みちのく潮風トレイル スルーハイク33日目~仙台を脱出して鳥の海へ

こんばんは。からあげです。

今はトレイルを歩き終えて、秘密基地の山小屋に戻ってゆっくりしているところだ。
のんびりしながら記録整理の作業をやっていると歯抜けになっている箇所を見つけた。
スマホが圏外だったり、電池の残量がピンチだったり、おっさんがへばっていたりして更新しなかったところがある。
もういいかなと思ったりもしたが、応援してくれた読者の存在を身近に感じて放置しておけなくなってしまった。

当時のリアル感はなくなってしまうが、これから当時のようすを思い出して書こうと思う。
記事は、記事が日付順に並ぶように当時の日付で作成した。

それでは当時のようすをノートを見ながらじっくりと思い出して書いてみよう。

2016-11-07-181009

昨日のねぐらは仙台市内の七北田川(ななきたがわ)河川敷。
かなり疲れていて市街地を日のあるうちに脱出するのは無理だった。

付近の道路の交通量は夜間でもかなり多くて気になったが、安眠を妨げられる程でもなかった。
街灯の灯りにテントがうっすら見える程度で見の危険を感じることはまったくなかった。

2016-11-08-041635

ゴール間近なので、食料の残量を意識的に減らしているところ。
これは味噌汁の具。
大麦、昆布、切り干し大根、白菜だ。

2016-11-08-050408

これが歩き旅の定番メニュー。
大麦いり白米と具だくさん味噌汁。
これさえあれば、最低限の栄養を摂ることができる。
ゴミ箱の設置されている大型スーパーに寄った時、惣菜コーナーで出来合いの物を購入してその場で食べて処理したりもする。

2016-11-08-060249

今朝は寝坊せずに4時に起床、食事を済ませるとテントを撤収して出発する。
夜明け前の空が茜色に染まって幻想的な雰囲気だった。

2016-11-08-060739

高砂(たかさご)橋の上から七北田川(ななきたがわ)を望む。
朝の気持ち良い風景だ。

2016-11-08-065306

県道10号線を南の相馬市に向かって淡々と歩く。
歩道には土砂が少し堆積している。

2016-11-08-071042

歩行者用の信号が高い位置に取り付けられている。
津波の被害をできるだけ避けるためか。
小さな子どもだと見づらそう。
おっさんも近くで見ると見上げなければならなかった。

2016-11-08-072235

工事現場の間から朝日が昇る。

2016-11-08-072646

田んぼの向こうに見えるのは仙台の町。
今回も素通りしただけだった。
今度ゆっくり寄ってあちこち見物したい。

2016-11-08-082327

県道10号線沿いの建物。
元は自動車整備工場だった模様。
現在は工事車両の駐車場として利用されている。
津波の被害な生々しく残る建物だ。

2016-11-08-085301

小学校前の交差点を過ぎるがどこにも建物は見当たらない。
どこだろうとキョロキョロ探しながら歩いていると。。。

2016-11-08-085744

広大な空き地の片隅に「関上(ゆりあげ)小学校」と書かれた傾いた看板が残っていた。
当時あった小学校の建物は取り壊されて更地になったらしい。
ここに新たな学校を建設するのだろうか。
しかし、周囲にある民家はかなり少ない。

2016-11-08-095148

お腹が空いて疲れている時に救世主の東屋とトライアルを発見した。
ここにザックを置いてトライアルを覗くことにした。

2016-11-08-101129

パンと海苔弁を購入した。
店の外にベンチがあったのだが、近くに灰皿があってヤニ臭いので、積んであったパレットに座って弁当を食べる。
チープな味だが、お腹が空いているおっさんには凄く美味く感じる。

2016-11-08-110744

トンネルを通って仙台空港をパスする。
排ガス臭いトンネルを黙々と歩いてゆく。

2016-11-08-121043

鉄筋に刺された空きカン。
よく見かける光景だ。
飛び出た邪魔なら切ればいいと思うのだが、面倒くさくてついこうしてしまうのだろう。
何となく分かる。

空きカンは近くの激安自販機で売られているジューズのものだった。

2016-11-08-130435

道路を歩いていると、突然読者の訪問を受けた。
なんとBライフを知らない読者だった!

最近、アウトドア系の記事を意識的に強化していたが、キャンプ関連の情報で検索しておっさんのブログに辿り着いたらしい。

どうもありがとうございます!

むしゃむしゃモグモグ。
一心不乱にからあげ棒を食べる。

2016-11-08-135320

道路脇で見かけた浸水センサー。
単管パイプで脚を作ってある。

2016-11-08-140950

阿武隈川(あぶくまがわ)に架かる亘理大橋(わたりおおはし)

この時、すでにヘロヘロ状態。
まだ2時を過ぎたばかりだというのに、野宿場所を探している。

2016-11-08-141009

周囲の河川敷は野宿にピッタリ。
いくつか堤防の上に東屋が見えた。
工事が終わった場所もあって、昼間でもテントを張れそうな雰囲気だった。

2016-11-08-141108

橋の下を見ると良さそうな場所があっておっさん大興奮!
これはいい。

しかし、まだ早い時間なので、目的地の鳥の海(とりのうみ)まで歩くことにした。

2016-11-08-144254

川口神社

元の鳥居はもっと手前にあったそうだが、震災後の区画整理で社殿に近いところに新設されたようす。
小銭がたくさんあって重たいので、お参りするついでに奮発してたくさん賽銭を上げることにする。

2016-11-08-144536

手水舎は津波で被害を受けた。
屋根の部分だけ、境内の片隅に置かれていた。

2016-11-08-144558

昔の鳥居は邪魔にならないところに置かれていた。
太い柱は真っ二つに切られていた。
凄い綺麗な切り口だった。

2016-11-08-152454

集落の中は迂回路ばかりだったが、警備員に言ってまっすぐ通らせて貰った。
それでもジグザグの道でかなりの時間がかかってしまった。
この建物は鳥の海近くにある温泉施設「わたり」。
震災後に立て直されたようすで凄くキレイだった。

2016-11-08-152739

温泉施設を素通りして防潮堤を越えて砂浜までやって来た。
風は陸から海の方に向かって吹いているので、防潮堤の影にテントを張れば大丈夫そう。

2016-11-08-154517

明日は山中でのキャンプとなるので、今日が最後の海辺となる。
砂浜にテントを張るのは今回のトレイルでは初めて。
人気がない海岸にテントを張ってのんびり過ごせそう。
付近には流木がたくさんあるので、焚き火もできるなあ。

さあてそろそろ飯にするか。
では今日のところはこれでおしまい。

【注】この記事はトレイルを歩き終わった2016.11.20に作成したものです。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク