Kindle Paperwhiteで快適読書

こんばんは。からあげです。

昨晩から凄い雨が降ったが、次第に天気が回復して日差しまで出てきた。
それで急に蒸し暑くなってしまいかなり体力を消耗した。

昨日は車検が終わると、雨が降る前にジムニーを車中泊仕様に戻した。
2日前に準備したところだったので、覚えていてスムーズに作業できた。
復旧作業が一段落する頃には、暗くなってしまってあとは届いたばかりのKindlePaperwhiteを弄るのみとなった。
しかし、ブログ更新をやっていなかったので作業を始めると、あれもこれも書くことが出てきて随分と遅くなってしまった。
やっとKindleを触ることが出来たのは、日が変わってからとなった。
それからあれこれ弄っていたが、直ぐに眠たくなったので、弄るのを止めて眠ってしまった。

今日は朝からKindleを弄っていて随分と扱いに慣れた。
それではこれからおっさんのKindleちゃんを紹介するとしよう。

2016-06-20-231115

KindlePaperwhite Wi-Fi ブラック キャンペーン情報なし

16,280円(消費税込み)配送料無料

今回購入したのは、電子書籍端末のKindleのPaperwhite。
3GなしのWi-Fiモデルで広告が表示されないキャンペーン情報なしを選択した。
だいたいスマホを持ち歩いているので、3Gは必要ではない。
起動する度に広告が表示されるのはかなり鬱陶しいと思ったので、2,000円高くなるがキャンペーン情報なしにした。

これまでスマホでKindleの電子書籍を読んでいたが、目が疲れて頭が痛くなることがあったので、以前から欲しくて仕方なかった。
もっと快適に読書したかった。
現物は見たこと無かったが、東北へ旅立ってしまうと入手するのが面倒になるので、今のうちに手に入れておくことにした。

2016-06-20-231211

注文した翌日には実家に届いた。
さすがはアマゾンのお急ぎ便だ。
(プライム無料体験に申し込んで、お急ぎ便で送って貰った。)
箱から中身を出したところ。
Kindle本体と説明書2冊、USBコードのみ。
画面に何か貼ってあるなと思っていたが、よく見てみるとビックリ。
なんと初期画面が表示されていたのだ。

2016-06-20-231348

初めて電源を入れて立ち上げたところ。
大きな樹の下で読書している人のシルエットが表示されている。
これはよく見る画面だ。

2016-06-20-231544

Paperwhiteの画面はプラスチック製なので、傷が付く前に液晶保護フィルムを貼っておくことにした。
もちろんきちんとした奴を買うと高いので、100均のものを用意した。
(別に100均のものがちゃんとしていないと言いたいわけではない。)
山小屋に戻ってからだと手が汚れてしまうので綺麗に貼れない。
実家にいるうちにやってしまうことにした。
方眼紙のように格子状の線が入っているので、凄く切りやすかった。
貼りやすいように少し小さめにした。
フィルムを張る前の画面はつや消しで凄く見やすかったが、フィルムを貼ると光沢があって光って見にくくなった。
傷が入ったら見難くなるので、多少は仕方ない。
そのうち我慢できなくなったら剥がしてしまうかもしれない。

今のデジカメOLYMPUS TG-3の画面(プラスチック)にも貼っているのだが、始めは貼らずにそのまま使っていたため、かなり傷が付いてしまった。
ガラスだと傷が付きにくいが、プラスチックだと直ぐに傷が入ってしまうので、保護フィルムは必須だ。

2016-06-19-171220

保護フィルムだけでは、物足りない。
やはり収納袋が欲しい。
専用の品を購入すると高いので、自作することにした。
着古したトレーナーを使うことにした。
前夜のことでまだKindleが届いていなかったので、型紙を作ってそれに合わせて作った。

2016-06-19-172853

裏地が起毛で傷が付きにくい。
出来れば汚れが目立たない黒っぽい生地で作りたかったが、他に良さそうなのがなかったので、白いトレーナーにした。
Paperwhiteというからちょうど白で合っている。
そのうち汚れてこ汚くなってしまうだろうが、大事なのは本体だ。
袋などはどうでもいい。
本体を保護するのが役目だ。

2016-06-19-174247

口はゴムを通しておいた。
あとはプラスチックの締めるパーツを付けたいが、あいにく今は手元にない。
山小屋に戻ってから付けることにする。

2016-06-21-163832

KindlePaperwhiteの表側

本体サイズ     169 x 117 x 9.1mm
モニターサイズ   6インチ
解像度 300ppi モノクロ

のっぺりしていて下に「Kindle」のロゴマークがあるのみ。
電源OFFでスクリーンセーバーが表示されている状態。
なんとこの状態で電気を消費しない。
画面に表示しているのに、どうなっているのか。
凄いハイテクだなあ。
カラー版でこういうのがあったら写真立てにいいのではないかと思った。

2016-06-21-163856

裏面

一面ラバーコーティングされて滑りにくくなっている。
衝撃吸収にも役立つかもしれない。
中央よりやや上にアマゾンのロゴマークが刻印されている。

2016-06-21-164044

下のところに、マイクロUSB端子と充電状況を示すLEDランプ、そして電源ボタンが装備されている。
この3点のみで、他には何もない。

2016-06-21-164140

現在使用しているスマホのSONY Xperia Z Ultraと大きさを比較してみた。

SONY Xperia Z Ultra

大きさ 約92 × 179 × 6.5 mm
モニターサイズ 6.4inch

2016-06-21-164220

厚みを比べる。

2016-06-21-164248

KindlePaperwhiteは端の形状が丸っぽいので、思ったより薄く感じる。

2016-06-21-101612

バッテリーの残量が減っていたので、充電することにした。
付属のUSBケーブルは使わずに、docomoのスマホ用充電器を使って充電してみた。
特に問題はなさそう。

docomo ACアダプタ04
出力 DC5.0V 1.8A

2016-06-21-101419

充電中。
LEDランプがオレンジ色で点灯している。
充電量が増えるとグリーンに変わる。
充電完了するとランプがどうなるかは分からない。

2016-06-21-164657

画像では分かりにくいが、Paperwhiteと言うだけあって本物の紙のように白っぽい。
保護フィルムの影響で光沢が出ているが、本来は本当に見やすい。
スマホの画面とはえらい違いだ。
輝度調整は手動で行う。(自動調整は出来ない。)

2016-06-21-164716

文字に違和感は全く無い。
ハッキリとした文字だ。さすがは解像度300ppiだ。
まるで紙の本を読んでいるような気がしてくる。

2016-06-21-165051-1

Wi-FiモデルなのでWi-Fi圏外では、スマホのテザリングでKindleストアからダウンロードする。
(もちろん自宅にWi-Fi環境があれば問題ない。)
設定は簡単で一度設定すると、次回からは自動で接続される。

2016-06-21-164832

もちろんネットにも接続することが出来る。
モノクロで画面の切り替わりが遅くてかなり違和感があるが、非常用としてなら十分使える。
ネットに繋がらないよりは、使いづらくても繋がった方が断然いい。
スマホと違ってカラー画像はかなり見難いが、文字だけの場合だと遜色は殆どない。
目が疲れない分、Kindleの方がいい。
ネットをするならスマホで、読書するならKindleだ。

2016-06-21-165135

収納袋とKindlePaperwhiteの2ショット。
白黒のコントラストがいい。

2016-06-21-165212

袋に入れてみるとまあまあな感じだ。
袋が柔らかいので、変に落としたりすると画面に傷が付きそうなので、段ボール箱のようなものを入れておこうか。

スポンサーリンク

ちょっと使った感想

大きすぎず小さすぎず、適度な重さでなかなか使いやすい。
操作はシンプルで戸惑うことはない。
説明書なしでもあれこれ弄っているうちに直ぐに覚えられる。
今、一番気になるのは画面に貼った保護フィルムだ。
せっかくのつや消し画面なのに、フィルムが光ってしまってかなり目障り。
しかし、車中泊生活に突入すると、それほど丁寧に扱えなくなってくる。
やっぱり画面に傷を付けたくはない。
しばらくはこのままで様子をみることにしよう。

これで長時間本を読んでも目が疲れなくなるので、無料の青空文庫をドンドンとダウンロードして読みまくろうとしようか。
梅雨明けまでは雨が続いて車内で待機が多そうなので、暇つぶしアイテムになってくれるだろう。
パソコン弄りは程々にしてKindleを読みまくろう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『Kindle Paperwhiteで快適読書』へのコメント

  1. 名前:大伴細人 投稿日:2016/06/21(火) 22:54:39 ID:427721138 返信

    キンドルと紙媒体。それぞれ良さがありそうですね。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/22(水) 18:38:33 ID:81ca1334a 返信

      はい、使い分けするといいと思います。
      いくら読みやすいと言ってもKindleは紙に敵わないところもあります。

  2. 名前:一式陸攻 投稿日:2016/06/21(火) 23:04:33 ID:31d906f6c 返信

    キンドル、電池も食わず、本を持ち歩くことが必要ないので便利そう、私は、一時、電子ブックを買おうと思ったのですが、日本の電子書籍は、欧米に比べたら、高いので、その時は、魅力を感じなかったです。しかし、隊長の記事を読んで買ってみようかなと思いました。本は、かさ張るし、処分にも困ります。

    隊長もキンドルを極めれば、散文を書いて自費出版ができますね。これも収入の一つになります。日本の電子書籍市場は、まだまだ、開拓されていませんわ。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/22(水) 18:40:50 ID:81ca1334a 返信

      はい、Kindleは便利だし、なにより目にやさしいということなので、大枚を叩いて購入することにしました。
      今年から旅の内容を電子書籍で出版するようにしますので、Kindleの使い心地も知りたかったこともあります。

  3. 名前:tarabatara 投稿日:2016/06/22(水) 13:23:54 ID:c43aa8890 返信

    さあ明日はいよいよ東北へ旅立ちだに

    • 名前:karaage 投稿日:2016/06/22(水) 18:44:14 ID:81ca1334a 返信

      さあ、どうでしょうか。
      自分でも分かりません。
      今晩考えます。