ジムニーの車載ジャッキが壊れる

こんにちは。からあげです。

昨晩はよく冷えた。
暖かくなってきていたところだったのに、季節が逆戻りしてしまった。
昨日のデジカメを壊したダメージからすっかり回復できていない。
まだ気分がすぐれない。もうしばらく時間が必要だ。

元気がない時は鶏肉を食べるに限る。
おっさんはいつだって鶏肉を食べてきた。
仕事で辛い時、人生に絶望してしまった時。
鶏肉を食べることでどうにかやっていくことができる。

ニワトリ達の死は無駄にはしない。
お前達の分もおっさんはしぶとく行き続けてやる!

石の下敷きにした右手薬指のようす

しばらくするとパンパンに腫れてきた。
キーボートをタイプすると傷みが走る。軽いタイプを意識してパソコン作業している。
昨日は本当にダメダメだった。
作業を中止して良かった。

スポンサーリンク

ジムニーの車載ジャッキが壊れる

5日前、ジムニーのタイヤをスタッドレスからノーマルタイヤに交換している時、車載ジャッキが壊れてしまった。
平らになった場所でやりやすいなあと思っていたところだった。
最後の4輪目で壊れたから良かったものの、途中で壊れていたら面倒なことになっていた。

これが壊れてしまったジャッキ。
私のジムニーは去年車検を終えて6年目に突入していた。

ジャッキは、タイヤ交換とローテーション、下回りの整備で使用していた。
他にジャッキはなし。
車載ジャッキで全ての整備を行っていた。
今考えると凄く酷使していた。

その反面、メンテナンスは一切していない。使ったら元の場所に戻していただけ。
壊れたのが出先でなくて良かったと思うしかない。

壊れた箇所はネジ山部分。
機械式のパンタグラフジャッキで最も酷使される部分だ。
よく見るとグリス切れを起こしている。

地面は平らに造成したばかりで土ぼこりが舞いやすい状態だった。
ジャッキが陥没しないようにコンパネを敷いていたが、ジャッキをホイールナットレンチで回すときに、地面に当ってしまい土がねじ山部分に付いてしまったかもしれない。

新たな車載ジャッキの入手

車載ジャッキがないとタイヤがパンクしたときにスペアと交換できないので、すぐに新たなジャッキを入手することにした。
スズキのディーラーに電話して純正のジャッキの値段を聞いてみると、ジャッキのみで4,260円だった。(税込みか税別かは未確認)
小屋からディーラーは遠くて受け取りにゆくのが大変。
そこでヤフオクで入手することにした。
たまたま、マツダのAZオフロードのものが出ていた。

3連休中だったので、届くまではしばらく時間が掛かった。
昨日、ようやく小屋に届いた。
大きなダンボール箱に雑然と放り込まれていたジャッキ。

商品はジャッキ本体とハンドル。
外観は見た目傷みはなし。
ところがよく見ると砂が付着している。

しかもネジ山部にたっぷりと。
一体どうして砂が付いているのか分からないが、商品をキッチリ確認しておいて良かった。
気づかずにしまっていたら、使うときになって慌てていたことだろう。
危ない危ない。
所詮、わけの分からない解体屋だなあと思った。
現状渡しと言ってもこれは酷いだろう。写真も遠目一枚だけで、砂の付着は確認できなかった。

実家にいればディーラーで購入するのだが。

本日、ジャッキの整備を行うことにした。
壊れたやつと並べて違いはないかチェックする。
まったく同一品。問題なし。

こちらが壊れた方のジャッキ。
真ん中のシャフトの部分だけ販売してくれればいいのだが、もちろんそんなことはしてくれない。
ジムニーのジャッキが捨ててあったら、シャフトだけ頂くことにしようか。
まあ、見かけないけど。

写真のシャフトとナットのネジ山部分に荷重がかかる。
機械式のパンタグラフジャッキで酷使される部分だ。

こちら側のナットは、クルクルと空転するだけで、ただ付いているのみ。
こちらの方のネジ山でも荷重を受け止めれば、力が分散されて耐久性が向上するだろうに。
まあ、こういうものだから仕方ないか。

長年の使用で穴が広がっている。
ここまで酷使されるジャッキはそうないだろう。
始めの頃は、ハンドルをかけてジャッキアップしようとしていた。

ジャッキハンドルのようす

上が新しいやつ。下が使っていたやつ。
ハンドルは荷重のあまりかからないジャッキアップの初期やジャッキダウンの時に、早回しするために使用する。
コイツで無理にジャッキアップしようとすると、先のフックの部分が曲がる。

そう、以前曲げてしまったのだ!

ハンドルのフック部分。
長年の使用で傷だらけだ。

ジャッキを分解するところ。
それにしてもこれ、砂場にでも落としたのだろうか。

ジャッキを解体したところ。
ボルト4本のうち1本がどしても外れなかったので、この状態で掃除することにした。
無理して外そうとするとボルトを傷めてしまう。
インパクトドライバーにの先に付けるソケットレンチのアダプターが欲しいところ。
今度日本に戻ってから、購入するとしようか。

ネジ山部分をウエスでざっと拭いたところ。
まずはグリスを拭いて綺麗にした。

機械の掃除にはブレーキクリーナーが役立つ。
圧縮エアがない環境では非常に便利。
しかし使いすぎるとすぐになくなるので、必要最低限で使う。
有害なフロンを使っていないとはいえ、無駄に空き缶が増えてしまう。

このナットのネジ山部分に付着していた砂をスプレーで吹いて綺麗にした。
ここがシャフトと同じくらいに重要なパーツだ。
大事なことなので何度も言う。

ブツブツと自分に言い聞かせるようにタイプしている。

グリスは高荷重にも耐えられるモリブデングリスを使用する。
バイク整備の時に購入したものだが、まだ全然減っていない。
黒くて付くと目立つが、おっさんは油汚れなど気にしない。
いや、逆に機械いじりの勲章だと思っている。

ネジ山部分にたっぷりとグリスを塗った。
組み付けてジャッキを畳んだり伸ばしたりしてさらにネジ山部にグリスをたっぷりと塗った。

整備が終わったジャッキ。
これで問題なく使用できるぞ!

ジムニーのジャッキは、上部に丸い穴が空いている。
サスペンションアームのボス(ぽっち)に差し込んでセットする。
一般車のジャッキだとボディサイドのところに当てるようになっていて縦に溝が付いている。
ジムニー専用のジャッキでないと、外れるおそれがあって非常に危険。
パンクは不整地などで起きやすい。
条件が悪い場所でも最低限の安全を確保するためには、専用ジャッキが必要。
そのため、割高でも専用ジャッキを手に入れたのだ。

ジャッキは1.0Tまで荷重に耐えられる。
しかし、あくまでパンクなどの緊急時の使用を想定して作られている。
通常整備では油圧式のガレージジャッキの使用が望ましい。というようなことをディーラーの人が言っていた。

車載ジャッキは意外に安定性は良い。
ガレージジャッキは4隅のタイヤの4点で荷重を受けるが、車載ジャッキは面で受ける。
設備の整った工場での使用ならガレージジャッキの使用がベストだろうが、不整地の場合はベストとは限らない。

ジャッキハンドルを付けたところ。
ハンドルの使用は、低負荷時の早回しのみ。
前輪の場合、高い負荷がかかるので、ハンドルで回そうとすると無理な力がかかり曲げてしまう。

ジャッキアップ時はホイールナットレンチを差し込んで回す。
下にレンチが当ってやり難いが、力をしっかりかけて回すことができる。

今度これを買ってラチェットハンドルで回すことにしよう。
レンチを差し込んでだと、奥の方に手を入れなければならなくて凄くやり難い。
これも今度日本に帰って来てから。

ホイールレンチを差し込んだようす

これが通常使用。ハンドルはあくまで低負荷時の早回し。

これからのジャッキ使用

今回、ジャッキを壊してしまったので、油圧式のガレージジャッキを奮発して購入しようかなと一時は思った。
しかし、油圧式はオイルシールにゴミを噛むとオイル漏れを起こす。
小屋でも実家でも土の上にコンパネを敷いての作業になるので、気をつけていてもオイルシールが土や砂などの異物を噛み込む可能性は十分ありえる。

Amazonのレビューを見ても、2,3回の使用ですぐに壊れただの、ジャッキダウンする時に早くて気をつける必要があるだの、いろいろ書かれていた。
全天候型の屋根付き、コンクリート打ちのガレージなどでの使用なら問題ないが、素人仕事は良い環境だとは限らない。

機械式のパンタグラフジャッキだと土を噛み込んでも、綺麗に掃除することができる。
今までノーメンテでジャッキを使ってきたが、これからは使用後にキチンとグリスアップすることにする。
これまで同様に車載ジャッキを使うことにした。

作業性の向上のために、ジャッキヘルパーを購入する。
あとはインパクトドライバーでソケットレンチを使えるようにアダプターも購入する。
ジャッキ作業や締め付け作業ではインパクトドライバーは使用しない。
緩める時のみ、使用することにする。
楽だからと言って機械を頼ると、たいていネジ山を傷める。
今日のジャッキの整備の時、ボルトが一本抜けなかった。
インパクトドライバーで衝撃を与えたら一発で緩むことだろう。
今後の整備のためにも用意しておきたい。

ふぅ~、今回ジャッキが壊れて勉強になった。
あのまま何事もなかったら、これまでどおりノーメンテで使い続けていたことだろう。
そして出先で壊れて途方にくれる。

失敗した方が勉強になる。
もっともっと失敗しよう。
その都度、勉強していけばいい。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!