SIMカードのカット(microSIMからnanoSIMへ)を失敗して再発行した

こんばんは。からあげです。

今日はスマホネタをもう一つ。

2月前、スマホを壊してしまって新たに購入したスマホはNexus5X
それまでのスマホはmicroSIMだったが、Nexus5Xは今流行りのnanoSIMだった。
無難にサイズを変更してSIMカードを再発行すればいいのだが、車中泊で旅をしていた最中だったので、再発行したSIMカードの受取は不可能だった。

と言うのは、スマホのSIMカードは音声通話付きだった。
音声通話付きは犯罪防止のため、現住所へ発送されるのでどうやっても受け取ることができないのだ。
再発行するにもIIJの場合手数料が2,000円(税抜)かかる。
そこでダメ元で自分ではさみでカットすることにしたのだった。

スポンサーリンク

SIMカードカット失敗の原因

はさみでOK!SIMカード(microSIMからnanoSIMへ)のカット作業
今回、microSIMを自分ではさみを使ってnanoSIMにカットしてみました。 初めてでドキドキしながらの作業でしたが、無事に終えることができました。 やっぱりやればできるものだと思いました。 人生時には思い切りが必要です!

ネットで調べてやってみた。
すると無事作業は終了した。

ところが、一週間ほどすると、急にSIMカードを認識しなくなった。
買ったばかりのスマホだったので、かなり慌ててしまった。
壊れてしまったかと思ったが、よく考えてみるとSIMカードをカットしたことを思い出した。

2016-11-17-120437

これがはさみでカットしたSIMカード。
型紙に貼り付けて線を引きカットした。
ミスは許されないので、引いた線より大きめにしておいた。
それから、トレイにきっちり収まるか確かめつつ、少しずつ小さくしていった。
線のない状態で切ったため、かなり歪んでしまった。
これがイケなかったのだ!
あと車の中で運転席に座りながら助手席を作業台にして体を捻って作業していたこともある。
そんな態勢でやっていたら歪んでしまうはずだ。

ちゃんと座って、始めからキチンと引いた線で切っておけば、よかったのだ。
失敗を恐れた結果、失敗してしまった。

2016-11-17-122649

見よ!このガタガタのSIMカードを。
こちらは金属部分の反対側。
これはひどい!

端子部分の当たりが悪くなったのかと思い、カードの端っこを少し切って元に戻すと、再びSIMカードを認識して通信可能な状態となった。
しかし、しばらくすると再びSIMカードを認識しない症状が出始めた。

2016-11-17-120247

トレイに入れてみると隙間が多いことがよく分かる。

2016-11-17-120437

金属面に付いている跡が端子部分が接触するところ。
濃い線が旧スマホ、薄い何本かある線が新スマホだ。
3本ずつある。

2016-11-17-184749

よく見ると本来接触しなければならない部分から外れてしまっている跡も見える。
これでは認識しなくても当たり前だろう。

再発行したnanoSIMが届く

2016-11-17-115527

からあげさんお届けものでーす!

私が使っているSIMカードはMVNOのIIJmio。
なんとラッキーなことに現在再発行手数料無料のキャンペーンをやっていて、タダでnanoSIMをゲットすることができた。

本当は今日までだったが、大幅に延長されて12月25日までとなった。
SIMカードサイズの変更のほか、データ専用から音声通話付きへ、タイプD→タイプAなどの変更に伴う再発行手数料も無料となっている。

参考リンク 秋の0円でSIMサイズ変更キャンペーン(IIJmio)

実はこのお得な情報は読者が教えてくれたのだ。
私は全然知らずに、ただ黙々とみちのく潮風トレイルを歩いていた。
本当に助かった。
どうもありがとう!

ネットで申し込むと36時間後くらいに新しいSIMカードが届いた。
なお、変更手続きを申し込んでしばらくすると使用中のSIMカードは使用不能となり通信ができなくなる(私の場合、申込後約12時間後で24時間ほど通信不能となった。)ので、注意が必要だ。

2016-11-17-115613

さっそく中を空けてみる。
説明書や案内なんかも入っている。

2016-11-17-115704

大事なのはSIMカード。
よし間違いなくnanoSIMが入っていたぞ。

2016-11-17-115710

白い無地のカード。

2016-11-17-115836

切り取る前のカードのアップ。

2016-11-17-115723

裏面には音声通話のシール、電話番号とバーコードが表示されたシールが貼られていた。

2016-11-17-120520

nanoSIMを外したところ。

2016-11-17-184707

上が今回届いた新しいnanoSIM、下が自分でカットしたもの。
金属部分の見た目が全然違う。

2016-11-17-120710-1

厚さを比べる。
上が新しいnanoSIM、下が古いもの。
若干新しいものが薄いようだ。

Nexus5Xに新しいnanoSIMを挿入する

2016-11-17-123629

nanoSIMは横に付いているトレイを開けてはめ込み、トレイを元に戻す。
トレイの開け方は丸い穴に金具を突っ込む。

2016-11-17-123807

トレイを開ける専用の金具。
スマホの付属品。

2016-11-17-123827

トレイルを歩いている時は、専用金具を持っていなかったので、安全ピンを突っ込んで開けた。
尖っている先をペンチでカットして使用した。

2016-11-17-123847

このように加工した。

2016-11-17-123923

専用工具と比べるとそれほど違いはない。
トレイルを歩きながらブログ更新をしていた(歩きスマホをしながらという意味ではない。テントの中で作業)ので、SIMカードを認識しない症状は非常に困った。
何度かSIMカードを出し入れしていたら復活してくれた。

2016-11-17-120225

nanoSIMのトレイ

2016-11-17-120353

トレイに新しいnanoSIMを入れる。
多少隙間はあるが、これくらいは許容範囲らしい。

2016-11-17-120829

金属面の方を写す。
こちら側から見るとかなり隙間が空いている。
これくらい適当でいいのだ。
問題は端子の当たる部分だ。
金属面の形状の違いがあるので、自分ではさみでカットする場合は注意が必要。

2016-11-17-120944

トレイを挿入したあと、電源を入れてスマホを立ち上げる。

screenshot_20161117-121918

なんと電話のみでデータ通信不能となっている。
これは初期不良なのか。
早速サポートセンターに電話しそうになった。

screenshot_20161117-122010

待て待て慌てるんじゃない。
念のためAPN設定を確認してみよう。

設定モバイルネットワークアクセスポイント名

あれ?IIJmioのところにチェックが入っていない。
そうだった!今回新たにSIMカードを入手したので、再設定する必要があったのだ!
このあわてんぼうのおっさんめ!

screenshot_20161117-122123

アクセスポイントの編集画面からAPN、パスワード、ユーザ名、認証タイプを確認すると全て設定済みだった。
あらかじめ登録されているらしい。

screenshot_20161117-122233

無事にデータ通信できるようになった。

2016-11-17-122854

新たなSIMカードを手に入れて確実に通信できるようになった。
これで快適なスマホライフを送ることができるぞ。

一時はどうなることかと思ったが、無事に問題解決することができた。

今回失敗した感想

どうせ出先で新たな音声通話付きのSIMカードを入手できなかったので、はさみでカットしなければならなかったのだ。
ダメでもともと、失敗したら家に戻ってから再発行すればいいまでのこと。
こんな感じで実際に作業をしてみた。
結果、カットをミスしてしまい失敗してしまったが、こんな些細なことは気にしない。

作業は簡単だったが、微妙なコツがあるということだけは分かった。
もう一枚のmicroSIMカードがあるので、今度再びトライしてみよう。
失敗しても再発行すればいいだけ。やってみて損はしない。

できることは、まずは自分でやってみよう!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!