からあげ探検隊オリジナル「藪漕ぎエプロン」試作品ようやく完成!!

こんにちは。からあげです。

去年、北海道に行って登山をして感じたこと。
登山道に草木が覆い被さっていて朝早く歩くと露でずぶ濡れになってしまうことだ。
そういう時は普通、カッパのズボンを履くが、そうやってカッパを着ていると消耗が激しくなる。
おっさんはカッパは登山装備の要だと思っているのでお金を掛けるようにしていて、今着ているセパレート式のカッパは上下で4万円弱もする。
それまで抜群の防水性を誇っていたゴアテックスのカッパだったが、四国遍路で着て表面が擦れて防水力が大幅に落ちてしまった。
テント泊装備で重たいザックのショルダーベルトやウエストベルトが食い込み、背中のクッションで擦れた。
せっかくのカッパが台無しになってしまった。
この痛い教訓からポンチョを購入することにした。

プロモンテ アンアクター(遮光ポンチョ)を手に入れた!
こんにちは。からあげです。抜根疲れがようやく抜けて、体調は上向き調子となってきた。 早くも鳥が巣箱の下見にやって来て楽しみも増えた。 あとは...

ポンチョは使い始めて間もなくまだ試行錯誤して運用しているところ。
段差が大きいところだと裾を引っ掛けそうになるので注意が必要。
そのうち裾の長さを調整出来るようなものを取り付けたい。

話を戻すが、雨も降っていないのにカッパを多用すると直ぐに消耗して駄目になってしまう。
それにいちいちカッパのズボンを着脱するのはかなり面倒くさい。
靴の上からゴミ袋を付ければ、カッパを汚さず着脱出来るが、それでもザックを下ろしてゴソゴソとしなければならない。
ハッキリ言って時間の無駄。
早く歩きたい。
しかし、カッパを付けずに歩くと靴の中までずぶ濡れになってしまう。
パンツまで濡れるのは全然構わないが、靴が濡れてしまうのはなんとしても避けたい。
靴が痛むし、靴ずれが出来やすくなるためだ。

それで去年、100均のカッパを腰に巻いて歩いた。
するとズボンや靴を濡らさずに快適に歩くことが出来た。
腰に巻く方式だとザックを背負った状態でも着脱出来るし蒸れなくて良いと思った。
ビニール製の薄いカッパは、ハイマツの枝に引っ掛けると直ぐに破けてしまう。
もう少し耐久性は欲しいと思った。

軽装日帰り登山の安全性を考える
おはようございます。からあげです。昨日の雨は夕方には止み、今日は朝から晴れの良い天気となっている。 こうも好天続きだと天気が良いのが当たり前...

そのうち使い捨てではない耐久性のある素材で藪漕ぎエプロンを作ることを思いついた。

去年、北海道から戻ったら試作品を作ろうと思っていたが、面倒くさくて作らず仕舞いだった。
今回の旅に材料を持って来たので暇つぶしのために作ってみることにした。

スポンサーリンク

藪漕ぎエプロン試作品の制作

2016-07-30-071042

材料はシルバーシート(厚さ#3000)とナイロンテープのみ。
シルバーシートはジムニーのスペアタイヤカバーを作った時の残り物。

Jimnyのスペアタイヤカバーを自作する
こんにちは。からあげです。今朝は晴れて暑いくらいだった。 周囲を見渡すと一雨ごとに緑が濃くなってゆく。 つい、先日まで殺風景な景色が広がって...

2016-07-30-071348

ナイロンテープは100均のもの。
長さ1.5m、幅25mm、厚さ1mm程度。
ヤブに負けないように闘志が湧いてくる赤色を選択。

2016-07-30-071457

普通の縫い針だと折れてしまうかもしれないので、厚地用の太い縫い針を購入した。
これも100均だ。

2016-07-30-071641

シルバーシート。
裏地が黒色となっている。
ブルーシートだとさすがに目障りだと思う。
調度よい機会にシルバーシートの端材が手に入った。
防水性があって軽量コンパクトで加工が容易。
何より安価であるものでなければならない。

2016-07-30-073052

シートはハサミで切っただけだと耐久性に疑問があるので折り返して糸で縫う。

2016-07-30-075313

シートの短辺側にナイロンテープを縫い付ける。
厚地用の針なので問題なく作業することが出来た。

2016-07-30-085903

藪漕ぎエプロン試作品完成!!

サイズ  
縦 83cm  横 70cm

紐の長さ 150cm

テープの部分が一針ずつ縫ったのでかなり時間が掛かった。
所要時間は約2時間。
シルバーの方が表側だ。
シートを腰に巻くとき、テープで押さえた方がシートの生地に負担が掛からないと思った。

2016-07-30-085921

こちらが裏側。
もちろんこちらを表にして腰に巻くことも出来る。
目立ちたくない時はこちらを巻いたほうが良いかも。
闇夜に紛れて行動することが出来る。

2016-07-30-085944

端の処理は丁寧に行った。
これなら耐久性はバッチリだ。

2016-07-30-085931

これが腰に巻くテープの部分。
上下を縫い付けた。
なぜ幅広のテープにしたのか。
それは意味があってのこと。

2016-07-30-090306

こうして折り曲げると裾の長さを調整できる。
腰にフィットしやすく、調節も出来るスグレモノだ。

2016-07-30-090016

試着した様子。
うむ、なかなか良い感じだ。
屈伸運動をしても違和感なし。
あとは実際に使ってみて細かいところを調整してゆくことになる。
この藪漕ぎエプロンはスパッツを併用するのが基本となる。
足元に隙間があるので、エプロンだけで歩くと靴がずぶ濡れになってしまう。
去年、スパッツを付けずに歩いて靴下まで濡らしてしまった。

伏美岳からピパイロ岳
伏美岳~ピパイロ岳登山(2015.10.5) 伏美岳登山口からピパイロ岳までピストンしました。 ピパイロ岳はすっかり雪化粧していました。 伏美岳避難小屋の情報も載せました。

2016-07-30-090630

これが収納時の状態。
適当に丸めてザックに突っ込んでおける。
耐久性を保ちつつ軽量コンパクトを実現した。
これは本当に素晴らしいアイテムだ!
大ヒット間違いなし。

藪漕ぎエプロンのココが凄い!

軽量コンパクトで安価。

ザックを背負ったままでも簡単に着脱出来る。

うしろが空いているので蒸れずに快適。

破れても補修が簡単。

見た目を良くして細部に拘れば確実に売れる商品だと思う。
化粧まわしのような感じのオシャレなエプロンにする。
2000円くらいの値段にする。
10年後にはエプロン姿の登山者をよく見るようになっていることだろう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『からあげ探検隊オリジナル「藪漕ぎエプロン」試作品ようやく完成!!』へのコメント

  1. 名前:一式陸攻 投稿日:2016/08/01(月) 00:17:01 ID:e2e1402c4 返信

    6月下旬から東南アジアの山奥への出張が終わりました。
    その間は、ネットができなくからあげ隊長のブログが読めませんでしたよ!

    今晩は、朝まで酒を飲み隊長のブログを読みます。

    • 名前:karaage 投稿日:2016/08/01(月) 18:31:45 ID:ec83ead49 返信

      どうもお疲れ様です。
      なんだかサラリーマン金太郎みたいですね。

      ゆっくりしてください。