超軽量バックパックの自作~その3 ショルダーストラップの取り付けから底の縫い付けまで

こんばんは。からあげです。

今日でバックパックの作業は5日目を迎えた。
明けても暮れてもミシンでの縫製や英語の説明書を解読する作業を行っている。
想像以上に心身が消耗するが、凄く面白いし縫い方が分からないと悔しくて止められない。

以前、ゲームに熱中していた時は、飯やトイレを我慢してプレイし続けていたことを考えると、今はかなり健全になったように思える。
当時は情熱を注ぎ込むものがゲームしかなかったのだ!
(仕事に影響しないような遊びは、酒、ゲーム、パチンコくらいしかなかった。と自分で思い込んでいた。)

今はお金と時間の許す限り、自分の好きなことをやることができる。
なんて楽しい生活だ!
こんなことを自分で書いているうちに、本当に幸せだなと思えてくる。
(仕事で消耗していると、ブログを書こうという気にはサラサラならない。)

他にもいろいろ書きたいことがあるが、おっさんの残りのエネルギーが僅かとなっている。
エネルギー切れになる前に寝ないと明日の作業に影響が出る。
それでは一昨日の様子から書くことにしよう。

スポンサーリンク

バックパック自作3日目

チャコペンがちびてきたので、カッターナイフで削った。
鉛筆削りを使うと肝心な部分が大方削れてしまうし、危ない刃物を使わないようになると不器用になる。
常に緊張感を持って作業をしないとボケる。

補強材のショルダーストラップを通す穴マークしてカッターナイフで穴を空ける。
説明書にはハサミを使うように書いていたが、やり難いのでカッターナイフを使った。
細部は自己流で作業を進める。

バックパネルの補強材にショルダーストラップの根元を縫い付けているところ。
力がかかる場所なので、よく説明書を読んで何重にも縫って強度を高めた。

バックパネルに補強材を縫い付けているところ。
今回、初めてまともにまち針を使った作業だった。
この場面ではダブルクリップは使いにくい。
ナイロンの生地が滑りやすいこともある。

ショルダーストラップの取り付け完了!

何度もチェックして間違いがないことを確かめた。
ここは非常に重要なパーツなので、凄く緊張した。
作業自体は簡単だった。

何度も見てニヤニヤする。
形になってくると凄く嬉しい。

バックパネル裏側のようす。
ミシンの練度が上がり、随分縫い目がまともになってきた。

1+1/2インチ幅のストラップの切れ端を使用する。
このストラップ切れ端は今後も使用するので大事にとっておく。
念のため、端材は完成してから処分した方がいい。

フロントパネルに補強材を縫い付けたところ。
止せばいいのにジグザグ縫いをしてガタガタになる。

ジグザク縫いは糸に力が掛かって生地に負担がかかるようす。
針の穴が大きいのが分かる。
こうなったのは針が太いこともある。

日に当てて透かしてみると、ジグザク縫いしたところが、切り取り線のようにミシン目が付いているのがよく分かる。
これは非常に痛いが、やってしまったものは仕方ない。
途中で破れてきたら、補修シールで直せばいい。

駄目だと気がついて、針の太さを普通から細めに交換した。
区別しやすいようにミシン針の根元に色が付いている。
ちなみに緑色が太め。

補強材を縫い直したところ。
ようし、これでいい。
駄目だと思ったら、別の方法でやり直せばいい。
無難な方法ばかりでやっていると、いつまで経っても進歩しない。

解れないようにメッシュの端を折り返して縫っているところ。
レイザックにはフロントとサイドの3箇所に大きなメッシュポケットが装備されている。

フロントポケット用の大きなメッシュを縫ってみたが、目が大きくてきちんと縫えない。
これだとすぐに傷んでしまいそう。

そこで勝手に仕様変更。
バックパネルの端材を使って補強した。
これなら物を出し入れしていても痛みにくいだろう。

フロントポッケットとサイドポケットの処理が終わったところ。
晩飯を食べ終えると、一気に疲れが襲ってきたので、これくらいで止めることにした。

さあ、さっさと寝ようか。

バックパック自作4日目

4日目は午後からの作業となる。
午前中は、歯医者に行っていた。
その前に久しぶりに車を洗車しておいた。

家に戻ってくると作業前に腹ごしらえをしておくことにする。
腹が空いてはまともな作業ができるか!
白飯が余っていたのでお茶漬けにした。
ご飯を食べすぎると眠たくなってしまう。

このオリエンタルカレーのスプーン。
私が物心付いた時から家にあったような気がする。
この間抜けそうに見えるコックはなんなのか。

スプーンは壊れるものじゃないので、普通に使っていれば何千年も持つことだろう。

メッシュポケットの取り付けで非常に迷った。
縫い付け場所よりかなり大きい。
こんなんでいいのか。
説明書の絵にはメッシュの下の方に線が入っている。

何度も読んでいるとようやく理解することができた。
なるほど、折り返してシワを入れるのか。
レイ、そうならそうと書いてくれ!
あとで読み返すときちんと書いてあった。

こんな調子で作業後に意味が分かることもある。

メッシュをフロントパネルに縫い付けているところ。
メッシュを見ていると目がチカチカしてくる。

メッシュポケット縫い付け完了!
3D迷彩のデザインがいい感じだな。

これからの流行りは原色系ではなく、自然に溶け込む色だ。
雑誌から抜け出してきたような原色系の山ガール?(ババア)と遭遇すると、頭が痛くなってつい逃げ出したくなる。

半円形の生地にマークしているところ。
型紙ごとリッパーで突き刺したあとで、チャコペンで印を付ける。

さいどポケットの下に半円形の生地を取り付けたところ。
あとでこの半円形のパーツに悩まされることになる。
パックの製作でこいつの処理が難所だ!
(まだ完成したわけではないが、そう思える。)

夢中でミシンを扱うおっさん。
夢中と言いながら写真を撮っているではないか、というツッコミはご勘弁を。
ブロガーには、写真撮影という大事な仕事がある。

まあ、こまめに写真を撮っているおかげで、メモにもなっている。

トリプルステッチ!
うむ、まあまあだな。

フロントパネルとバックパネルを縫い合わせたところ。

じゃ~ん!袋状のものができた!

バックパック底の半円形のパーツを縫い付けているところ。
これが非常に難しい。
仮縫いが機能しなくてかなりズレた。
もっと細かく仮縫いすべきだった!
まち針は生地が滑るのであまり役に立たなかった。

ふぅ~、ようやく半円形のパーツを縫い付けたぞ!
よくできたな。あれ、何か変だぞ!

あらまあ、ショルダーストラップの取り付けるところがない。
付ける前に縫い合わせてしまった!

あとで分かったのだが、実はこのままで良かった。
ショルダーストラップの取り付け部は、リッパーで外した箇所から差し込んで縫い合わせる手法を取る。
説明書の解読が不十分であったため、間違ったと勘違いしてしまったのだ!

英文の読解力がないと、しばしばこのように間違いをする。

リッパーを使って縫い目を切っているところ。
シングルステッチであったため、外すのは簡単だった。
なぜ、シングルなのか分かれば、もっと早く間違いに気づいたことだろう。

縫った箇所を外すと針の穴が残るので、生地は多少ダメージを受ける。
やり直すことを考えると、折れない程度に細い針を使った方がいいと思った。

メッシュポケットのところにループを付け忘れたので、フロントパネルとバックパネルを外して戻した。
この作業でかなりの時間をロスした。

生地にループを取り付けたところ。
ここはあとで必要ないと思ったため、外してしまった。

メッシュポケットにループを取り付けた。
説明書には載っていないが、ネットで検索するとループを付けている人が多かったので、真似してみた。

ようやく半円形のパーツを縫い合わせたところ。
歪んでしまったため、何度もやり直した。

ショルダーストラップの取り付け部の件は分かったのだが、フロントパネルと底の生地の縫い合わせはいつやるのか、まだ分からず仕舞いだった。
この件も何度も説明書を読み返しているうちにようやく気がついた。
説明の絵がなかったので、見落としてしまっていた。

縫い目を折り返してさらに縫って丈夫にしているところ。
この製法はザックなどでは基本らしい。
この縫い方を勉強できたのは大きな収穫だった!
タープやテントでも使えるぞ!

取り敢えず、バックパックが袋状になったところ。
この時、すでに1時を回っていてフラフラだった。
午後からの作業であったことと、作業のやり直しに時間が取られて、なかなか作業が進まなかった。

取り敢えず、今日はこれでお終いにするとしよう。
疲れた状態で作業を進めると間違いをやってしまいかねない。
早く休んで次の日の作業に備えることにした。

これは昨日の深夜というか、今日のことだ。
バックパック底の半円形のパーツを縫い付けが大変だった。
難易度が高い曲線縫いをしなければならなかった。
しわを少しずつ処理しつつ、ミシンにスムーズに生地を送り込む。
この時は、足踏みペダルを使って作業を進めた方が楽だと思った。
ミシンに付いているON,OFFボタンを操作しようとすると、生地から片手を離さなければならない。
ボタン操作をする時、生地がズレてしまう。

かと言って実家のテーブルで作業をするとおかんの邪魔が入って作業に集中できない。
座りながらでもペダルを操作できるように、車のアクセルペダルのように斜めに付けたら良さそう。
今度暇があったらペダル固定用の部品でも作るとしようか。

さあて、今日も遅くなってしまったな!
そろそろ寝るとしよう。
バックパックは最終段階のエクステンションカラー取り付け作業に入っている。
明日、完成なるか!?

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!

『超軽量バックパックの自作~その3 ショルダーストラップの取り付けから底の縫い付けまで』へのコメント

  1. 名前:マスコミ系ライフスタイル 投稿日:2017/02/20(月) 17:37:16 ID:3afe801f6

    検索からたどり着きました、出来上がりがとっても楽しみです。
    自作興味ありありです。ミシン買おうかなぁ・・・。
    次の記事更新、楽しみにしております!

    • 名前:karaage 投稿日:2017/02/20(月) 22:28:26 ID:8094cb94a

      ミシンはやると凄く楽しいですね。
      ビックリしました。
      まずは手縫いから始めてみてはどうでしょう。
      お金もかかりませんし。