日の出から日没まで

こんにちは。からあげです。

今日も快調、晴天の中、黙々と歩いた。
歩いて疲れてきたら休憩をとる。
しばらく休んでいると、疲れがとれてきて再び歩きたくなってくる。
どうやらハイキング中毒になってしまったようだ。

これまで、ニコチン、アルコール、ゲーム、ネット中毒になっているが、こんな健康的な中毒は未だかつてない。

やって来たのは、Hot Springsつまり温泉だ。
こんな山の中にあるなんて。

よし、入ってゆこうか。
PCTを歩き始めて初のお風呂となる。
こんなこともあるかと思って、海パンを持ってきてあるのだ。
日本と違って素っ裸で入っていたら怒られてしまう。

とか言いながら、フルチンで歩いているおっさんもいるぞ。なんだここは?
無法地帯か?

岩で囲まれた湯船が3つあるそうだ。
3つは微妙に温度が違っているとかなんとかおじさんが言っていた。

海パンに着替えて誰も入っていない湯船に入る。
ううう、適温で気持ち良い。日焼けした肌にしみる。

ここでのんびりしてゆきたいが、私はスルーハイクの身。先を急がねばならない。
15分ほど温まってから出た。

お風呂から出ると日本人halfの兄さんから話し掛けられてぶどうとりんごを貰った。お父さんが日本人だと言っていた。
こんなところで、フルーツを食べられるとは。
ハイキング中はマルチャンが主食で栄養がかなり偏っている。
そのためか、町に下りると普段は全く食べないフルーツを食べたくなる。

源泉が湧き出しているところ。

向こうに見えるのは自然の地形を利用したダム

ダムを下から見上げる。
すんごい高い。

ダムまで下りてくると、木陰で昼食をとる。
風が強くてストーブの火が消えそうになったり、風防代わりの傘を焦がしそうになったり大変だった。

早くWrightwoodに行って、クッカーとフォークを変えたい。
このクッカー、snow peakのソロ極みチタンの本体なのだが、マルチャン2個作るにはかなり小さい。
いつも作るのに苦労している。
一日3食、このクッカーを使うので、かなりストレスが溜まる。

それとこのフォーク。スエーデン製なのだが、使いにくくて仕方がない。
軽いことは軽いのだが、絶望的に嵩張る。しかもフォークにトゲトゲが付いてる。
こいつは本当にどうしようもない。
いつもの二つ折りチタンフォークを使いたくて仕方ない。

Trail Magic!!

いやっほー!

ところが、中身は空っぽだった。

広大な山火事あとのところに西部劇に出てくる風に吹かれて転がってくる草が引っかかってた。

冗談はヨシてちょうだい。

今日もCowboycamp。
牛は飼っていないが。

今日は温泉に入ったタイムロスがあったが、日没ちょうどまで歩いて25mile進んだ。だいたい324mile地点。
明日はCAJON PASSと言って高速道路の出口を通過する。
その近くになんとMcDonaldがある。

そこが給水ポイントになっていて、ハイカーの溜まり場となっている。
久しぶりにバーガーを食べられるので、楽しみで仕方がない。
早めに行ってバーガーを食べたあと昼寝をしたいので、今日頑張って歩いた。

明日も日の出と同時に歩き始めることにする。
ああ、McDonaldが楽しみで仕方がない。
さあて寒くなってきたから寝袋に潜り込もうか。

おわり

スポンサーリンク
おすすめ記事
Googleさんのおすすめコンテンツはこちら!
スポンサーリンク