航空券の不思議

こんばんは。からあげです。

今日は朝からザックを縫う作業を始めるつもりだったが、航空券の予約がまだだった。
ビザ取得後、定期的に航空券の値段の動向はチェックしていた。
最近物忘れが激しくなっているところなので、忘れてしまわないうちにさっさと済ませてしまうことにした。

ネットで調べてみると

出発は午後便、予約も午後が安い。
搭乗日は月曜~金曜が安い。
最安値は出発の8週間前。
アメリカヘはアメリカの航空会社が安い。
土日予約は割高。水曜日の予約がベスト。

などなど。
ウソか本当か分からないようなことがいろいろ出て来る。
それでも言われてみるともっともなことだと納得できたので、朝からネットで猛烈に検索しつ、昼の休憩を挟んで頭をクールダウンし、午後から予約してみた。

予約の際、使ったサイトはトラベルコちゃん
一度聞いたら忘れないユニークな名前で、サイトが非常に分かりやすくて、検索なども使いやすかった。

中でも復路変更可の便を探すことができるところがGOODだった。
出発地と目的地、日程などを入力して検索したあと、左サイドバーの復路変更可にチェックマークを入れて再検索すればいい。

今回が2回目の海外だったので、航空券の買い方をネットで調べてかなり勉強した。
(初めての海外旅行のタイからすでに10年以上の月日が流れている。)
なぜ復路の放棄ができないのか、その理由だけは結局分からず仕舞いだった。
常識で考えて片道より往復の方が高いのが当たり前だが、飛行機の世界では逆転現象が起きている。
片道キップの需要が少ないのは分かったが、復路の権利を放棄するのがなぜイケないのか

自分のものを捨てて何が悪い!

自分が乗らなければ、空席で飛行機が飛んでしまうかもしれないので、確かに勿体無いとは思う。
乗りたくても乗れない人がいたら申し訳ない気持ちになる。航空会社だって迷惑するだろう。それなら事前にキャンセルすればいい。

しかし、正当な理由なく復路を放棄すると、正規の航空運賃が請求されるという都市伝説がある。
実際に高額な代金を請求された人がいるとか。いないとか。 あとは度々復路放棄をしていると、航空会社のブラックリストに載って搭乗を拒否されるとか。
真偽のほどはよく分からないが、それならなぜ復路放棄しにくい、できないシステム作りをしないのか。
航空業界の事情をよく知らない者は、きっと復路放棄したくなってしまうことだろう。(それはおっさんのこと)
はっきり言って、これは航空会社、旅行会社の怠慢だ。
訳の分からない理屈で、法外な手数料を請求するのはどうかしている。

正直なところ、私は始め往復航空券を購入して復路は放棄しようと思っていた。
アメリカ入国の際、復路の航空券を持たなければ怪しまれるだろうし、半年後のことなど全く予想できない。
ただ最低限、少しでも迷惑をかけないように事前に連絡しようとは思っていた。
それが、たまたまトラベルコちゃんで復路変更可の航空券が出てきて、納得できる値段だったので凄く救われた思いがした。

おっさんは勢いに乗って航空券を予約する。
昔は電話でやっていたことを考えると凄く便利な世の中になったものだ。
世界の航空会社から安い飛行機を探すことができる。
こんなことはコンピューターと通信網があるからできることだ。

スポンサーリンク

予約した航空券

羽田発着ロサンゼルス往復 
FIX/OPEN 12ヶ月有効 

往路

東京/羽田(HND)07:20発 ~10:05着 北京(PEK) 12:00発 ~ロサンゼルス(LAX)同日09:00着
チャイナエアライン(中国国際航空)

復路

ロサンゼルス(LAX)11:30発 ~翌15:10着 北京(PEK)17:10発 ~東京/羽田(HND)21:30着
チャイナエアライン(中国国際航空)

航空券代金       59,940円

内訳

航空券代              \33,300 
日本国内空港施設使用料       \2,670 
現地空港諸税            \10,130 
航空保険特別料金、燃油特別付加運賃 \13,840 

その他

チケットの種類はEチケット。
出発の約1週間前、Eメールで送られて来る。
復路の変更手数料20,000円。(ただし空席がある場合に限る。)
入金後の変更不可。
出発前日までのキャンセル料は40,000円。当日以降は払い戻し不可。
復路放棄ペナルティーの記載なし。

予約した航空券は、北京経由のロサンゼルス行き。
中国人観光客の飛行機に便乗するような形となる。

羽田出発の時間が早いがロサンゼルスに午前中に着いておきたかったので、ちょうどいい。
ロサンゼルス発が遅い時間なので、不案内な外国でも乗り遅れしないように早めの行動をしても楽だ。その分、羽田到着が遅れるが、日本に着いてしまえばもうこっちのものだ。
どこかそこら辺で夜を明かしてもいい。

中華航空と言えば、以前名古屋空港で墜落事故を起こしたことが私の脳裏に焼き付いている。
あと空中分解などという物騒な事故の記録も出てきた。
JALの羽田からロサンゼルス直行便もあるが、なんとチャイナエアラインの3倍の値段となっている。
3割増しくらいなら考えるが、3倍となると安い方を選んでしまう。
そんな気休めなことにお金を使うくらいなら、装備や現地での食事を充実させたい。

ちょっとスリリングな方が面白くなる。
まあ、簡単に落ちやしない。大丈夫だ!
もし落ちたら、はい、それまでよ。
自分ではどうにもならないことをクヨクヨ考えない。

危なかったのは昔のことで今は格段に安全性が向上していることだろう。(希望的観測)

ロサンゼルスに到着後、バスか電車でサンディエゴに移動し、サンディエゴで3泊する。
早速、サンディエゴ市街地の安宿を予約しておいた。
旅の疲れを癒やしつつ、町で食料品や装備品を購入してルート上の町の郵便局に発送しておく。
それが済めばゆっくり観光でもしよう。

サンディエゴからPCTスタート地点のメキシコ国境カンポの町まで電車とバスを乗り継いで約3時間半くらい。
国境に立てば、いよいよPCTスタートだ。
楽しい楽しいハイキングが始まる。

今日、航空券の予約が済んでスッキリした。
あとは飛行機に合わせて準備を済ませるだけ。
半年後の復路はどうなるか分からないが、早めにPCTを踏破して、西海岸沿いに電車かバスでウロウロしながらロサンゼルスに向かうことにしよう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『航空券の不思議』へのコメント

  1. 名前:はなくそ 投稿日:2017/02/16(木) 05:42:08 ID:4461509a2 返信

    からあげ隊長、はじめまして。いつもブログ楽しみに読ませていただいてます。

    中華航空=チャイナエアライン
    中国国際航空=エアーチャイナ

    です。
    今回の記事でごっちゃになっているようでしたので、コメントしてしまいました。
    チャイナエアラインは台湾の航空会社です。
    エアーチャイナは中国の北京を拠点とする航空会社です。

    チケットの不思議についても、少しコメントさせていただきます。

    復路の権利放棄ができるかできないかは、チケットの種類によって異なります。

    チケットには大きく2つの種類があります。

    1つは正規割引運賃(PEX運賃)です。
    これは航空会社が出している為、直接航空会社から購入できるチケットです。航空会社によっては復路の権利放棄をしてもペナルティーが無い(後日正規運賃との差額を請求されることが無い)場合があります。
    ただしJALやANAは正規割引運賃でも復路の権利放棄をすると後日正規運賃との差額が請求されます。
    中国系やアジア系のエアラインはペナルティー無しの場合が多いです。

    もう1つは、旅行会社がパッケージツアー造成用に販売している格安航空券(IT運賃)です。これは往復必ず利用するという条件付で航空会社から割安で座席を供給されて販売している航空券の為、基本的には、復路の権利放棄は不可となります。IT運賃は、直接航空会社から買う事が出来ないチケットで、旅行会社からしか買う事が出来ません。

    パッケージツアー造成用はそもそも短期間の設定なので、ロングステイが可能なチケットは必然的にPEX運賃しか存在しません。
    今回、からあげ隊長が購入されたエアーチャイナのチケットはPEX運賃だと思います。
    それを旅行会社から購入されたという事だと思います。

    中国系の航空会社の正規割引運賃は、他の航空会社から比べると断トツで安いです。安い分、運航状況は他の航空会社から比べると不安定で、機内食やサービスもイマイチです。

    エアーチャイナは中国系のエアラインの中では一番マシな航空会社だと思います。

    あくまでも相対的な意見として、参考までにしていただければと思います。

    PCTに向けてこれからも応援しております!

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/21(火) 22:07:56 ID:b05d52385 返信

      どうもありがとうございます。
      HNにNGワードが入っていたため、ゴミ箱に入っていました。

      業界の方ですか?
      凄く分かりやすい説明で勉強になりました。
      しかし、それでもなぜ権利の放棄がイケないのか納得できません。
      復路の権利を放棄することによって航空会社や旅行会社は実害を被るのでしょうか?
      早めの事前連絡すれば問題ないと思います。
      そこの部分を詳しく解説していただけると嬉しいです。

      私が購入した切符はPEX運賃のものです。
      もう一度契約を確認してみようと思います。

  2. 名前:jun-o 投稿日:2017/02/16(木) 07:16:04 ID:2670bf104 返信

    初めまして。
    いつも、楽しみにブログを見ています。

    いよいよ、始まりますね。
    見ているこちらがドキドキしてしまいます。
    からあげ隊長の行動力には、同じオヤジとして、いつも励まされます。
    頑張って下さい!
    応援します‼

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/16(木) 22:53:15 ID:13c38f2e6 返信

      いつもありがとうございます。
      私もワクワクドキドキが凄いですよ。

  3. 名前:一式陸攻 投稿日:2017/02/16(木) 16:46:38 ID:a30ed1f4f 返信

    航空券GETおめでとうございます。
    中国経由ですか?

    着々と準備をされていますが、本当にLA到着後の予定なども立てたのでしょうか?

    本当に隊長は、すごい。

    数年前のテント暮らしからプロブロガー、トレイル走者と手が一般人には、届かない存在です。

    私も4月にベトナムへ出張に行ってきます。アメリカ羨ましいです。

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/16(木) 22:54:19 ID:13c38f2e6 返信

      取り敢えず、サンディエゴくらいまでのざっとした予定だけです。
      あとは暇な時にコツコツ準備します。

  4. 名前:たい爺 投稿日:2017/02/16(木) 19:09:55 ID:5e511f361 返信

    PCTの準備が着々と進んでますね。
    読んでる自分もドキドキワクワクしてきます。
    相棒のジムニーはどうするのですか?

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/16(木) 22:55:27 ID:13c38f2e6 返信

      ジムニーは小屋に置いて行きます。
      山林の中に半年も放置すると凄いことになるだろうと思います。

  5. 名前:wataken 投稿日:2017/02/16(木) 21:59:14 ID:4122ec80a 返信

    チャイナエアラインとエアチャイナは別の会社です。北京経由はエアチャイナ、中国国際航空。
    名古屋で事故したのは台湾のチャイナエアラインです。
    チェックインするときに間違えないでくださいね

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/16(木) 22:56:16 ID:13c38f2e6 返信

      どうもありがとうございます!
      非常に紛らわしいですね。

      墜落事故を起こした航空会社でなくて良かったです。

  6. 名前:Redhotmilk 投稿日:2017/02/21(火) 14:43:02 ID:bfd52327d 返信

    いつも楽しく拝見しています。
    パシフィック・クレスト・トレイルの映画も見ました。
    トライする人の多さと年齢の幅広さにアメリカン人はスゲーなと
    感慨深いものがあったのでトライするカラアゲさんが羨ましいです。
    アチラからも更新するんですか?楽しみにしています。

    復路のチケット放棄には諸説色々あるようですが・・・・
    往路を日本発券の航空券(A)で現地まで行き、現地発券の
    格安航空券(B)の往復を購入し復路をそのチケット(B)で
    帰って来たとすると同じ国に再度旅行するのは(B)の復路チケットで行けるので
    これを繰り返すと現時の安い日本発券のチケットを今後買わずに行けるから・・・・
    と知人が言ってました。まあ現地レートが低い国ならお得ですよね。
    真偽は知りませんが。

    あと、IEからサイトにアクセスすると固まりますがグーグルクロムは
    問題無く見れます。同じような質問があったら回答にどうぞ。情報まで。

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/21(火) 22:13:26 ID:b05d52385 返信

      もちろんPCTでもブログ更新しますよ。
      電波と体調の許す限り行います。

      その場合だと1回放棄するだけで済みますね。