レギュレーターストーブ ST-310 のカスタマイズ

こんばんは。からあげです。

今日も本当に暑い一日だった。
おっさんは昨日までの作業で完全にヘバッてしまった。
日向の作業で紫外線を浴びすぎて体が焼けて熱くなった。
昨晩は体がヒリヒリして熱っぽかった。
熱中症の一歩手前まで行っていたかもしれない。

それなので今日はトレーニングを中止して午前中はゴロゴロしていた。
その時、以前から気になっていたストーブのカスタマイズをやってみることにした。

2016-05-24-113015

これがおっさん愛用のSOTO レギュレーターストーブST-310だ。
低温に強くカセットボンベ仕様のところが気に入っている。
これまで車中泊や登山で使ってきて私好みの道具だと分かったが、細かい点で気に入らないことが多少ある。

それは点火スイッチが押しにくいことと、ゴトクが熱くなりやすくて滑りやすいことだ。
使用は車中泊がメインなのだが、狭い車内で使っていると体が当たって動いてしまうことがある。
そうすると熱いお湯をこぼしてやけどしたり、火災の恐れがあったりして危険だ。

2016-05-24-114025

ST-310はゴトクとストーブの脚が一体となっているため、使用中は熱伝導によりゴトク(脚)が熱くなってしまう。
そのため、テント内で使用する場合、テントフロアを熱で溶かさないため、下に遮熱板を敷く必要がある。

(本来、テント内でのストーブの使用は、一酸化炭素中毒や火災の恐れがあるため、望ましいことではない。)

使用中にガスが切れてカセットボンベを付け替える際は、ゴトクだけでなくストーブ本体も熱くなっているのでやけどに要注意。
私は軍手を嵌めて作業している。

2016-05-24-113656

本体下部に付いている点火スイッチ

このため点火にはコツを要する。
使用中、ストーブ下部はゴトクほど熱くはならないが、取扱には注意を要する。
ゴトクにホースを取り付けたとしても、草地など下が沈むような場所でテントを張った場合、フロアにストーブを直置きして使用すると本体下部とテントフロアが接して溶ける恐れがある。
そのため、私はテント内でこのストーブを使う時は、必ず薄い合板を敷いている。

ストーブ下部と床面とのクリアランス 約10mm

スポンサーリンク

ST-310のカスタマイズ

以上のことから、ST-310ユーザーの定番カスタマイズ、ゴトクにホースの取り付けをやってみることにした。

2016-05-24-120000

ストーブのゴトクの直径は約4mm。
使用するホースは、以前間違えて購入してしまった燃料用ホースで、外径6mm内径4mmだ。
長さを10cmにカットした。
カットしたホース4本の重さは11gだった。

2016-05-24-120613

そのままだとキツイので、ホースの中に食器洗い用洗剤を数滴垂らして馴染ませたあとではめ込む。
始めの曲がり角をクリアするまでがキツイが、ここを越えると楽になる。

2016-05-24-120858

始めの2本は台所用洗剤で、あとの2本は潤滑スプレーを吹いて入れてみた。
どちらもいい感じで取り付けることが出来た。

2016-05-24-120515

燃料用ホースを付けた様子。
グリップが抜群でちょっと押したくらいでは動かない。
ピンク色がアクセントになっていい。

2016-05-24-121247

ホースを付けた状態での重さは358gだった。
もともと重たいストーブなので、僅かな重量増は全然気にならない。

2016-05-24-121507

カセットボンベを装着して点火してみる。
うむ、なかなかいい感じだ!

2016-05-24-124015

実際にお湯を沸かしてゴトクの温度を確かめてみる。
熱々のゴトクはホースを付けたため、素手で触っても全然大丈夫になった。
使用中に場所移動したい時でも、素手でひょいと持ち上げて出来るようになった。
(以前はボンベを持って移動していた。接続部に無理な力が掛からないように、ボンベとゴトクを持つ方がより安全だろう。)
点火の際は、燃料調節バルブを開けてガスを出し、バルブを引っ張りつつ反対側の手で点火スイッチを押すが、ゴトクのグリップ力が格段に上がり点火しやすくなった。

2016-05-24-124015

カセットボンベの端を動かない段差などに当てて点火スイッチを押した方がやりやすい。
今回、ホースを付けたことによって、かなり扱いやすくなった。

なお、ゴトクにホースを付けるこのカスタマイズを行うとレギュレーターストーブ専用ウインドスクリーン ST-3101が取り付け出来なくなってしまうので注意する。
私は専用の風防を買うのは勿体無いので、ガソリンストーブ用の折りたためるアルミ製の風防を使用している。

最近、メーカーがユーザーの声を聞いてレギュレーターストーブ専用 点火アシストレバー ST-3104を発売している。
500円(税別)というお手頃な値段だ。
しかし、あまりゴチャゴチャ付けるのが気に入らないので買っていない。
どうしても点火しづらい時はライターで火を点ければいいかなと思っている。
この点火アシストレバーと同時にレギュレーターストーブ専用 アシストセット ST-3104CSも発売している。
アシストグリップという名称のホースが付属している。
ポーチ、レバー、ホースの3点が付属するセットだが、こんなのは製品に欠陥があるためだと宣伝しているようなものだ。
とっとと改良版のST-310を出せばいいのにと思ってしまう。
多少値段が高くなっても使いやすくなれば、ユーザーに受け入れられるのではないか。
まあ、私はこのままのST-310でも全然悪くはないと思っている。

2016-05-24-190543

これがテント内で使用するときに敷いている遮熱板だ。
約20cm角の薄い合板だ。
もとはガソリンストーブ用に作った。
不安定な砂地などでも役に立つ。
多少嵩張るが、安価に自作出来る。
踏んづけて割ってしまったら、作り直したらいい。

今回のカスタマイズでさらに使いやすくなったST-310。
東北の旅でどんなパフォーマンス見せてくれるのか楽しみだ。

夜になって涼しくなってきた。
今日は安眠出来そうだ。

参考記事

ガスストーブ(レギュレーターストーブST-310)~ローコストな登山と車中泊のお供に~
こんにちは。探検家のからあげです。 今は北海道で車中泊しならが登山をして遊んでします。 今日は車中泊や登山で便利なガスストーブ(レギュレーターストーブST-310)を紹介します。 これは寒さに強くカセットボンベ仕様のガスストーブです。 四国八十八ヶ所の歩き遍路の途中で荷物の軽量化のために購入したものです。 今ではなくてはならない道具となりました。
レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テスト
こんにちは。探検家のからあげです。 本日は愛用のガスストーブのレギュレーターストーブ ST-310 の耐寒性能テストを行いました。 寒さに強いという触れ込みなので、実際に試してみました。 結果はどうなったのか、本文を御覧ください。
レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テスト その2
レギュレーターストーブ ST-310 耐寒性能テストの第二弾を行いました。 あとはST-310のメンテナンスとマイクロレギュレーターストーブSOD-300Sを紹介します。 耐寒性能テストを2回やってみてようやく満足のゆく結果が出ました。 ST-310が気になる人は是非読んで見てください。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『レギュレーターストーブ ST-310 のカスタマイズ』へのコメント

  1. 名前:白山室堂 投稿日:2016/05/24(火) 22:47:30 ID:a48cc7dd0 返信

    今日は、夏日でしたね。

    東海地方は、サミットで厳戒態勢!

    隊長の

    道具へ対する愛着がわかる記事ですね。

    それにしても、暑い。今年の夏は、猛暑らしいです。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/05/25(水) 21:48:16 ID:3c9b1dc17 返信

      サミットで大変らしいです。

      そうなんですか。
      早めに東北に避難しようと思います。

  2. 名前:リコプテラ 投稿日:2016/05/25(水) 16:48:54 ID:bd06c88d3 返信

    こんばんは。
    先日、渓流テント泊などに使用するためにSOTOのMUKAストーブ SOD-371を購入したところでした。試用したところ、安価なレギュラーガソリンでプレヒートの必要なし、火力も安定していて気に入っていますが、お手軽なガスカートリッジ方式も試してみたいところです。
    ST-310は耐寒性能が高そうで良さそうですね。
    後付けでアシストセットを出しているというのには、ちょっと笑っちゃいましたが。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/05/25(水) 21:55:12 ID:3c9b1dc17 返信

      私もプレヒートなしのMUKAストーブが気になりましたが、ジェネレーターを定期交換する必要があるということなので他のにしました。
      テント内でのプレヒートは危険なので、必ず外でやります。

      SOTOは最近いろいろ出し過ぎだと思います。
      もう少し考えて出せと言いたくなります。