただろうに、プレイ代金はどうしたのだろうという疑問が湧いた。
家が裕福だったから親が出してくれていたに違いないだろうけど。
ゲームにのめり込むあまりに周囲から孤立してゆき、ますますゲームにのめり込んでゆく。
子供の頃は、ゲームばかりしていると馬鹿になるとよく言われたものだ。
大人たちはゲームに対して根強い偏見を持っていた。
それなのに彼の両親は勉強しろとうるさく言わない。
やりたいことがあれば、とことんやれと背中を押すタイプだった。
さすがに勉強していないでゲームしろとは言われなかったみたいだが。
こういう理解ある両親のもとに生まれた子供は幸運だなと思う。

私は子供の頃から両親に(特に親父)散々勉強しろと言われ続けて育った。
好きな工作や電化製品の分解を取り上げられた。
小さかった私は不貞腐れて勉強するフリをするしかなかった。
おっといけない、私のことはどうでもいい。
今回はプロゲーマー梅原大吾の話だった。

彼は一時期ゲームから離れて麻雀をやったり介護士の仕事をしたりしていたが、3年のブランクを経てゲームに復帰する。
ゲームから一時離れたことにより、自分にはゲームしかないということに気がつく。
復帰後の彼は迷いなく自分の信じる道を突き進んでゆく。
本を読みなが体の底からモリモリとパワーが湧いてくるような気がした。

2016-04-25-100420

ここで本を読んでいて特に心に感じたところを抜き出してみる。

僕はゲームを楽しみたいとか、ゲームで勝ちたいとか、その程度の気持ではなく、もう少し別の次元で物事を考えている。やはりゲームはあくまでもゲームで、本当の目的は自分自身の成長にある。だから暗くて険しい道を行く。

位置N0.2199中1049

世界のトッププレイヤーは言うことが違うなと思った。
この言葉に勇気づけられた人間も多いはずだ。
たかがゲームと馬鹿にしている人間に見せてやりたい。

 

自分を痛めつけるだけの努力はしてはいけない

自分の限界を超えた期間限定の頑張りというのは、結局は背伸びに過ぎない。食事も満足に摂らず、睡眠時間も削るような取り組み方が長続きするはずがない。

位置No.2199中1556

間違った方向の努力をしてはいけない。
いつも無理に無理を重ねる自分のことを言われている気がした。
馬鹿みたいにパソコンに齧りついて仕事をすればいいってもんじゃない。
日頃の自分のやり方を考えさせられた。

彼は毎日15時間ゲームを練習し続けていた時もあったらしいが、プロとなった現在では6時間ほどやるのみだそうだ。
量より質でいかに密度の濃い練習をするか考えて実践している。
ゲームは、大晦日と元旦以外の363日休みなくやっている。
海外に遠征するときはどうしているのだろうかとふと疑問に思った。
頭の中でイメージトレーニングをしているのか。

 

結局、僕にとって最大の敵は対戦相手ではなく自分自身なのだから。

僕と対戦相手では考えていることがまったく違う。僕は毎日、自分のやりたいことに打ち込んでいるだけあって、勝負に固執していない。

位置No.2199中1799

バーチャルの格闘家でも道を極めると言うことが違う。
私はブログ更新しながら、PV数やAdSenseの収益額に固執している。
まったく恥ずかしい。

 

子供の頃、ゲームに対する偏見に満ちた視線を感じながらも屈することなく、努力を続けてきて良かったと思う。
誰かに批判されたからとか、世間に認めてもらえないからといって、そこでゲームを諦めていたら、この年になっても自分を好きにはなれなかっただろう。

位置No.2199中1978

私はまだ自分のことがそれほど好きではない。
徐々に好きになってきてはいるが。
世間の冷たい視線をはねのけて自分の道を進んでゆきたい。

 

生きることは

僕にとって生きることとは、チャレンジし続けること、成長し続けることだ。

位置No.2199中2115

私の好きなウエイン・ダイアーも似たようなことを言っていた。
所詮ゲームは遊びだが、ゲームをとことんやることにより自分自身を成長させていった。

この本はビジネスマンに売れているというが、本当にそうだと思った。
何冊も自己啓発本を乱発しているような人間とは言葉の重みが全然違う。
何度も挫折しかけたが、その都度パワーアップして復活している。
彼のパワーの源は何なのか。
本書を読めば全て明らかとなる。

 

二日間かけて一気に読んでしまった。
読んだあと、彼のプレイが気になって動画を見た。
躍動感溢れるリュウの動きに魅了された。
クーポンの残量を気にせず、あれこれ見てしまった。
伝説の逆転劇の動画を見た時は年甲斐もなく大興奮した。
ケンが春麗の超必殺技をノーダメージでガードして相手に逆に必殺技を叩き込みKOしてしまうなんて。
夜遅くまで動画を見ていたため寝不足だ。


ストリートファイター Ⅲ ウメハラ神の逆転劇&手放し戦法
(映像 5分11秒)

さあて、昼飯も食べずに昼寝するとしようか。

 

おわり

 

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク

『勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」』へのコメント

  1. 名前:0703 投稿日:2016/04/25(月) 14:37:29 ID:f56c6b447 返信

    自分も少し前にこの本をたまたま買いました。

    自己啓発本の類は色々読んできましたが、読み終わった後も心に留まっているのはこの本だけです。

    人との比較ではなく、自分が出来る範囲の無理のない努力や小さな発見を毎日続けていく事の大切さを学んだ気がします。

    勉強は1日5分と決めて色々していますが(梅原さんとは全然次元が違いますけども)、継続する事によって何かが自分の中で違ってきたと思います。

    また、街に咲いている花とかにも眼がとまるようになりました。

    単調な生活にやるせなさを感じる事も多々ありましたが、自分が出来る範囲の小さな努力や小さな変化に喜び、どんなに小さくても成長し続ける事って凄いことだと今は思います。

    梅原さんはプロの書き手ではないからこそ、自分の実体験を絞り出すように書けたのでしょう。

    にしても凄い人だなあ。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/26(火) 19:48:53 ID:7a47e1e8a 返信

      長年、自分と戦ってきたからこそ人の心に響く文章を書けるでしょうね。

  2. 名前:大伴細人 投稿日:2016/04/25(月) 22:32:04 ID:424898618 返信

    ウメハラ、スゴイですよね。
    僕はゲームは無知ですが、彼のプレー動画を観て感動しましたよ。

    http://hosohito.xyz/2015/12/02/1046574734/
    (恐縮ですが、僕のブログ記事です)

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/26(火) 19:51:00 ID:7a47e1e8a 返信

      この動画は本当に痺れますね。

  3. 名前:リコプテラ 投稿日:2016/04/26(火) 06:59:41 ID:14cc62758 返信

    おはようございます。
    ゲーセンでバイトしてた時期があるので、懐かしいです。
    スト2では春麗を使ってました。その後バーチャファイターの方にはまっていましたね。
    今では全くゲームはやりませんが、梅原大吾さんの本はおもしろそうなので、読んでみます。良い本を紹介してくれて、ありがとうございます。
    私も何もやる気なくなることがありますが、そんな時は山や川へ出かけます。
    このところ私もちょっと気力不足の状態だったので、今日はこれから釣りに行って食材確保とエネルギーチャージをしてきます(^_^)

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/26(火) 19:52:31 ID:7a47e1e8a 返信

      やっぱり疲れた時は好きなことをやるに限りますね。

  4. 名前:たびいちドットコム 投稿日:2016/04/27(水) 15:15:56 ID:423e4c5ef 返信

    プロゲーマー、インスパイヤされますね。私は飽きっぽくめんどくさがりやのなまけものなので、
    少しずつの努力でいいから、日々「確実に継続」することですね。

    ああ懐かしや 青春時代のスト2!
    私もゲーセンでは100円は高いのと、対戦で負けるのはカッコ悪いのでやりませんでした。
    かわりに競馬ゲームやポーカーゲームで10円メダルずつ賭けてセコセコ遊んでました。

    だけどスト2は、PCエンジン版のソフト(なぜか新品で980円で売られていた)を買ってやりまくりました。
    タイ米を食べるとサガットを思い出すし、カレーを食べるとダルシムのヨガパワーが浮かびました(笑)

    だけど、当時自分的にすごいと心からおもったのは、なによりもリッジレーサーでしたね。あのポリゴンを使った本物のようなグラフィックの動きはこれまで見たことがなく、駅前のゲーセンではじめて見た時、まるで博覧会の展示物みたいで「ゲームなのになんて技術だ!」と衝撃をうけましたね。
    あれから20年以上経った今でも、リッジレーサーを今のゲーセンに並べても、そんなに色あせ感はないと思うほどです。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/28(木) 16:46:21 ID:671850a7b 返信

      ゲームは楽しいですからね。
      セガラリーもびっくりしました。
      あの時ゲームが原型になっています。
      格ゲーは見ているのがいいです。

      • 名前:たびいちドットコム 投稿日:2016/05/01(日) 22:17:25 ID:40e42c572 返信

        そう!セガラリーも!
        あれもリッジレーサーに明らかに対抗してるのか、本当に実車を運転してるようななめらかで違和感ない感覚なので、百円入れてよくやりました。

        • 名前:karaage 投稿日:2016/05/02(月) 17:08:58 ID:e7c973041 返信

          ハンドルが重たくなるのが良かったです。
          今度は重力を体感出来るゲームが出て欲しいです。

  5. 名前:ぽんたちゃん 投稿日:2016/04/29(金) 02:30:38 ID:4579e9ec0 返信

    図書館リクエストしたら結構購入してくれますよ
    寝たろうさんの本もきました。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/29(金) 20:10:35 ID:9f8b975dc 返信

      読みたいときに読みたいんです。
      時間が経つと読む気なくなります。

  6. 名前:ぽんたちゃん 投稿日:2016/04/29(金) 02:42:39 ID:4579e9ec0 返信

    別に大人がゲームしてもいいと思いますけどね
    将棋も囲碁もゲームですからね

    • 名前:karaage 投稿日:2016/04/29(金) 20:11:42 ID:9f8b975dc 返信

      今は一億総ゲーマーです。