単管パイプで屋外用の棚を作った

こんばんは。からあげです。

ドメイン変更作業が終わってやっとゆっくり出来るようになった。
今回ちょっとした出来心で作業することになったが、やっぱりWordPressだ。
すんなりと終わらせてくれなかった。
私はパソコンのセンスがないので、ことあるごとに壁にぶつかってしまう。
しかし、そのお陰であれこれ身につくのでヨシとしよう。
生まれながら才能があると深く考えもせずに物事が上手く運んでしまう。
低スペックの人間は、持てる能力をフルに発揮して対応しなければならない。
その時、能力の限界値が少しだけ引き上げられる。
だから死ぬまで精進を忘れなければ、それなりの高みに達することが出来るだろう。
全て本人次第。
そんな気がする。

でもまあ暇を持て余すと人間ロクなことがない。
今後、気をつけるとしよう。

ところで、今日はパソコン疲れを癒やすため遅くまでゆっくりしていた。
もちろんトレーニングには行ってきたが、朝飯を食べたあともゴロゴロしていた。
10時前になる頃、スマホ弄りにも飽きたので、寝床から起き出して活動を開始した。
最近、おかんに棚を作ってくれとうるさく言われるようになっていた。
こっちはパソコン作業が終わったところなのにお構い無しだ。
私の実家滞在が残り少なくなっていることに気が付いて、また催促し始めたのだ。
今回、実家に来た頃直ぐに安請け合いしてしまった。
あれがイケなかった。
物置の屋根のペンキ塗りと道具の片付け、刃物を研いだだけでは駄目らしい。
まあ、いいだろう。
今度はいつ来れるか分からない。
天気のいいうちにちゃちゃっとやってしまうことにしよう。

2016-06-14-140442

買出しに行く前に棚を作る場所を再びチェックした。
この雑多な道具が置いてあるところに棚を作って欲しいとのこと。
現状では、ブロックの上に板を渡して荷物を置いている。
物置の軒下を利用した道具置き場となっているが、軒が短くて雨に当ってしまう。
それで木が腐ってきていた。
まあ、多少見た目が悪いが、これなら実用上全然問題ない。
自分では、このくらいでいいじゃないかと思うのだが、おかんに言わせるとこ汚い感じが駄目らしい。

実家にはおかんと兄貴が二人で住んでいる(時々おっさんが押しかけてくることもある)が、二人ともDIYなんてほとんどしない。
棚を作っても雨ざらしになって傷んでも放ったらかしとなるだろう。
それだから耐久性のある素材で作りたい。
自分なら2×4材でちゃちゃっと作ってこまめにメンテするのになあ。
などとぶつくさ脳内で文句を言いながら寸法を測る。
やっぱりこれは単管パイプしかないだろう。
放ったらかしでも私が死ぬまで持ってくれるだろう。

2016-06-14-123942

単管パイプをカットしてくれるホームセンターを探して材料を買ってきた。
ディスクサンダーでカットするのは、やったことないけどかなり大変そう。
こういうのは、ちゃんとした道具で切った方が断然早い。
しかし、ホームセンターのバイトの兄ちゃんがやけに遅くて参ってしまった。
いかにも不器用そうな感じで作業も危なっかしい。
まるで昔の自分を見ているようで、急かす気にはなれなかった。
まあ、慣れたらなんとかなる。頑張れよ!

ジムニーに単管パイプを積んでそのまま返ってきた。
長さ2mまでの長尺物ならそこそこ積める。
内装に傷が付くのは気にしない。
もう乗り潰すことに決めたジムニーだ。
ガンガン荷物を積み込む。

2016-06-14-140425

今回、単管パイプを購入するのは始めてだった。
m単位で売っていると始めて知った。
2×4みたいに6Fや12Fの長さだと思っていた。
それなので、急きょ棚のサイズの変更を余儀なくされた。
その場で適当に考えた。
画像は長さ2mのもの。

2016-06-14-132435

クランプは直交と自在を合わせて買ってきた。
全部直交にしたかったが、足りなかった。
全部で24個。
小屋に戻ればたくさんあるので、買うのが勿体無いと思った。

2016-06-14-133034

脚の長さを調整出来るベースを買った。
棚を作る場所は微妙に傾斜が付いているので、調整しやすくするためだ。

2016-06-14-133218

購入した単管パイプは、2mのものが全部で8本。
そのうち、4本を三等分にして、約66cmのものを12本作って貰った。
カッターで切っただけでバリが出ているので、ディスクサンダーとヤスリで削る。
鉄粉が飛んで危ないので、保護メガネを用意する。

2016-06-14-133233

砥石を装着したディスクサンダーを使用する。
親父が集めた道具がたくさんあるので、こういう時は凄く助かる。

2016-06-14-133423

バイスに挟んで角を丸く削る。
やっぱりきちんと固定出来ると作業が捗る。
足で踏んづけての作業だと危ないし大変だ。

2016-06-14-133733

作業前の切り口。
むむ、これだと少し危ないな。

2016-06-14-133648

外側はディスクサンダーで削るが内側は鉄工ヤスリで削る。
いろんな種類のものがある。

2016-06-14-133844

パイプの内側には、かまぼこ型のヤスリがフィットした。
バイスがあると本当にやりやすくていい。

2016-06-14-135426

単管パイプはメッキがしてあって錆びにくいが、カットした切り口は地肌がむき出しになっているので、錆止めにペンキ塗りをする。
これはもうお馴染みの亜鉛入りのシルバーペンキだ。
こいつを塗っておけば、長い間錆びないで済む。

2016-06-14-140400

ちゃっちゃとペンキ塗りを済ませたところ。
天気がいいので直ぐに乾く。

2016-06-14-140453

ペンキが乾くまでの間に棚を作る場所を片付ける。
このビールの缶は随分昔からここにハマっていた気がする。
もう何十年もこのままだ。

2016-06-14-140957

片付けてスッキリしたところ。
画像に写っているグレーチングは棚板代わりに使う予定。

直交クランプ

これは直交クランプ。
単管パイプを直角で固定できるクランプだ。

直交クランプ

クビのところは動かないようにキッチリと留められている。

自在クランプ

そしてこちらが自在クランプ。
クビのところがフリーになっていて角度を自在に調節することが出来る。

自在クランプ

クビのところ。
360度回転するようになっている。

2016-06-14-143615

さて、それではパイプを組み立てていこうか。
始めはナットを手締して組んでゆく。
単管パイプは慣れないものだから、組み立てたパイプが何度か崩壊した。

2016-06-14-143839

それでも少しずつ形になってゆく。
ナットの大きさは17mm。
少しずつ締めては、調整するの繰り返しだった。

2016-06-14-151550

崩壊の危機を乗り越え、なんとか形が出来上がってきた。
よしもうすぐだ。
クランプは直交の方が扱いやすいと思っていたが、一人でやる場合は自在クランプの方がやりやすいと思った。
要所要所に直交を入れていけばいい。

2016-06-14-160524

棚板にグレーチングをはめたところ。
全部で8枚。実家の影に長い間ひっそりと置かれていた。
棚板になるために、これまで頑張って耐えてきたのだ。
ようやく日の目を見ることが出来たな。

2016-06-14-160533

グレーチングはジャストフィットした。
クランプとパイプに囲まれているので、ズレて落ちてしまうことはない。

2016-06-15-075843

四隅の脚の口には、雨水が入って錆びないように金属製のフタを取り付けた。
プラスチック製のものと比べるとケタ違いの耐久性がありそう。

ジャッキベース

今回は、高さ調節できるジャッキベースがポイントだった。
これをケチると調整がかなり面倒だっただろう。

2016-06-14-160657

使用した工具はホムセンの17mm/19mmスパナとフタを叩き込む時に使ったプラスチックハンマーのみ。
基本、スパナ1本あれば作業が出来てしまう。

2016-06-14-162350

半日掛かってようやく棚が完成した。
いやあ、本当にどうでもいい道具が並んでいるな。

2016-06-14-162338

棚の出来栄えは、かなりいい感じだ。
グレーチングがピタリとハマったところがポイント高い。
これなら長持ちするだろう。

2016-06-15-075924

棚板代わりのグレーチングは、単管パイプで囲んで外れて落ちないようにした。
四隅の脚で押さえているのがポイント。
たまたま実家の片隅に転がっていたグレーチングだが、錆に強く雨水が溜まらないので、屋外用の棚板には最適の素材に思える。

2016-06-14-162416

もう少し庇が長かったら文句ないのだが、これでヨシとしようか。
丸太置き場についで単管パイプを使ったDIYとなった。
うむ、見た目も機能性も悪くはない。
ちょっと工事現場風になってしまったが、ガラクタがゴロゴロ転がっていた時に比べると見違えてさっぱりした。
よし、これにて労働奉仕は終了だ。
遠慮無くガンガン食べるとしよう。

スポンサーリンク

単管パイプの棚の作製費用

直交クランプ  170円×16  2,720円
自在クランプ  170円×08  1,360円
単管パイプ   905円×08  7,240円
フタ      203円×04   812円
ジャッキベース 1,077円×04 4,308円
加工費     100円×08   800円

グレーチング  タダ ×08   タダ

合計   17,240円  

(全て税込み)

いやあ、たかが棚なのに高いな。
自分用なら、ヒノキの間伐材と番線でフレームを組んで道具置き場を作ったことだろう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『単管パイプで屋外用の棚を作った』へのコメント

  1. 名前:星座早見 投稿日:2016/06/14(火) 23:53:36 ID:6549619dd 返信

    単管パイプで棚とは、おもしろい。二段ベッドにも使えそう。
    単管パイプって重いですね。私も隊長の棚を参考にして、プランター用の棚を作りたいと思います。しかし、実家ではなく、小屋の方で単管パイプ棚を設置すれば、美味しい野菜が作れましたね。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/15(水) 18:13:12 ID:7162855b4 返信

      パイプ1本は軽いですけど、組んでみるとかなり重たくなります。
      もう少しコンパクトに作りたかったのですが、耐久性を考慮すると単管パイプしか思い浮かびませんでした。

      小屋ではヒノキの間伐材と番線でちゃちゃっと作れますね。
      ただほとんど小屋にいないので、作物は作れませんが。

  2. 名前:くまねこ 投稿日:2016/06/15(水) 21:25:14 ID:e1cf42f35 返信

    はじめまして。くまねこです
    いろいろ参考にさせていただいてます
    単管のかわりにイレクターならどうでしたかね
    youtubeでジムニー用にイレクターでベッドをつくってる動画
    見たことあります。モノタロウで扱ってますし
    ホムセンで一度触ってみただけなので屋外での使用の耐久性が
    わかりませんが移動を考えればそれもありかなとおもいました

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/16(木) 10:15:55 ID:3b79a933b 返信

      イレクターはホームセンターでも見かけますね。
      メーカーのHPを見ました。
      確かに手軽でいいのですが、きちんとした図面を書いてパイプを切らないといけません。
      水平な場所に設置するものなら簡単でいいでしょうが、不整地に置く棚の場合はあとから修正の効く単管パイプがいいと思いました。
      個人的には単管パイプのミニチュア版があればいいと思います。
      普通のやつは太くて嵩張ります。