猫缶でアルコールストーブを作ってみた!

こんばんは。からあげです。

最近ずっと憂鬱な日々が続いていたのに、パスポートを手に入れたら急に元気になった。
これまでの憂鬱はどこかに消え去ってしまった。
おっさんは本当に単純だなと思う。

最近、ずっと寒さが続いているので、洗濯するチャンスがほとんどない。
日差しがあって気温は零度を越えているのに、風が吹くと洗濯物が凍りついてしまう。

30分もしないうちにこのように凍ってしまう。
水切りすらできない状況だ。
昔の人は、多分冬はほとんど洗濯しなかったと思う。

パリッパリに凍ってしまった洗濯物を暖かい小屋の中に取り込む。

干しているうちに氷が解けて水が滴り落ちるようになるのでバケツで水を受ける。
まだ薪ストーブがあるからいいものの、なかったら永遠に乾かないような気がする。

スポンサーリンク

猫缶でアルコールストーブを製作する

今日は朝からアルコールストーブを作っていた。
つい時が経つのも忘れて、いい歳したおっさんが夢中になっていた。

保育園の頃、保母さんの言うことを聞かずに昼寝時間もそっちのけで工作していたことが懐かしい思い出だ。
大人から言われれば言われるほど、言うことを聞きたくなくなってくる。そんな子供だった。
頼むから邪魔しないでくれ!今いいところなんだ。と。
からあげ君はいつまでも粘土弄りしている、と保母さんがおかんに愚痴をこぼしていたらしい。
保育園は何事も強制させられずに好きにできたので良かった。

今回は猫缶を使ったストーブを試作してみた。
使用する缶はモンプチ。

外径 61mm
高さ 37mm
重さ 7g(穴空け後)

材質 アルミニウム

猫にごちそうをあげようと、コッヘルのフタに移して薪割り台の上に置いておいた。
今か今かと待ち受けていたが、野良猫はついに姿を見せなかった。

相当警戒心が強いらしい。
外に出しているうちに凍ってしまった。

私が留守中にこっそり食べにくることだろう。
多分、あいつはここにエサがあることは知っている。

中身を出して綺麗にした缶。
スチール製ではなくアルミ製なのがミソ。
定規で適当に線を引いて、穴の位置の目安にする。

だいたいのところに印を付けてゆく。
いいんだよ、こんなものは適当で!とおっさんが駄々を捏ねた。

穴の数は全部で16個。
互い違いに位置をずらしてマークした。

ちょうどご飯が炊けたので、朝ごはんにする。
工具と一緒にご飯を食べる。
綺麗なテーブルでご飯を食べるより、こちらの方が落ち着く。

さあて作業再開だ!

猫缶に穴を空ける。
インパクトドライバーの先に電動ドリル用のアダプタを装着する。
まず4.5mmのドリルから試してみる。

穴あけしているところ。
アルミで柔らかいので、簡単に穴が空く。
力を入れすぎないように気をつけて作業した。

アルミの粉がいっぱい散らばってしまった。
小さいほうきとちりとりで掃除しておく。

穴のようす(外側)

少しバリが出ている。

缶のようす(内側)

内側にも多少バリがある。

サンドペーパーとヤスリでバリを落とす。

缶の口の1箇所に縦にヤスリを入れて側面とフラットにしておく。
余ったアルコールを回収しやすいためだ。

缶の口の切込みのようす。
穴を指で塞げば、零さずに少しでも多く回収できる。
余った燃料をただ燃やしてしまうのは惜しい。

缶の穴空け(Φ4.5mm 16穴)が終わったところ。

早速点火する。
炎が青白くて明るいと視認しにくいので、板で暗くして撮影した。

コッヘルを載せると、とたんに炎が弱くなってしまう。

コッヘルを退けると再び火力がアップする。

再びコッヘルを載せるとまたもや火力が落ちてしまう。
穴から僅かに火が出ているのみ。

4.5mmでは穴が小さかったようだ。
空き缶で消火して、穴を6mmに拡張した。

6mmの穴だと多少は火力がアップした。

この時、まだプレヒードが不十分で火力がアップしないようだった。

コッヘルを退けてしばらくそのまま燃やしておく。
すると缶の中のアルコールがグツグツと沸騰し始めた。
これでプレヒート完了のようだ。

コッヘルを置いても火力はそれほど落ちない。
この分ならお湯を沸かすことができるだろう。

しばらく経つとさらに火力がアップした。
やっぱりこの形態のストーブは、プレヒートを十分にしないといないらしい。

もうすぐお湯が湧きそうだ。
コッヘルから音が鳴り出した。

お湯が沸いたところ。
水温と量を量っていないので、沸騰するまでの時間は計測していない。

調子に乗って穴を6.5mmに拡張してみた。
手持ちのドリルいっぱいの大きさとした。
初めは炎が小さくてやり過ぎかと思ったが、杞憂だった。

しばらく経つと火力がアップしてきた。
取り敢えず、穴の大きさはこれでヨシ!

火力は申し分ない。
プレヒートを多めにすればいいだけだと分かった。
しかし、その分燃料消費量が増えてしまうのが気になるところ。

缶の側面に穴を空けたので、フタをするだけでは消火できない。
このような空き缶を被せる必要がある。

缶が高いので、少しカットすることにした。
ストーブの下に板を敷いてマジックを当てて線を引く。

万能バサミを使用した。
刃が短くて蝶番のナットが邪魔になるので、焦らず少しずつ切った。

缶の切り口。

折り曲げようかと思ったが、真っ直ぐに折り返すのは難しいと判断、このままでゆくことにした。
指を当ててもそれほど危険な感じはしない。

ストーブと消火用のフタを並べてみる。
大きすぎず、小さすぎずいい感じだ。

さてお次は風防を作る。
これは100均のレンジフード。
厚さは表示されていないが、アルミホイルよりは厚い。

カットを何度も失敗してようやくコッヘルの周りを巻くことができる長さにカットできた。
円周は意外に長い。
とは言ってもこれは長すぎだ。

試しにコッヘルの周囲に巻いてみる。
余裕を持って重なり合う部分は5cmほどとった。

薄いので折り紙のように折ることができる。
カットも紙と同じように普通のハサミで楽々切れる。

耐久性を高めるために端は全て折り返しておく。

コッヘルの中に入れたところ。
折りたたむのではなく、コッヘルの内側に沿わして入れる。
こうすれば、薄っぺらなアルミでもそこそこ持つだろう。

下の方に空気取入口を空けておく。
普通の紙用の2穴パンチを使用した。

だいたい3~5cm間隔で穴を空けた。
下の丸い穴から空気を吸って上部のコッヘルの隙間から排気される。

風防はクリップを使用して留める。
小屋中を探してようやく1個のクリップを発見した!
実家に行けばたくさんあるので、少量しか使わないクリップをわざわざ買いたくない。

風防をセットしたようす。
うむ、いい感じだ!(自画自賛)

コッヘルの中に入れられて、取っ手に当たらない高さとした。

続いてストーブ台を作る。
100均のコンパスカッターで印を付ける。

万能ばさみで強引にカットする。
カッターだと時間がかかり過ぎる。

綺麗な丸いストーブ台が完成した。
まな板にもなるように合板で作成してみた。

コッヘルの底にジャストフィット!
コンパスカッターを購入した甲斐があった。

さて、風防とストーブ台ができたところで、再度燃焼テストをしてみる。
準備はOKだ。

点火してしばらくすると、これまでにはないほどの火柱が立ち上った。
風防に囲まれて熱効率が良くなったようだ。

風防で炎は見えないが、手を近づけるとかなり熱い。
風防を付けるとかなり火力アップしてくれた。

お湯も早々と沸いた。
結果良好と言いたいところではあったが、ここで問題発生!

なんとストーブ台が燃えていた。
床板の合板も焦げてしまっている。
危ない危ない!
火力アップしたため、ストーブがより加熱するようになったことが原因か。

失敗作の合板ストーブ台は薪ストーブに放り込み、別の素材で作ることにした。

さらにもう一点。
風防が燃えてしまった。
火力アップしすぎて、コッヘルの隙間から炎が出て来るようになり、それで薄いアルミが燃えてしまった。
100均アルミなので、これは仕方ない。
取り敢えずアルミテープを貼っておいた。

缶詰のフタが幾つもあるので、これをストーブ台に利用できないかと考えた。

こちらのフタの方が端が綺麗だが、プルタブを浮かすための突起が邪魔となる。

そこでプラスチックハンマーで叩いて潰した。

ペチャンコになって、だいたい平らになってくれた。
しかし、若干の凹凸までは平らにできない。
缶のフタは耐久性はありそうだが、小さいため下への炎を完全に遮断できない。

結局、缶のフタは止めにした。

最後に風防を作った100均のレンジフードを使うことにした。
始めからこれにしておけば良かったのだ!

二つ折にして角を曲げる。

そして折り目の上からアルミテープを貼って見た目を良くした。

ストーブ台と風防をセットしたところ。
ヨシ、テストを始めるとしようか。

テスト結果は良好。
ストーブ台をアルミに変えたところで、さらに熱効率が高まり火力がアップした。

コッヘルを退けると、凄い火力に驚いた。
これだけの火力は嬉しいが、消火するのがやりにくい。
火傷しないように軍手を嵌めてからフタを被せる必要がある。

数多くのテストと改良を重ねて、

ついにおっさん流のミニクックシステムが完成した!

コッヘルの中に入れても、すっきりと中に収まる。

今日はお昼になるとお腹が空いたので、ラーメンを作って食べることにした。
マルちゃん正麺。
丸い鍋に入りやすいよに丸い形をしている。

エバニューのウルトラライトクッカー1にもピタリと嵌まる。

ストーブを焚いているのに、アルコールで調理したら薪が勿体無いので、薪ストーブの上に載せて調理することにした。

この時、お湯が湧くのが時間がかかったので、どうしてだろうと理由を考えた。

するとこのように底に段差が付けられているためだと分かった。
薪ストーブの天板と接するのは、周囲の凸部のみ。
熱伝導の悪いチタンのため、余計に熱が伝わりにくい。
浅型コッヘルの方が早そうに思えたのに、底面の狭いチタン製深型コッヘル(スノーピーク ソロ極 チタン)の方が早くお湯が沸いてしまった。

なんということか!強度を出すために段差を付けてあるが、これが接触面を減らす原因となっている。チタンを薄くして軽量化したことの弊害だ。
くぅ~使い勝手の悪いコッヘルめ!

ラーメン1袋と、白菜少々、卵1個を落としただけでいっぱいいっぱいになってしまった。
使ってみて分かったことだが、このコッヘルは小さ過ぎる。

ごちそうさまでした!

おっさん早くも完食。少なすぎて全然物足りない。
せっかく購入したコッヘルだが、おそらくPCTにはチタントレック900を持ってゆくことになりそうだ。

ラーメンを食べていると分かってしまったのだ!
毎日歩いてばかりだとお腹がかなり減る。こんな小さなコッヘルで作ったご飯だけではお腹は満たせない。
複数回に分けて調理すると燃費が悪化するし、タイムロスがかなり痛い。

あとでストーブ台が小さ過ぎると感じたので、さらに広い奴も作ってみた。
こちらは薄くして折りたたみしやすいようにした。

このうに軽く折りたたんでコッヘルの中に収納することができる。
あとはライターと折りたたみフォークも入れてみた。

猫缶ストーブの感想

今回作ったストーブは、かなりクセがあると思った。
クセを知った上で使用しないと手痛い失敗をしそうだ。
プレヒートがかなり必要だし、温まってくると火力がかなり強くなる。
ゴトクが不用なのは嬉しいが、コッヘルの底から炎がはみ出ないように小さな缶を使用しているため、ストーブの安定性が悪い。

他のアルコールストーブにも言えることだと思うが、使用中にストーブを引っくり返すと火の海のになるので、テント内での使用は止めた方が無難だ。

しかし、非常にコンパクトになるのはかなりの魅力だ。
コッヘルの中に入る燃料ボトルを見つければ、日帰りハイク用にピッタリな感じがする。
ガスストーブの比ではないほど軽量化できる。

ストーブを作っていたら、偶然エバニューチタンウルトラライトクッカー1の弱点も知ることができた。アルコールをケチって薪ストーブの上に載っけてみて良かった。

今回のアルコールストーブ試作で、PCT用のコッヘルはスノーピークチタントレック900とエバニューチタンウルトラライトクッカー1のフタのコンビが急浮上してきたぞ!
まだ決定ではないが、多分こうなってしまうことだろう。
容量900mlのコッヘルでちゃちゃっとごった煮のような食事を作ってしまった方が手早く済ませることができる。

よし、PCTにまた一歩前進だ!

参考リンク The Super Cat Alcohol Stove(By Jim Wood)

このサイトは英語だが、非常に詳しい解説があるため、読んで非常にためになる。
ジム!ありがとう!

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
スポンサーリンク

『猫缶でアルコールストーブを作ってみた!』へのコメント

  1. 名前:白山室堂御前荘 投稿日:2017/01/25(水) 11:48:06 ID:b2e684ff9

    隊長の小屋は、アルコールストーブ研究所ですよ!

    おこぼれを貰えた野良猫は、4月から隊長がいなくなるので寂しくなりそう。

    • 名前:karaage 投稿日:2017/01/26(木) 11:54:04 ID:626466497

      私と仲良くなる猫は依存することなく、自立していて欲しいです。
      たまに私の小屋に遊びにきて来てくれたらいいです。